恋愛に自信をつける方法と自信があるように見せる方法

スポンサーリンク

恋愛に自信をつける方法と自信があるように見せる方法

自信がある男性は魅力的です。

自信のない男性はそれだけで恋愛対象外になってしまいます。

「根拠のない自信を持て」とよく言われますが、それで自信が出るなら苦労しません。

恋愛に自信をつけるために、自信を作り出す方法についてお話しします。

成功体験を作り出す

自信は成功体験を積み重ねることで身に付けることが出来ます。

成功体験とは「今まで出来なかったことが出来るようになったこと」を言いますが、この経験は意図的に作り出すことが出来るのです。

成功体験と聞くと、スポーツの大会で優勝したとか、営業成績で全国トップになったというような大きなものを連想するかもしれませんが、そうではありません。

日常的な小さなことでいいので、自分が出来なかったことが出来るようになったという経験でいいのです。その経験をたくさん作れば作るほど自分を信頼できるようになっていきます。

自信は自分で作ることが出来るのです。

小さな成功体験を積み重ねる

自分の中の成功を認めるフィルターの目を細かくして、小さな成功も拾い上げることを意識的に行うようにしてください。ふつうの人なら見落としてしまうようなことでもキャッチするように自分を設定してしまうのです。

具体的には、

  • 朝きちんと起きられた
  • 電車を降りたら目の前に階段があった
  • 赤信号に引っかからずに会社まで歩けた

などが小さな成功体験として挙げられます。

まずはこのように小さいことでも喜べる自分を設定する作業をしてください。「こんな小さなことで喜べねえよ」ではいけません。

女性に関することであれば、

  • 女性に挨拶したら、挨拶してくれた
  • 女性が醤油をとってくれた
  • 女性に道を聞いたら教えてくれた

このようなことが挙げられます。

他人と比較してはいけません。比較するのは過去の自分です。出来なかったことが出来たならそれは立派な成功体験です。

「成功体験」はいくらでも積み重ねることが出来るのです。

さすが俺

小さな成功体験を積み重ねる際に役に立つマインドセットが「さすが俺」です。

小さな成功体験だと感じたときは、「さすが俺」と自分を褒めるようにしてください。

  • あなたが乗るエレベーターに美人の女性が乗って来たら「さすが俺」
  • 立ち食いそばで適当に注文したコロッケそばが美味かったら「さすが俺」

これは冗談ではありません。こういう小さな「さすが俺」を日にいくつ拾えるかが、自信やセルフイメージをアップさせるために大事なファクターになるのです。

スポンサーリンク

自慢話をしてみる

小さな成功体験を積み重ねる際のコツとして自慢話をしてみるのも有効です。

自慢するのは小さな成功体験です。

「さっき電車降りたら目の前に階段あってさ。さすが俺」

自信がなくセルフイメージが低い人は自慢話を嫌う傾向がありますが、こういう自慢話であれば、嫌な奴と思われる心配もありません。

自信がなくて理想だけ高かったりすると、理想と現実のギャップから自虐的な発言が多くなりますが、これだと周りの人からは疎んじられてしまいます。

嫌味にならない自慢話をすることで、周りからポジティブな人と見られるようになります。

自信のない人ほど目標が高い

自信のない人ほど高いことを求めすぎている傾向があります。

例を挙げると、

  • いきなりモデル級の美人を彼女にしたい
  • いきなり数か月で月100万稼げるようになりたい

このような目標です。

目標が高いのは悪いことではありませんが、目標が高すぎると途中でつまづいて失敗体験になってしまうことが多くなります。

失敗してしまったら

失敗してしまったときは、「失敗した。俺はだめだ!」ではなく、

「このやり方ではうまくいかないことがわかった」→「俺は失敗という経験をした」

と考えるようにしてください。

あなたは、次回からはやり方を変えるなどのアプローチをしていけばいいんだとわかる経験を積んだのです。

100%の自信を求めない

真面目なタイプの男性は自信は100%なければならないと考えがちですが、そうではありません。

「50%は自信あるよ」という言い方はあまりしませんが、これでいいのです。

やったことがないことに対して100%の自信を持つことはできないからです。

やったことがないのに100%自信があるのは、自信ではなく慢心です。

自信が「あるように見せる」方法

自信を持つことで相手から自信があるように見えるようになるというのが本来の順序ですが、自信があるように見せる方法として、男性には筋トレをお薦めします。

決してふざけているわけではありません。

ガリガリで姿勢の悪い男性と、筋肉質で姿勢のいい男性のどちらが自信があるように見えるかということです。

ここで注目しているのは自信が「あるように見える」という点です。

極論ですが、女性から見て自信があるように思われるなら、あなたが自信を持っているかどうかは関係ないのです。

筋トレのいいところは2点あります。自信があるように見えるようになる点と、すぐには結果が出ないので継続して頑張らないとならない点です。

一日で出来るようなことが出来たからと自信を持てと言われても(「さすが俺」とは思ってもらいたいですが)難しいと思います。

だから半年や一年がかりで取り組む筋トレがいいのです。ダイエットでもいいです。

自信をつけると聞くと、精神的な問題ととらえがちですが、肉体的なことで精神的に自信をつける方法もあります。複合的に行っていくことが大切になります。


自分に自信がないと女性に踏み込む言動が出来なくなります。そんな男性がどうなったかはこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

小さな成功体験を積み重ねることで自信は作り出すことが出来ます。

小さな成功も「さすが俺」と拾い上げることを意識的に行うようにしてください。

他人と比較してはいけません。比較するのは過去の自分です。出来なかったことが出来たならそれは立派な成功体験であり、積み重ねることであなたの自信になっていきます。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする