恋愛と結婚は違うと考える女性の心理

スポンサーリンク

恋愛と結婚は違うと考える女性の心理
恋愛と結婚は違うと考える女性は少なくありません。

そう思う男性もいますが、女性とは微妙な違いがあります。

恋愛と結婚は違うと考える女性特有の心理についてお話していきます。

恋愛のはじまり

多くの女性は恋愛がはじまるとき、

  • なぜだか惹かれたから
  • かっこいい男性だから
  • リッチで奢ったりプレゼントしてくれるから
  • 私を大好きだと言うから受け身で

など、いろいろな理由で付き合い始めます。悪く言えば後先考えずに恋に落ちているのです。

脳内ホルモン

そのとき女性の頭の中にあるのは「彼のことをもっと深く知りたい」だけです。恋に落ちて脳内ホルモン(PEA:フェニルエチルアミン)が出まくっている状態だからです。

よく「恋愛はもって3年」と言われますが、長くて3年、ほとんどは3年以内、早ければ数ヶ月で終わることも珍しくありません。

お互いの脳内ホルモンが出ている状態ならば恋愛状態は続きます。

しかしどちらか一方の状態が変われば、恋愛はそこで終了してしまうのです。

恋愛が終わるとき

女性の脳内ホルモンが終止符を打ってしまうのは、この人を信じているとバカを見ると気付いたときです。

  • 貢がせるだけ
  • 頼りがいがない
  • 浪費家だった
  • 浮気症だった
  • 秘密を持っていた
  • 嘘つきだった

などのマイナス要素があると女性は我に返ります。「今は他にいないから一応付き合うけど、この人と結婚はムリ」と、冷静な判断をしてしまうのです。

突き詰めるとどのマイナス要素も「信頼を裏切られた」という点で共通しています。

逆に女性から「この人は裏切らない認定」をしてもらえた場合は、恋愛の熱が冷めてきたとしても大切に付き合い続けて結婚を考えるようになっていきます。

楽しいからするのが恋愛

男性も女性も同じで、ケンカや揉め事など嫌なことはあっても基本的に会って楽しい相手なら次も会いたくなります。

しかし会っても楽しくなくなると、女性はだんだん失望していきます。自然に次の恋を求めるようになり、新規の出逢いに心が揺れます。

このように、基本として恋愛は楽しいからするものなのです。

スポンサーリンク

結婚はあなたと過ごす未来への投資

女性が結婚を意識している相手とは、その人と一緒にいること自体に夢や未来を感じられる人です。

次のような計画を立てるのも女性はワクワクします。

  • 半年間同棲してみて合うようなら結婚しようかな?
  • 彼の近所に引っ越して毎日会えるようにしようかな?
  • 彼を妹に紹介したいな。いつがいいかな?

など、それ自体はTDLやUSJに行くのとは違いますが、未来へのステップという感じで夢が開けていきます。女性はそれが楽しいのです。

女性にとって、楽しさの質が変わっていくと言ってもいいでしょう。

女性が結婚を意識しているのであれば、どこか楽しい所へ出掛けるようなデートをしなくても、あなたと未来を語るのが楽しいと感じるようになります。

「結婚式の計画に彼女はゼ○シイ片手に大ノリ気なんだけど、俺は面倒くさくてかなわないよ」

というようなことを聞いたことがあるかもしれません。これがこのパターンです。

男性も女性と同様にノリノリの場合はいいのですが、中には負担感が増して彼女のことが重たくなって逃げてしまう男性も珍しくありません。

「結婚前提だった彼氏が突然に音信不通に……」と泣いている女性がいたら、このパターンだと考えてまず間違いありません。

結婚のポイントは自分と相手の釣り合い

一般的に男性は、自分と相手が釣り合っているどうかはあまり考えません。俺が彼女の一番だと信じて疑わないからです。

しかし女性は、恋愛も結婚も釣り合いを大事にします。特に結婚においてはよりシビアになります。

  • 学歴
  • 見た目
  • 住んでいる家
  • 服の趣味
  • 職業

など、これらがあまりにも格下の男性だと「何が悲しくてあんな男と?」と周りの女友達からハズされてしまうからです。逆にあまりにも格上の男性だと、気苦労が多そうだからやめておくという女性も少なくありません。

釣り合いにパスしなくても恋愛はできるけど、結婚はムリと考えるのが女性なのです。

そのため女性は不釣り合いな男性を好きになってしまった場合には、極力秘密にしようとします。知り合いと顔を合わせそうな場所を避けて遠方で会ったり、友人にも家族にも男性を紹介しません。

勿論、よほどのことがないと結婚は視野に入れません。今だけ一緒にいられれば良いのです。

このような場合、付き合うことは出来ても長続きは難しいと言えます。

女性はもともと釣り合いに合格した男性を選ぶことが多いですが、結婚となると最終的に自分よりちょっとだけ上のランクの相手を選ぶ傾向があります。

その意味において、もし別れた彼女が結婚を考えてモトサヤを願い出てきたりしたら、あなたのことをやっぱり高得点だったと判断しているということになります。


いかがでしたか?

「恋愛はその時だけのもの」「結婚は一生もの」。これは男性も女性も変わりません。

しかし女性は、「一緒にいること自体に夢や未来を感じられるかどうか」「自分と釣り合っているかどうか」がクリアにならないと結婚というステージには進めません。

この女性特有の心理を理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする