女性がダメ男と付き合う原因を知り好意レベルを上げる方法

スポンサーリンク

女性がダメ男と付き合う原因を知り好意レベルを上げる方法
素敵な女性なのに誰が見てもダメな男性と付き合っていることがあります。

わざわざダメな男性と付き合い、関係を維持しようとするのです。

このような女性がダメな男性と付き合う原因と、その性質を利用してあなたの好意レベルを上げる方法についてお話します。

1. ダメな男性と付き合う自立的な女性

心理学的に見ると、自立的な人は、依存的な人と一緒にいることで自分の存在価値を実感でき、居心地がいいと感じます。

このことから、ダメな男性と付き合う女性は自立的なタイプであり、ダメな彼を助けてあげることに自分の存在価値を見出していると言えます。

こうした女性は成長の過程で弟や妹の面倒をよく見ていたり、学級委員としてクラスをまとめるなど、誰かの世話をすることが自分のアイデンティティとなっているケースが多く見られます。

人のために何かをすることで自分の存在価値を確認してきた経験が豊富なので、ダメな男性に頼られて必要とされることが嬉しく、生きがいと感じるのです。

このような自立的なタイプの女性に対しては、敢えてダメな一面を見せることで好意レベルを上げることができます。

2. ダメな一面をギャップとして演出する

女性に敢えてダメな一面を見せるというのは、ギャップを演出するということです。

女性は意外性やギャップが大好きです。ギャップは女性の感情を揺らします。

女性は「感情を揺さぶられる」状態が女気持ちよく、自分の感情を揺さぶる相手は気になる存在になります。

反対に、意外性がなく次に何をしてくるかわかりすぎる男性はギャップが与えられないので、女性は退屈してしまいます。「いい人だけど……ごめんなさい」となってしまう男性はこのパターンに陥っていることが極めて多いです。

2-1. 好きの反対は無関心

よく「好きの反対は嫌いではなく、無関心」と言われます。

これは、嫌いであればそこに感情があるが、無関心は感情すらないという意味ですが、「感情を揺さぶられる」ことを楽しむという女性の性質をよく表しています。

強面の男性が子供好きだったり、動物を可愛がったりする一面を見ると女性はキュンとします。料理ができる男性は女性の評価は高くなります。これらは全てギャップによるものです。

しかしこのようなプラスのギャップだけがギャップではありません。

女性の前で敢えてダメな一面を見せることで「私がいてあげなきゃ」という母性を発動させるのです。

勿論、あなたが一般的な社会常識を持ち、態度や話し方、最低限の身だしなみ等が出来ているのが前提ですが、女性の前で完璧を演じる必要はないのです。完璧すぎる男性に女性は疲れます。

スポンサーリンク

3. 母性本能

女性には母性本能があり、恋愛とも無関係ではありません。

ある程度の好意のある相手がいて、その相手のダメな一面を見てしまった場合でも、女性は男性ほどには好意レベルが急激には下がらず「しょーがないな」と思ってもらえます。これが母性本能の影響です。(※「生理的にムリ」という女性特有の現象もあるのですが、これについては別の記事を起こす予定です)

女性がダメな男性のお世話をしてあげるような関係が維持できるのは母性本能の影響によるものと言えます。

母性本能についてはこちらの記事もご覧ください。
女性の母性本能の強さを見極めて対応を変える

3-1. ダメな男性から離れられない自分を正当化する女性

自分や、自分をとりまく環境に関する認識や意見などを「認知」と言います。

複数の認知要素に矛盾がある場合、人はそれを不快に感じ、不快な「認知的不協和」を解消するために、自分の態度や行動を変更していくと考えられています。

例えば、浮気を繰り返す男性と付き合う女性でも、本人はもちろん相手の男性を気に入って付き合っています。

しかし周りからはそんな男性はダメだという批判があり、不協和が生じます。

そこで自分は間違っていないことを正当化したいために「彼は相手の女に誘惑されただけ」のような言い訳を自分に言い聞かせてしまうのです。

4. 自分のキャラに合ったギャップを戦略的に与える

すでにお話してしまいましたが、女性がダメ男と付き合う原因を利用して好意レベルを上げるにはギャップを与えることが有効です。

ギャップとはプラスのギャップだけを指すのではないこともすでにお話したとおりです。

もちろん、好きな女性がいるのに他の女性と浮気しろということではありません。中にはそれが有効な場合もあるかもしれませんが、あなたのキャラに合ったギャップを戦略的に与えていくことが大切です。

ギャップを与えられない男性に女性は退屈してしまいます。最初はよかったけど付き合ってみたら何か違う……となってしまうのは良くも悪くもあなたが「日常」になってしまい刺激がなくなってしまったからです。

女性が大好きな「非日常」。

あなたは女性にとってどんな存在の男性ですか?

いかがでしたか?

自立的なタイプの女性は、ダメな男性を助けてあげることに自分の存在価値を見出し、ダメな男性と関係を維持する傾向があります。

女性は感情を揺さぶられるギャップが大好きです。ダメな一面を見せることもギャップにつながります。

あなたのキャラに合ったギャップを戦略的に与えることで、非日常の存在であり続けることができます。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. こんにちはナオキです。
    好きの反対が無関心であるとは考えたことが
    ありませんでした。
    それにしても、モテるためには女性にギャップを
    見せることが本当に大切ですね。
    私も常にそのことを意識して、恋愛に役立てていき
    ます。
    役立つ情報をありがとうございました。
    今後ともよろしくお願いします。
    応援ポチッ