コンプレックスを克服し自分に自信を持てば恋愛がうまくいく

スポンサーリンク

コンプレックスを克服し自分に自信を持てば恋愛がうまくいく

コンプレックスは誰しも持っていると思います。

自分の外見や収入を他人と比べ、劣っている点ばかり目に付いてしまい、自分には幸せな恋愛は無理だと決めつけてしまいます。

しかし本当の問題はコンプレックスそのものではないのです。

隠そうとするマインド

コンプレックスがあるのは人間なら普通のことです。問題はコンプレックスそのものではなくコンプレックスを隠そうとするマインドです。

コンプレックスを隠そうとすると卑屈になってしまいます。

卑屈になると負のオーラを出しまくってしまい、異性はもちろん同性もあなたから距離を取るようになってしまいます。

弱点は告白してしまえば弱点ではない

コンプレックスがあってもそれをネタにしてしまえばそれは弱点ではなくなります。

ナイナイの岡村隆史さんは身長156cmですが、身体能力の高さを生かしたコミカルな動きを特徴にしています。身体の小ささを武器にしてしまっています。

しかし、SMAPの中居正広さんはダミ声は隠していませんが、髪の毛の問題は隠そうとしています。

この違いです。

隠そうとするから弱点になってしまうのです。

自分にフォーカスし過ぎている

コンプレックスで悩みが深い人は自分にフォーカスし過ぎています。

逆説的に自分好きとも言えます。

被害者意識を持つことで「かわいそうな自分」を知ってもらおうとアピールしているのです。

同情してもらえると安心します。同情してもらうことでしか自分の「存在」が認めてもらえないからです。

しかし、恋愛は相手を想う気持ちがあってのものです。

このように自分にばかり意識をフォーカスしていてはうまくいくものもうまくいきません。

○○だから、俺はだめだ

  • 鼻が低いから俺はだめだ。モテるわけがない。
  • 背が低いから俺はだめだ。モテるわけがない。
  • 足が短いから俺はだめだ。モテるわけがない。

コンプレックスにばかり意識をフォーカスしてしまうとこのような思考になってしまいます。

このような場合、あなたがまずしなければならないのはコンプレックスを解消することではなく、
コンプレックスに集中している自分自身の意識を変えることです。

自分でモテない理由を作り出して、自分に言い訳をしているからです。

改めようがない部分は気にしても仕方ない

顔の造作や身長のように努力しても改めようがない部分にコンプレックスを感じていても仕方がありません。

それ以外の点で自信をつける

コンプレックスがあると自信がなくなります。しかしそのコンプレックスが改善しようがないものだとしたら永遠に自信がないまま生きていくことになってしまいます。

こんな苦しいことはしないでください。

自信というのは、コンプレックスに感じている部分以外でつけていけばいいのです。

自信は総量で考えるのです。

身長が低いことがコンプレックスだとしたら、その問題は直接解決しないかもしれませんが、

  • 太っている人ならスリムにダイエット、痩せている人なら筋トレしてかっこよくなる
  • 副業で毎月一万円をコンスタントに稼げるようになったりする

のように、直接コンプレックスの原因を解消するわけではなくても努力して目標を達成することで自信を得ることはできます。たとえ他人がわかってくれなくてもあなたが一番わかっているはずです。

あなたの身長は変わっていなくても、全体としての自信の総量は増えるのです。

元ゴーストライターとして一躍有名になった作曲家の方がピアノを演奏している姿のかっこよさを思い出してみてください。

スポンサーリンク

改善できる点は改める

しかし、ファッションなどすぐに変えられるものは変えてしまったほうがいいでしょう。

簡単ですがヒントになるような点を挙げてみます。

太っている人

太っている人に多いのが、太っているのを隠そうとしてワンサイズ大きいものを買ってしまうという間違いです。

大きいものばかり買おうとするとサイズの絶対数が限られてくるので似合う服が選べなくなります。

体格がいい人が少し可愛らしいバッグを持ったり、丸みのある靴を履いたりするとバランスが崩れます。

色使いでスリムに見せようと全身黒で固めると迫力がありすぎるので注意が必要です。

威圧感を出しすぎないために膨張色であっても明るい色合いのものも取り入れたほうがいいと言えます。

痩せている人

痩せてる人は、襟元が開いていない服を選ぶのが基本です。

痩せている男性は胸板が薄く、見た目の印象で男性らしい頼りがいに欠けてしまうのがコンプレックスであることが多いからです。

小柄な人

小柄な人はブーツカットのブーツカットの部分がなくなってしまいます。

膝の位置も合わせづらいので最初から選ばないほうが無難です。

ロング丈のコートなどは着られてる感が出てしまうので注意してください。

いかがでしたか?

コンプレックスは隠そうとすると弱点になりますが、告白してしまえば弱点ではありません。

自分にフォーカスし過ぎて被害者意識を持ってしまうとうまくいくものもうまくいきません。

改善できない部分にフォーカスするのではなく、それ以外の部分で自信をつけることはできます。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする