女性の変身願望を叶えてくれる非日常で支配的な男性とは

スポンサーリンク

女性の変身願望を叶えてくれる非日常で支配的な男性とは

女性は本能的に変身願望があります。

シーンや相手に応じてメイクや髪形を変えて、いつもと違う自分を楽しむのは男性よりも女性です。

そんな女性の変身願望を叶えて、好意レベルを上げられる男性になるにはどうすればいいでしょうか。

1. 女性の変身願望

女性には「いつか白馬の王子様が自分の人生をステキに変えてくれる」といった依存的な変身願望があります。

男性がこれを聞くと「そんなわけないだろ」と言いたくなるかもしれません。

しかし現代においても、誰を人生のパートナーとするかによって自分の人生が変化する度合いが強いのは男性よりも女性です。

その意味において、やはり女性の変身願望を叶えてあげられることは、女性の好意レベルを上げるためには大切だと言えます。

1-1. 他者依存的な願望

「白馬の王子様」がよくわからない男性でも、心のどこかで空から美少女が振ってくることを望んでいたりするものです。

美少女が突然現れて自分を好きになってくれたらいいなあという願望です。

このように「白馬の王子様」も「空から美少女が振ってくる」も、他者依存的な願望という点においては一緒だと言えるかもしれません。

2. 非日常で支配的な男性

自分は王様でも王子様でもないので、女性の変身願望を叶えることは出来ないと思う人もいるかもしれません。

しかし、あなたが本当に王子様である必要はありません。もちろん、社長や重役である必要もありません。

現代社会において女性の変身願望を叶えることの出来る男性は「非日常で支配的」な性質を持った男性だからです。

2-1. 女性の好きな非日常とは

2-1-1. 男性は「行きつけ」が好き、女性は「初めて」が好き

男性は脳が不器用なので新しいルールや仕組みに慣れるまで時間がかかります。そのためデートする店も「いつもの店」をつくっておくことで安心感が生まれ、うまくいきます。

女性の脳は男性より高感度なので、新しいものが好きで、ある意味ミーハーです。女性はできるだけ行ったことのない所へ行って新しい体験をしたいのです。

新しいスポットや海外旅行に軽々と出掛けて行くのも女性です。意外と男性は冒険嫌いなのです。

全ての男性がそうではありませんが、

「俺、英語とかわかんないし……」
「搭乗手続きなんてしたことないし……」

となってしまうのは実は男性だったりするのです。男性は恥をかくのが嫌いで、見栄をはりたいからです。

2-1-2. 男性は見栄をはる

男性はいつもの行きつけ店に行って、自分の城であるかのようにリラックスしたい生き物です。

男性は他の男性に勝ちたいという本能があるので、「常連さん」という特別待遇が気持ちいいのです。

そして常連であれば失敗する心配もないので、女性の前で恥をかかないですみます。

しかし一方、女性はどんな料理が出てくるかわからないような場合でも、男性のようにそれをネガティブには受け取らず、「どんなことが起こるかわからない」ことを楽しんでいます。

女性は結果よりもその新しい体験が嬉しいからです。

もしあなたが友人から「ドイツへ行って古城を見て来よう」と言われたとしたら、どのように思うでしょうか。

「ん、別に見なくても…」

と、思うか

「見たーい!」

と気分が高揚するか、どちらでしょうか。

この質問の場合、「ドイツ」や「古城」そのものにあまり興味がないとしても、「新しい経験を楽しみたい」と思う男性は非日常を好んでいます。

スポンサーリンク

2-2. 女性の好きな支配的な男性とは

2-2-1. 支配的な男性とは

あなたの中学、高校時代を思い出してみてほしいのですが、いわゆる不良タイプの男子がいたのではないかと思います。

そして、そういう少し危険な不良タイプの男子には彼女がいたのではないでしょうか。

「少し危険」と言うのは、動物的な感覚を刺激することにも繋がります。それを与える側は、間違いなく支配する側にいます。

女性は本能的に支配的な男性に魅力を感じているのです。

2-2-2. 支配的と威張るのは違う

支配的な男性と聞くと、態度が大きく上から目線で偉そうにすればいいのかと思うかもしれませんが、そうではありません。

女性に認められようとしないというマインドを持った男性のことです。

偉そうにして言う事を聞かせるのではありません。女性があなたの言う事を聞くのが気持ちいいから、そうしているという状態です。

2-2-3. 女性はある程度完成された男性を求める

未熟な男性は、自分の人生をステキに変身させてくれることはできません。女性は男性に、ある程度完成し、ある程度は成功していることを求めます。

しかし誰もが社長になれるわけではありません。ましてや王子様になどなれるわけがありません。

そこで重要になるのが、自分自身の現実や信念に生きるというマインドです。自分自身の現実や信念をコアに持っている男性は、他人から認められようと媚びる必要がなくなるからです。

なぜ他人から認められようとする男性がよくないかというと、女性は自分に気に入られようとして媚びる男性が大嫌いだからです。

他人から認められようと媚びるのは、自分が完成していない証拠です。

現在あなたがどのような状況に生きているにしても、このマインドセットを持つことはできます。

いかがでしたか?

女性には変身願望があります。

現代社会において女性の変身願望を満たしてあげられるのは、非日常で支配的な男性です。

女性が好む非日常を与え、女性に認められようと媚びる姿勢をなくすことで、女性の変身願望を叶えて好意レベルをアップさせることができます。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする