女性にキープされることで彼氏持ちの女性と付き合える理由

スポンサーリンク

女性にキープされることで彼氏持ちの女性と付き合える理由

素敵な女性は多くの男性から魅力的に思われるので彼氏持ちの可能性は高くなります。

しかし、ここでは好きな女性が彼氏持ちであっても諦める必要はない理由と、女性にキープされることで彼氏持ちの女性と付き合える理由についてお話しします。

意外かもしれませんが、女性は男性をキープしてしまいやすい性質を持っているのです。

キープされることは復縁したい場合にも応用可能なので参考にしてみてください。

カップルなんて別れるものだ

好きな女性が彼氏持ちというだけで諦める必要はありません。

付き合っているカップルが将来どうなるかというと、そのまま結婚するか別れるかのどちらかです。しかし世の中のカップルがそんな高確率でバンバン結婚していないのは誰の目にも明らかです。

これは、彼氏持ちの女性であっても結婚という形に移行しない限りまた手の届く距離に戻ってくるということを意味します。

モテない男性は共通してある側面が見えていない傾向があります。付き合っている男女が全員、恋愛や結婚に対する真剣度が高いわけではないという側面です。

どちらか一方は真剣でも、もう一方は楽しく異性と遊びたいとしか思っていないようなケースは少なくなく、どちらかが自分と結婚を考えて重くなったからもう一方が別れるという選択をするケースも珍しくありません。

モテない男性は真面目でいい人が多いので自分はこういうことをしません。だからこのような事例が見えにくくなってしまうのです。

必要以上に希望を抱くのはよくありませんが、過剰に絶望する必要もまたありません。

これが、好きな女性が彼氏持ちでも諦める必要はないという理由です(ただし処女信仰は捨てる必要があります。辛いですがここは諦めましょう)。

そこまでして付き合いたい女性なのかどうか決める

次に必要になるのが「決める」というステップです。何を決めるのかというと、「そこまでして付き合いたい女性なのか」「そこまで執着してでも付き合いたい女性なのか」を決めるのです。

彼氏持ちというだけで諦める必要は全然ないのですが、周りは「そんな女やめとけ」という人がほとんどだと思います。

それはそれで確率という意味において正しい意見です。女性と付き合うためには出会いの数を増やすことが最も確率の高い方法だからです。その女性よりもいいと思える女性と出会えるまで出会い続けろという理屈なのですが、恋愛においては確かに間違っていないどころか大正解なのです。

それでもなおかつ彼氏持ちの女性と付き合うとして頑張るのは、新規の出会いの可能性を少なくしてしまう選択です。その女性にこだわることで別の女性と付き合う可能性を手放している自覚は必要になります。

このような観点から、その女性はそこまでして付き合いたい女性なのかどうか、冷静になって考えて自分で決める必要があるのです。

そこまでしてでも付き合うと決めたら、次のステップに進んでください(現実問題として、彼氏持ちの女性と並行して新規の出会いもつくっていくことをお薦めします)。

女性にキープされる

ここまで読み進めてなおかつ彼氏持ちの女性と付き合いたい場合、あなたのやるべきことは、その女性のキープになることです。

キープと聞くと抵抗を感じるかもしれませんが、要するに男友達として良い関係になりましょうということです。男友達にもなれないのにその女性と付き合ったり復縁するなんて無理です。

その女性から見て不動のナンバー2の男性にあなたがなってください。その状態でキープされながらタイミングが来るのを待ちます。

カップルというのは一年中ラブラブなわけではありません。放っておけば勝手にガタが来る時期が来ます。その時にあなたは相手の女性の相談相手になれるようにキープされている必要があります。仕掛けるのがこのタイミングだからです。

男性は仕事や人間関係が良好な時に女性を求めますが、女性はどん底の時に男性を求めます。女性には他者依存的な性質があり、どん底の自分を白馬の王子様が素敵に変えてくれる的なストーリーを頭の片隅では求めています。

スポンサーリンク

女性にキープされるために必要な女性の性質

キープと聞くと遊び人の男性がやることのようなイメージを持つかもしれませんが、実は女性には男性をキープしてしまいやすい性質があります。

この性質を利用することで、彼氏持ちの女性と付き合うための効果的な対策を立てることができます。

性質1. 女性は次の男性を見つけてから別れる

女性は付き合っていて気持ちが冷めてもすぐには別れず、次の男性を見つけてから別れるという性質があります。

よく「女性は別れを引きずらない」と言われますが、それはこの性質によるものです。気持ちが冷めていても関係性だけは維持し、次の男性に行く準備が整ったタイミングで別れるので引きずるはずがないのです。

もうおわかりだと思いますが、彼氏持ちの女性と付き合いたいのであれば、あなたが「次の男性」になってしまえばいいのです。

性質2. 女性は選ぶ生き物

女性の買い物の真剣さを見ればわかるように女性は選ぶ生き物です。選ぶ対象は服や物だけとは限らず、恋愛においては相手の男性を本能的に選んでいます。

多くの選択肢の中から厳選して一番いいものを選ぶということが本能的に備わっているので、見方を変えれば、選んでいる最中は複数の男性をキープしている状態に大抵なっているわけです。

この時女性は、付き合う前ということもあり男性をキープしている自覚も罪悪感もほとんどありません。だからあなたもキープされていることに引け目を感じる必要はありません。

タイミングを見て仕掛ける

最後に絶対に必要なことが、タイミングを見て仕掛けるということです。

頑張ってキープされていても、最後はあなたから踏み込まないと単なる友達で終わってしまいます。

女性は自分が悪者になりたくない生き物なので、リスクは男性であるあなたが取らなければ関係が進展しません。


女性にキープされていたことに気付かず7回デートしても踏み込めなかった男性がどうなったかはこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

好きになった女性が彼氏持ちだったとしても、カップルなんて別れるものなので諦める必要はありません。

女性は次の男性を見つけてから別れるという性質があるので、女性のキープになることで時期を伺い彼氏とどん底になった時、適切に仕掛けることが重要になります。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする