口下手でも女性と恋愛上手になる方法1 失敗する話の聞き方6パターン

スポンサーリンク

口下手でも女性と恋愛上手になる方法1 失敗する話の聞き方6パターン

口下手で女性と会話が苦手な男性は少なくありません。しかし、口下手なままでも会話上手になることは出来ます。聞き上手になればいいからです。

会話において一番重要なスキルは聞くスキルなのです。

聞くスキルをマスターすることで会話の下手さをかなり強力にカバーできます。

恋愛が苦手な男性に共通する失敗する話の聞き方6パターンについてお話しします。

1. 質問が尋問になっている

いきなり女性がいろいろ話してくれるわけではないので、最初はあなたから質問することが多くなると思います。

しかしだからといって、

  • 「仕事は何してる?」
  • 「彼氏いるの?」
  • 「別れてどのくらい?」

のように、矢継ぎ早に質問を浴びせてしまうと質問ではなく尋問になってしまい聞かれているほうは疲れてしまいます。

質問が連続すると「探りを入れられている」ような印象を与えてしまうので、女性は警戒して本音を言いにくくなってしまいます。ひとつの質問に答えてもらったらそこから会話を広げるようにするようにしてください

2. 簡単に同意しすぎる

ある程度会話の勉強をした人に多いのですが、女性の言ったことに対して

  • 「そういうのって辛いよな、わかるわかる」

というように、簡単に同意しすぎることがあります。

相手の話に反対しないようにしているからなのですが、あまりにも簡単に同意しすぎると相手は「真面目に聞いてくれてない」「そんなに簡単に理解されてたまるか」と反発してしまいます。

女性の場合はさらに「何か下心でもあるんじゃないの?」と警戒します。

3. アドバイスする

女性が、「この前○○なことがあって、超ムカついたー」と言ったとしたらあなたはどう返事するでしょうか。

もしこの時、

  • 「もっと素直になってみたら?」
  • 「もう少し割り切って考えたら?」
  • 「そんなんじゃ何やっても同じだよ」

と、勝手にアドバイスすると一瞬で好意レベルが下がります。

この場合、女性は「○○なこと」があったという事実を伝えたいのではなく「ムカついた」という感情を共有したくて話をしているのです。

男性は問題があると解決して次に進もうとしますが、女性にとって大切なのはまず感情です。

それなのに、あなたがアドバイスを与えていたら(それが正しいものだとしても)、女性は「この人に言ってもダメだ。わかってもらえない」と心を閉ざしてしまいます。

スポンサーリンク

4. 分析して決めつける

女性の愚痴に対して、

  • 「周りと比べてしまってあせってるんだろ?」
  • 「自分に自信がないんだろ?」

と勝手にこちらの主観で相手を決めつけてしまうのは良くありません。

「実際の状況を見てもいないのに」
「私の複雑な心境も知りもしないで、勝手に決めつけないで」

と不快にさせてしまうからです。

男性はよく「要するに○○だろ?」と話をまとめたがりますが、女性はあまりしません。

相手の発言には、育った家庭環境など複雑な事情が背景にある場合も少なくありません。そういった深い事情を全部伝えるというのはそれ相応の関係性が構築できていなければ出来ないことです。

ですので、十分に相手の情報を聞かないで決めつけてはいけません。

他の5つは相手が女性の場合に注意するべきことですが、これに関しては相手が男性の場合でも同様です。

5. 説教する

女性の愚痴に対して、

  • 「人生そんなに甘くないよ」
  • 「そんなこといちいち気にしてもしょうがないよ」
  • 「社会っていうのはそういうものだよ」

など、自分の価値観を押し付けていきなり説教をしてしまう男性は嫌われます。

「俺のほうが偉い」というアピールになっていて、しかも偉いとは思ってもらえないという最悪の状態です。

相手はプライドを傷つけられて心を閉ざすか、面倒になるのを避けるために「そうだね」と軽く流します。

女性は関係性を重視するので、その場の雰囲気がわるくなるような言動を避ける性質があります。

こうなると男性は相手が納得してくれたと思ってしまうので、女性が心を閉ざしてしまったことに気付くことすら出来ません。本当に最悪です。

6. 軽く流す

女性の愚痴に対して、

  • 「明日になったら気分が変わるって」
  • 「パーっと飲んで忘れよう!」

など、真剣に相手の話を聞こうとしない男性がいます。

前向きと言えば前向きですが、相手の信頼を失ってしまいます。

「パーっと飲んで忘れよう!」のような言葉は女性がそうしたいときに提案するべきもので、女性の感情に逆らってまでやらせようとするのは間違いです。

本当はその言葉から一歩も二歩も進んで深い話を聞いてほしいと思っているのに、「こんな人に話してもしょうがない。わかってもらえない」と諦めてしまいます。


7回デートしても話の聞き方に失敗していた男性がどうなったかについてはこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

口下手でも女性と恋愛上手になる方法

  1. 失敗する話の聞き方6パターン
  2. 自分のフィルターを通さないで聞く
  3. 相槌の正しい使い方
  4. 会話上手になる3つのポイント
スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする