女性は押しに弱いという本当の意味 押して失敗するタイミングと有効なタイミング

女性は押しに弱いという本当の意味 押して失敗するタイミングと有効なタイミング

女性は押しに弱いと言われますが、押したのにうまくいかないことがよくあります。

押すのは積極的に行けば誰にでも出来ることであり、押しさえすれば何でもいいわけではないのです。

女性は押しに弱いという本当の意味を、押して失敗するタイミングと押しが有効なタイミングという観点からお話しします。

スポンサーリンク

押すと失敗するタイミング

多くの男性は、押してはいけないタイミングで猛烈に押してしまい、逆に女性を遠ざけてしまっています。

押すと失敗するタイミングで押しているのです。

押すと失敗するタイミングというのは、具体的には、

  • 告白して断られた
  • デートに誘って断られた
  • デートしたのに連絡が取れなくなった

などのことです。

女性に何かを拒否され「このままでは彼女を失ってしまう」と本能が恐怖を感じた瞬間、女性は押しに弱いという言葉を思い出し、最後の望みを託して猛烈アピールを始めるのです。

しかし、この場合、女性の目に映るのは、「私を失うことが怖くて、私にすがってくる弱いオトコ」に成り下がったあなたの姿です。

こんな情けなくて弱い男性に、女性は恋愛感情を持ってはくれないのです。

押すと有効なタイミング

それでは、女性を押すのが有効なタイミングはいつかというと、女性があなたとの決断を迷っている時です。

人間は100%無理なことについては迷いません。

友達に「100万円貸して」と言われたら迷わず断りますが、「次の給料日まで5万でいいから貸してくれないかな?」と言われたらどうでしょうか?

  • 5万くらいなら……
  • ちゃんと返してくれるのなら……
  • 友達であってもお金の貸し借りはよくないかな……

このようにいろいろ考えるのであれば、それは迷っている証拠です。繰り返し頼まれたら断りきれず貸してしまうかもしれません。

女性を押すのはまさにこのようなタイミングなのです。

押されたから女性が一歩踏み出した

女性を押すタイミングは具体的には次のようになります。

女性が、

  • あなたとの関係を進展させるか
  • もっと慎重にいくべきか

を迷っている時、女性の決断をあなたに引き寄せるために押すのです。

「押されたから女性が一歩踏み出した」という形をつくってあげるのです。女性が自分に言い訳ができるようにしてあげるということでもあります。

女性は決断が苦手で、責任を負うことを避けようとする性質があります。女性ばかりの会議は結論が出ず、先に進みません。

あなたが押すことで「確定」させるのです。

この場面で変に紳士的になって押せない男性は、確定させることが出来ないので、女性は離れていきます。

好意の返報性

好意の返報性とは、簡単に言ってしまうと、「人は自分を好きと言ってくれる人を好きになる」という心理のことです。

この好意の返報性を利用して女性を口説けという人もいますし、好意の返報性は役に立たないという人もいます。

しかし、女性は押しに弱いという本当の意味や、押すと有効なタイミング/失敗するタイミングがわかれば好意の返報性の使い方も自然とわかってくるはずです。

好意の返報性を利用して女性の好意が上がるのは、押して有効なタイミングとイコールなのです。

スポンサーリンク

踏み込んでこない男性

押せば有効なタイミングに押せない男性は、女性から見れば踏み込んでこない男性です。

女性はがっついてくる男性が嫌いですが、怖がって踏み込んでこない男性もまた嫌います。

真面目な「だけ」の男性や、誠実な「だけ」の男性がモテない原因がこれなのです。

押すと有効なタイミングなのに押さないことで、女性があなたに心を預けるタイミングを逃してしまうため、いつまでも男女の関係になれなくなるのです。

あなたが悪者になってあげる

女性は社会的な価値観から、積極的に男性を求めづらい世界に生きています。そのため、恋愛を進展させるリスクは男性に取ってほしいと考えています。

ここで重要になるのが、あなたが悪者になってあげるというマインドです。

  • 彼に押されたから付き合った
  • 彼に押されたからキスした
  • 彼に押されたからエッチした

このように女性が自分に言い訳ができる状況を作り出すことで成功確率が高くなります。

女性が自分に言い訳できる状況を作るために、あなたが押すことで悪者になってあげる必要があるのです。

女性が「私を抱いてください」なんて思っていたとしても言ってはくれるはずがありません。

「私はそういうつもりじゃなかったんだけど、彼が……」という体にしておくことが重要なのです。

※上でお話ししていますが、押すのは女性が決断を迷っていて、押しが有効なタイミングで行わないと逆効果になります。

女性は押しに弱いという本当の意味は、迷っているタイミングで押せば効果的ということなのです。


7回デートしたのに押すことで女性に踏み込めなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

女性は押しに弱いと言われますが、押して失敗するタイミングと、押すと有効なタイミングがあります。

告白して断られた時などは押すと失敗するので押してはいけません。

女性があなたとの決断を迷っている時は押しが有効になります。

女性は押しに弱いという本当の意味は、迷っているタイミングで押せば効果的ということです。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする