女性と仲良くなる会話として恋愛話をする4つの方法

スポンサーリンク

女性と仲良くなる会話として恋愛話をする4つの方法

女性と仲良くなれるかどうかは、プライベートな深い会話がどれだけ出来るかで決まってきます。

しかし、プライベートな深い話を聞かれると女性は警戒します。

あなたは女性の警戒をかいくぐって、恋愛話の口火を切らなくてはなりません。

女性と仲良くなる会話として恋愛話をする4つの方法についてお話しします。

前提. 女性と恋愛話をする意味と意義

基本として女性と付き合いたいのであれば、その女性と感情の動く会話をする必要があります。

たとえ東京オリンピックで期待される経済効果の話で盛り上がったとしても、それで恋愛が進展するわけではありません。オリンピックの話は会社の上司とでも出来るからです。

あなたがやらなければならないことは、「俺たちは男と女として会っているんだ」と女性の本能にわからせることです。

そのために最も手っ取り早く確実なのが恋愛話なのです。

恋愛話をすることで、その女性の恋愛に対する価値観などが見えてきます。

過去の彼氏の話から、その女性が重要視している男性のタイプが見えてきます。

あなたが女性慣れしているならストレートに「これまで付き合った彼氏ってどんな人?」と聞いても変になりませんが、そうでない場合はぎこちなくなって警戒されてしまいます。

以下に、女性に警戒されるリスクが少ない恋愛話に移行できる質問の仕方を4パターン紹介しますので、使いやすそうなものを使ってみてください。

1. 「ナンパとかされるでしょ?」

「君だったら絶対ナンパされてるはずだ」という勝手な決めつけを元に、

「ナンパとかされるでしょ?」

と話を振ってください。

この質問は恋愛話に入るきっかけとして有効なだけなく、相手の女性がモテるのかどうかや、自分でモテると思っているのかどうかといった恋愛観を探る意味でも有効です。

「ナンパなんて絶対ついていかない」

と返されることがありますが、その場合は、

「じゃ、今までの彼氏はどういうきっかけで知り合ったの?」

と変化させることで恋愛話を続けることが出来ます。

2. 「今まで振られたことないでしょ?」

女性に「今まで振られたことないでしょ?」と切り出してください。

このように言われると、本当に一回も振られたことがない女性でもない限り、

「あるよー、あるある」

と返さざるを得なくなります

このように女性が否定させておいてから

「マジで?いつそれ?」

というように話を掘り下げていってください。

女性が答えようとしなかったり「何で?」と聞き返された場合は、

  • 「うわ、否定しねーよ!」
  • 「100戦100勝かよ!」
  • 「これだけかわいかったら振られるわけないよねーw」

などのように畳みかけてみてください。

好きになったら自分から告白するタイプの女性かどうかもわかります。

3. 「A子ってすごい男を好きになったってことってあるの?」

「A子ってすごい男を好きになったってことってあるの?」と質問してみてください。

「お前って何か冷たそうだもんな」といった雰囲気を出しつつ言うと効果的です。

本当に人を好きになったことがあるのであれば、「それくらいはある!」と言いたくなる質問です。

そのタイミングで、

「A子が好きになった男ってどんな男だったの?」

と掘り下げる質問につなげます。

もし女性が話すことに躊躇しているようだったら

「あ、やっぱないんだ。寂しい奴だw」

と「寂しい女」というレッテル貼りをしてしまいます。

4. 「もし彼氏とデートするならどっちがいい?」

「もし彼氏とデートするなら○○と△△どっちがいい?」

と質問して、

「あー彼氏、○○/△△連れていってくれる人なんだー」

とフォローをしてください。

彼氏がいるのであれば、

「うーん」

と考え込んだり、

「彼氏はそんなところは連れて行ってくれない」

などのような答え方になります。

彼氏がいなければ、

「今はいないよ」

というような答え方になります。

彼氏の有無を確かめる質問としても少ないリスクで使うことが出来ます。

スポンサーリンク

女性が実際に行動してきた事実をつかむ

恋愛話とは、女性が実際に行動してきた事実をつかむ手段です。

女性はよく「優しい人が好き」と言います。しかしそう言っている女性が優しくない男性と付き合っていることは少なくありません。なぜこの現象が起きるかというと、「女性は自分でそう思いたいと思っていることを言っているだけ」だからです。

女性はただ、自分がそういう男性を好きになりたいという願望を発表しているだけで、実際のところ女性は本能的に男性を好きになります。だから女性の言動からどんな男性がタイプなのか判断してはいけないのです。

女性は「私は優しくされると好きになります」とは言っていません。

反対に、女性がとってきた行動は嘘をつきません。実際にその男性を好きになって付き合ったという事実があるからです。

恋愛話というのは、単に感情が動く会話が弾むだけではなく、その女性にどんな魅力を与えたら付き合えるのかを正しく判断するために重要になります。


恋愛話をしないで7回デートした男性がどうなったかについてはこちらをご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

まとめ

女性と仲良くなる会話として恋愛話をする方法

  1. 「ナンパとかされるでしょ?」
  2. 「今まで振られたことないでしょ?」
  3. 「A子ってすごい男を好きになったってことってあるの?」
  4. 「もし彼氏とデートするならどっちがいい?」
スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする