謙虚な男性ほどモテない理由と自慢にならずに自己アピールする方法

スポンサーリンク

謙虚な男性ほどモテない理由と自慢にならずに自己アピールする方法

謙虚な人は好感度が高いと言われています。

しかし恋愛においては、謙虚にすることで女性の好意レベルが下がってしまうことがよくあります。

謙虚な男性ほどモテない理由と自慢にならずに自己アピールする方法についてお話します。

謙虚さで好意レベルは上がらない

あなたが謙虚なのは人として素晴らしいことですが、恋愛においては謙虚に発言したことを言葉通り受け取られマイナスに作用することが頻発します。

謙虚さだけで女性の恋愛対象ゾーンに入れるわけではないのです。

謙虚なだけの男性は自分をアピール出来ないので、そもそも知り合っても恋愛がスタートしないのです。

次の例を見てください。

「モテるでしょ?」

「全然モテなくってさー」

「そうなんだ(やっぱりモテないんだ…)」

これで女性の恋愛対象に入れるでしょうか?

謙虚には、女性の好意レベルが上がる謙虚さと上がらない謙虚さがあるのです。

自信に裏付けられた謙虚さ

女性の好意レベルが上がる謙虚さとは、自信に裏付けられた謙虚さです。

具体的には、

お金持ちの男性の場合

「お金持ちですごいですねー」

「小さいころ家が貧乏だったから…」

  →自慢しないところが素敵!

社長の場合

「社長さんなんて、すごいですねー」

「いや、人に恵まれてるだけですよ…」

  →人格的にも立派だわ!

このように、謙虚な男性がモテるのはその凄さを相手の女性が認識できた場合だけなのです。

女性は本能的に男性に自信を求める

女性は本能的に男性には最低限の自信を持っていてほしいと思っています。

男性であれば、女性にある程度は、

  • 料理ができる
  • 子供好き
  • 綺麗好き

などを求めると思います。

男女は対等という価値観の男性でも、料理も掃除も全くやらず子供が嫌いな女性の魅力は下がるのではないでしょうか?

それと同じように、最低限の自信がない男性は魅力が下がります。

良かれと思って謙虚に見せることで、女性に自信がないとジャッジされてしまうと恋愛が進展しなくなるのです。

自慢にならずに自己アピールする方法

謙虚な男性がモテるための対処法としては、自慢にならずに自己アピールする誇示が重要になります。

謙虚な男性は誇示するという視点が欠けており、女性の関心を引くために必要な自己アピールが出来なさすぎるのです。

「自慢したら嫌われる」という意識が強いからそうなるのですが、誇示は自慢とは違うものです。

近況報告に自慢要素を入れ込むことで自慢にならない誇示が出来るようになります。

次の例を見てください。

自慢の例

「ほら、これ俺のフェラーリ」

「は?」

今は車を持っていればモテるような時代ではありませんが、持っていて困るものでもありません。しかし、こんなふうにあからさまに自慢したら嫌われるのはわかると思います。

次が近況報告に自慢要素を入れ込んだ誇示の例です。

誇示の例

「この前、紅葉見に行ったんだけど、めっちゃ綺麗だった」

「そうなんだ」

「ほら、こんなだよ。すごくね?」

  →あなたがフェラーリと一緒に写っている紅葉の写真を見せる

女性にあなたがフェラーリを持っていることが伝わりますが、それが本題ではないので嫌味な感じを与えません(ここで「すごい車ね」と言われたら謙虚にしてください)。

このように誇示することで「あなたがどんな男性かという要素」を女性に伝えていくことが大切なのです。

スポンサーリンク

「今まで何人と付き合った?」

誇示というスキルが活きてくるのが、女性に「今まで何人と付き合った?」と聞かれた場合です。

正直に2人とかゼロとか答えると、相手の女性に引かれたり、舐められたりする危険があるからです。

女性は基本的に受け身でリードしてもらいたいという性質があるため、男性は自分より恋愛経験豊富であってほしいと思います。

ですので、本当は女性のほうが経験豊富でも、あなたのほうが経験豊富だという「スタンス」のほうが何かとスムーズに行くのです。

ここまで読んでくれたあなたなら、

「今まで何人と付き合った?結構モテそうだし!」

「全然モテなくってさー」

「そうなんだ(やっぱりモテないんだね…)」

謙虚にするだけでは恋愛が進展しないことがわかってもらえると思います。

あなたのやるべきことは、正直にモテないと打ち明けることではなく、ある程度の恋愛経験はあることを誇示することなのです。

恋愛経験があることを誇示する会話例

恋愛経験があることを誇示する会話例としては次のようなものがあります。

「今まで何人と付き合ったことある?」
「5人かな」
「へー、意外。てかそれすぐ終わったのは入れなくてでしょ?」
「そういうのも入れてだよ」
「まー普通といえば普通か」
「何人だったの?」
「すぐ終わったのも入れてでしょ?入れたら5人よりはいるよね」

この会話のポイントは、

  1. 女性に何人と付き合ったか聞く
  2. 女性が「○人」と答える
  3. 「思ったより少ないんだね」と返す

の3点です。

「思ったより少ないんだね」と言うことで、自慢にならずにあなたのほうが恋愛経験が多いと伝えることが出来ます。


7回デートしたのに謙虚なだけの男性がどうなったかについてはこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

謙虚なだけの男性は自分をアピール出来ないので知り合っても恋愛がスタートしません。

自慢すると嫌われますが、誇示と自慢は違うものです。

「今まで何人と付き合った?」と聞かれた場合などは、正しい誇示を行うことで恋愛をスムーズに進展させることが出来ます。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする