女性にあなたの魅力を上手に伝える方法

女性にあなたの魅力を上手に伝える方法
好きな女性と付き合うためにはあなたの魅力を伝える必要があります。結局のところ女性が付き合うのは魅力がある男性に他なりません。

しかし、魅力を伝えようとして自慢になったりすると、逆に女性を遠ざけてしまいます。

女性にあなたの魅力を上手に伝える方法についてお話しします。

スポンサーリンク

「実は……」という状況を作り出す

女性にあなたの魅力を上手に伝えるには「実は……」という状況を作り出すことが効果的です。「実は……」というのは、最初の印象と違う一面があったという意味になります。

最初はそうは見えなかったけど、あなたのことを知ると意外な一面があったと女性に思わせることで、その魅力は通常に与えるより何倍も深く女性の心に刻まれることになるからです。

「実は……」が効いてきやすい魅力としては次のようなものがあります。

  • 実は頭がいい……
  • 実は優しい……
  • 実はその道ですごい人……
  • 実は話を聞いてくれる……
  • 実は自分の全てを受け止めてくれる……
  • 実は頼れる……
  • 実はかわいい……
  • 実は男らしい……
  • 実はしっかりしている
  • 実は手に入らないのかも……
  • 実は気持ちが離れてしまうのでは……

これらの魅力は最初から見せるのではなく、後から与えることで効果が何倍にもなるのです。

例. 真面目な男性の場合

真面目さは人として大切な魅力ですが、第一印象から真面目そうな男性はそもそも恋愛の口火を切るのが難しくなります。

そういうことを考えていなさそうに見えてしまうからです。

ですので真面目な男性ほど、一見チャラそうなお洒落な服装や、一見怖そうなスーツに開襟シャツみたいな服装をするなどして、第一印象から真面目系だと思わせないことが重要になります。

あなたが真面目なことは実際に話していけば自然に相手に伝わります。

つまり、

最初チャラそう/怖そうと思った

実は真面目……

というパターンになるのです。

そしてこの「実は……」という状態にするために必須なのが、次にお話しする「偽装する」というスキルになります。

スポンサーリンク

偽装する

偽装するというのは、あなたの強みを最初から見せないということです。

強みとは、

  • イケメン
  • 高収入
  • 頼りがいがある

などのことです。

反対に弱みとは、

  • 不細工
  • 低収入
  • 頼りない

などのことです。どんな人にも強みと弱みが必ずあるはずです。

多くの男性は最初に強いカードを切ろうとします。お金持ちの男性であれば、最初からそれをアピールして凄いと思わせようとするのです。

しかし、最初に強いカードを切ってしまうと手元に残るのはそれよりも弱いカードばかりになってしまい、結果的に会えば会うほど与える魅力が下がっていくという勿体ない状況になってしまうのです。

例. 高収入だけど年齢が高い男性の場合

強み:高収入
弱み:年齢が43歳

という男性を例に考えてみたいと思います。

この男性の場合、お見合いパーティーなどで「高収入」という強みを最初から出してしまうと、会えば会うほど与える魅力が下がっていく状態になりかねません。

会話を重ねれば重ねるほど、後から弱いカードが目立ってしまうからです。

ですので、強いカードを切るのであれば普通の会話の流れで、

「○○商社で仕事も充実してるけど40過ぎると落ち着く事も考えるよね」

のように、さらっと使うほうが効果的です。

最初ただのおじさんと思った

実は高収入……

というパターンになるからです。

このように強みと弱みを抱き合わせにすることで、年齢という弱みを女性があまり気にしなくなるという効果も同時に得られるのです。

伝える努力はしないが理解してくれ

モテない男性ほど他者意識が希薄な傾向があります。相手の立場に立って考えることをしようとしないのです。そのくせ「女性はわかってくれない」と相手のせいにするのは得意です。これではうまくいくものもうまくいきません。

「伝える努力はしないが理解してくれ」というスタンスなのです。

あなたは、次のどちらの考え方をしているでしょうか。

  1. 「自分を演出するくらいならモテないほうがマシだ」
  2. 「伝わらないことが一番つらい。だから相手に理解してもらうための努力であれば是非やりたい」

もし1. であれば、自分の信念を貫き通せばいいと思います。いつかありのままのあなたを受け入れてくれる女性と出会えるかもしれません。しかしその女性があなたのタイプの女性かどうかはわかりません。

あなたが2. の男性であるなら、あなたの魅力を偽装することで「実は……」という状況を作り出し、あなたの魅力を通常より深く女性に伝えることが出来ます。


7回デートしたのに自分の魅力を伝えられなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

女性と付き合うにはあなたの魅力を伝える必要がありますが、魅力を伝えようとして自慢になったりすると、逆に女性を遠ざけてしまいます。

女性にあなたの魅力を上手に伝えるには「実は……」という状態にすることが効果的です。

「偽装する」スキルを使うことで「実は……」という状況を作り出すことが出来るようになり、通常に与えるより何倍も深くあなたの魅力を女性に伝えることが出来ます。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする