アラフォー男性と若い女性の年の差カップルが成立する理由

スポンサーリンク

アラフォー男性と若い女性の年の差カップルが成立する理由

アラフォー男性に若い女性が惹かれるのは、もちろんオトナの男に魅力があるからです。

「どうせお金でしょ」と一言で片付けるのは早計です。アラフォー男性と若い女性の年の差カップルが成立する理由についてお話します。

アラフォー男性の口説ける行動力

現在の20代~30代前半の男性は、恋愛に注ぐエネルギーが希薄です。草食男子は今や多数を占めるようになり、恋愛に熱意がないから経験も積んでいません。

女性に対する興味はあるので運良く彼女ができることもありますが、ちょっとうまくいかないとアッサリと別れて次の恋人を探さないままというケースも珍しくありません。

対してアラフォー男性は、恋人がいてこそ人生楽しい、たとえ美人でなくても彼女がいないよりはマシ、恋愛歴無しなんて恥ずかしい、と思って育った世代です。

基本として女性は受身ですから男性からアプローチしなければ恋愛は始まりません。恋愛に最低限の行動力は必須であり、その行動力をアラフォー男性は持っているのです。

アラフォー男性はリスクを恐れない

たとえ恋愛経験が少なくても口説き文句のひとつやふたつは思い浮かぶはずです。

「今夜はもっといっしょに居ようよ」くらいは言えるでしょう。しかし草食男子は自殺するくらいの覚悟がないと、それが言えないといいます。押して失うぐらいならフェードアウトしたほうがいいという価値観のようです。

しかし、男女の関係になるにはリスクのある発言や行動を避けては通れません。そのリスクを引き受けられるのがアラフォー男性なのです。

女性を楽しませたいマインド

ボーナスが出たから彼女に食事をおごってあげる、彼女の誕生日だからプラチナの指輪を買ってあげる、たまにはちょっと豪華なホテルに泊まる、アラフォーのあなたなら、全然抵抗がないと思います。これが自然に出来てしまうのがアラフォー男性です。

若い男性は、そんなのは無駄と感じてしまいます。彼女に要求されて実行したとしても、シブシブしてやった感を醸し出してしまうので彼女も楽しめません。

後から喧嘩してしまった際

「あの時あげた指輪返せよな」
「行きたくもないホテルだったから、泊まった代金を半分だして」

と迫られたという女性もいます。

「ケチくさくい。もとサヤなんてありえない」と言っていました。

アラフォーなら絶対にそんなことしません。頭の片隅にバブル期の感覚が根付いているからです。

その後の不況を経験したので普段は質素倹約かもしれませんが、出す時は出すというきっぷの良さがアラフォー男性の魅力です。

スポンサーリンク

やっぱりプチお金持ち

年齢的にアラフォーは若い男性と比較すればプチお金持ちです。会社員でも独立して自営でも、ある程度自由に使える金額を持っています。

車を持っている人が多いのもアラフォーです。

最近の若い女性は物分かりがいいので、昔のように車で彼氏を選んだりはしません。しかし車があってマイナスになることはありません。

今の時代、若い男性で自分の車を所有している率は高くありません。親やお兄さんの車を必要な時だけ拝借しているという男性が多いのです。

せっかくの車デートも「あ、ちょっと、飲み物こぼさないでくれる? 親父に怒られちゃうからさ」などと社会人の男性に言われたら、女性は冷静になってしまいます。

がっつかない余裕

若い男性は、ほぼ例外なくAVの真似です。それも、自分が好んで観るカテゴリーのAVの真似です。

正しいやり方がわからないし、教えてくれる人もいないからです。

しかし、アラフォーなら教わるまでもなく自然と身についています。彼女の反応を見ながら次どうするかを決めていきます。

それがアラフォーのがっつかない余裕なのです。

若者にスリ寄らない自信

自分の年齢を感じると、つい最近の流行や、若い女性にウケているトレンドを少しでも取り入れようとしてしまいます。

しかし、流行を知っているのは大切ですが、それをそのまま取り入れればいいのではありません。モテるアラフォーは20代と同じ土俵で勝負してはいないのです。

ドンと自らの年齢を受け入れる姿勢こそが素敵に見えるのです。

アラフォー男性の最大の武器は「人生経験に裏打ちされた頼りがい」です。

この20代の男性にはない魅力で、年の差カップルが成立しています。

いかがでしたか?

アラフォー男性の高い恋愛力は行動力に裏打ちされています。

そしていったん彼女をモノにしたら、彼女をホールドしておける能力もあります。

バブル世代のオヤジと批判するのではなく、取り入れられるところは取り入れていきましょう。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする