女性受けのいい香水と正しい付け方を知り、他の男性に差を付ける方法

女性受けのいい香水と正しい付け方を知り、他の男性に差を付ける方法
お洒落な男性でも、香水にまで気を遣っている人はあまりいません。

女性ウケの悪い香水は逆効果になります。

香りを使いこなすことで、あなたのフェロモンは増幅され、より多くの女性にあなたの魅力を発信できます。

女性受けのいい香水と正しい付け方を知り、他の男性に差を付ける方法についてお話しします。

香水の選び方

まず最初に、香水の種類や変化などの基本を押さえておいてください。

おすすめの女性受けのよい香水ベスト3は、一番最後に紹介してあります。

香水の種類

香水は、香料濃度によって分類されています。

香料が強い順に、

  1. PARFUM(パルファン)
  2. TOILETTE(トワレ)
  3. COLONG(コロン)

一般的に、日本語の「香水」に当たる言葉は「パルファン」です。

しかし、パルファンは香料濃度が高い分、香りも強いので、男性ならトワレやコロンで十分。

濃度が低くなる分、よりリーズナブルです。

香りの変化を知る

香りは、空気に触れた瞬間、肌に付けた瞬間から変化していきます。

香水は揮発しやすいものとしにくいものをブレンドして香りを作っているため、時間や温度変化に応じ、その時々で匂い立つ香りが変わっていきます。

香りには次の3つがあります。

  1. トップノート…一番最初に感じる香り。
  2. ミドルノート…トップが落ち着いたころに出てくる香り。 この香りがいちばん長く感じることができます。
  3. ラストノート…ミドルが消えかかる時に出て、最後に残る香り。移り香の正体はコレ。

初心者はトップノートだけで香水を選んでしまいますが、周りの人はトップではなくミドルノートを感じていることが多くなるので注意が必要です。

あなたではなく、あなたと接する人が良いと感じる香りが良い香りです。

自分に合う香りを選ぶ

香りを選ぶのはとても難しい作業です。

確実に言えることは、「好きな香り」ではなく、「自分に合うかどうか」を第一に選ぶという点です。香りは、『付ける』のではなく『身にまとう』もの、ファッションと同じなのです。

「自分がなりたいイメージ」で選んだり、自分のいつものファッションの傾向で選ぶのもいいでしょう。

「すがすがしい」「セクシー」「さわやか」「大人っぽい」などと、テーマを決めて選ぶと、自分らしい香りを見つける手がかりになります。

そして、

・とりあえず付けてみる。
   ↓
・周囲の反応を確認する。

を繰り返し、自分らしい、自分の香りを見つけることが大切です。

自分が好きなだけで決めると自分に合わないものを選んでしまい、香りが浮き立ってしまうこともあります。

必ず、周囲の反応を確認し、自他共に認める「あなたらしい香り」を見つけていってください。

スポンサーリンク

香水の付け方~香水の適量は?

男女問わず、香水初心者にありがちなのが「つけすぎ」です。

これは、香水を使用する人なら、必ず陥りやすいことなので注意してください。

いつも同じ香りを身につけていると、だんだん香り慣れてきて、自分の香りに気付けなくなってしまうのです。

「香りが弱いかな?」と思っても、適量以上は決して付けないように注意してください。香水の種類や付け方に応じて、「1プッシュだけ」と決めておくといいでしょう。

香りのまとい方にもマナーがあります。

例えば、レストランで香水の香りぷんぷんの人が隣に座っていたら、不快じゃありませんか?

自分が心地よいことも大切ですが、あなたと接する人が心地よいと感じる香りが適量だということを忘れないでください。

香水の付け方~付ける場所は?

女性は首筋や手首に付けることが多いのですが、男性はお腹周りがベストです。

「服の下じゃ、香りが隠れてしまうじゃないか」と思うかもしれませんが、香りというものは、「香る」より「香りが匂い立つ」方が、よりドラマチックに香りを感じることができます。

ですから、ダイレクトに香りを感じる付け方ではなく、立ち上がったとき、上着を脱いだとき、あなたが何かアクションを起こしたときに「ふわっと香り立つ」、そんなスマートな付け方が男性には最適なのです。

また、香水は直接肌につけるものですが、肌が弱い場合は、パッチテストをしてから刺激を感じるがどうか試してからつけるようにしてください。

肌が弱くて直接つけられない場合は、香料濃度の低いコロンを服につけても大丈夫です。ただし、白い服だとシミになるので注意してください。

女性受けのよい香水ベスト3

1. シャネル アリュール オム スポーツ オー エクストレム オードゥパルファム

「セクシーな男らしさを演出」
パワフルでダイナミックな、アロマティックムスキーフレグランス。温かく官能的な余韻をもたらします。

2. サムライ オードトワレ

「清潔感あふれる大人の男を演出」

フランスの俳優アラン・ドロンがプロデュースした香り。ジャスミン。ローズの爽やかな香りから心地よい安定した香りを持続させながら、エキゾチックな香りに変化する。

3. イッセイミヤケ ロードゥ イッセイ プールオム

「さわやかでスタイリッシュな男を演出」
アでフレッシュ、そしてエネルギッシュ。みずみずしいミネラルの香りが特徴の、男らしさ溢れる洗練された香り。


いかがでしたか?

香りは、あなたのフェロモンを増幅してくれる最強アイテム。
これを使わない手はありません。

ただし、「香りマナー」は「お付き合いマナー」。マナー違反は厳禁です。

自分らしさを演出できる香りを見つけ、付け方を理解すれば、きっと女性はあなたを意識し始めるはずです。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

こちらの記事も読まれています