女は嘘つき!と感じる理由と女性は嘘つきではない2つの理由

スポンサーリンク

女は嘘つき!と感じる理由と女性は嘘つきではない2つの理由
人間は誰しも嘘をつきます。しかし、恋愛において女性の嘘に傷つき「女は嘘つき」と嘆く男性は少なくありません。

女性は男性より嘘つきだと感じてしまうのです。

恋愛において、女は嘘つきと感じる理由と、女性は嘘つきではない2つの理由についてお話します。

1. 女性に幻想を抱き、女性を美化している

女は嘘つきと感じる理由の1つ目は、女性に幻想を抱き、女性を美化しているからです。

同時に、女性は嘘つきではない理由でもあります。

恋愛経験が少ない男性は、女性の良い面ばかりを見て必要以上に女性を美化する傾向があります。

一見プラス思考で良いことのようにも思えますが、女性の良い面ばかりしか見ていない男性は、そうでない部分が見えたときに落胆してしまいます。

しかし、これは勝手に理想の女性像を創り上げ、勝手に創り上げた女性像と違うと落胆している状態です。

極めて自分勝手であり未熟な視点です。良い面ばかりに光を当てればいいというものでもないのです。

もちろん、逆に女性のネガティブな面ばかり見るのも未熟な視点で良くありません。

成熟した視点を持ち、良い面も悪い面も俯瞰して見ることが大切です。

スポンサーリンク

2. 男性的な解釈でとらえている

女は嘘つきと感じる理由、および女性は嘘つきではない理由の2つ目は、男性的な解釈でとらえているからです。

女性も男性も生きて行く上で嘘はつきます。これは事実です。しかし、女性のつく嘘を男性的な解釈でとらえるていると、女性のほうが嘘つきで裏表が激しいと感じることがよくあります。

ここで重要になるのは、それはあくまで男性的な解釈であって、女性のつく嘘は、嘘であって嘘ではないという点です。

あなたと女性との間に、次のような会話があったとしたらどうでしょうか?

「この前イルミネーション観たいって言ってたから、来週行こっか?」
「行きたくない」

あなたは「お前が観たいって言ったんだろ?!」となると思います。

「嘘だったのか?!」と怒るかもしれません。

しかし女性のこの発言は「イルミネーションを観たくない」のではなく、聞かれた時は行きたくないと思った自分の感情を表現しただけなのです。その意味で女性は嘘をついてはいないのです。

2-1. 女性は説明が下手(というより説明しない)

女性は感情的なことや直感的なことをそのまま口にします。だから女性の説明はわかりづらく、男性をうんざりさせます。ビジネスの場でこのような経験のある男性は少なくないはずです。

しかし困ったことに、恋愛では女性のこの説明しない特徴はより一層発揮されるのです。

「イルミネーション観に行こう」と誘って女性が「行きたくない」と答えたとき、この会話でもしあなたが女性に怒ったりしてしまったなら、女性は、「察してよ!」「なんて察しの悪い男なの?!」と思っています。

女性は「今日の夜は友達から大事な電話が来るので、イルミネーション観覧のための外出は控えるべきだと判断しました」のような誤解の余地がない理論的な説明をしてはくれません。

というか、女性がこんなことを言い出したら可愛くないですよね? 女性らしさが無さすぎて愛情も冷めませんか?

2-2. 意味不明だからこそ女性は女性らしい

女性の意味不明さや支離滅裂さは、女性的エネルギーの産物です。女性的エネルギーとは、「それがあると女性らしい考え方や仕草や行動をしてしまうもの」といったイメージで捉えて理解してください。あなたが女性を見て「女の子だな」「女性らしいな」と惹かれてしまう要素のことです。

もし女性から女性的エネルギーがなくなったとしたらどうなるでしょうか。見た目は女性ですが、内面は男性的エネルギーが満ち溢れている女性です。

ビジネスの場ではそれが良い方向に働くこともあると思いますが、恋愛・結婚の対象の女性があなたと2人きりで過ごす時間で考えてみてください。

男性と女性は、自分と異なる異質な部分に惹かれ合っています。

女性から意味不明で支離滅裂な女性的エネルギーがまったくなくなったとしたら、あなたはその女性を女性としては愛せなくなることでしょう。

2-3. 感情だけで会話する女性

男性は会話の内容を「情報」として受け取ります。だから情報の整合性がとれていないと「?」となりストレスが生じます。

しかし女性は感情だけで会話が成立してします。

「あれってかわいいよね!」
「あれもいいけどそれもかわいくない?」
「ピンクー」

何について話すかの目的も結論もまったくなく、感情の共有だけが行われる会話です。

男性同士ではこんな高度な会話は成立しません。意味不明すぎて疲れ果ててしまいます。男性が一緒だとこの高度な会話が出来ないのが女性が女子会をやりたがる原因ではないでしょうか。

男性が「女子会ってどんなこと話してんの?」と聞いても女性は教えてくれません。

女子会では決まった内容について話しているのではなく、感情だけで会話をしているので、当事者である女性も何を話したのか答えられないからです。


7回デートしたのに、女性は嘘つきではないとわからなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

恋愛において「女性は嘘つき」と思う男性は少なくありませんが、勝手に美しい女性像を創り上げて、それと違っていることが後からわかって落胆しているケースがよくあります。

女性の意味不明さや支離滅裂さは、女性的エネルギーの産物です。

それがあるからこそ女性は女性であり、男性にとって魅力ある存在であるのです。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています