高確率で女性とLINEやメールの連絡先を交換する方法

スポンサーリンク

高確率で女性とLINEやメールの連絡先を交換する方法

あなたに好きな女性が出来てLINEやメールの連絡先を聞くとき、あなたの気持ちをストレートに表現するとこうなるかと思います。

「(きみとメールしたいから)連絡先教えて」
「(メールで仲良くなってデートしたいから)連絡先教えて」

しかしこの聞き方だと、女性はなかなか承諾しづらいものなのです。

好意レベルの違い

ほとんどの場合、恋愛の最初の段階では男性と女性の好意レベルは大きく違っています。男性はすぐ一目惚れしますが女性はしないからです。

男性は第一印象で気に入るとスイッチが入ってしまいますが、女性は第一印象で気になる男性がいた場合「この人は魅力的かも」という予感がしているのです。

魅力的かもという予感がしたら「これからどんな人か見ていこう」という気持ちに変わります。

女性の気持ちはこのように推移するので、出会った段階であなたの好意があからさまに伝わってしまうと女性は引いてしまうのです。

男性は初対面からスイッチが入っているので「きみとメールしたいから」というのは明確な動機ですが女性は違います。

この段階で、女性にはあなたとLINEやメールしなければならない理由はないからです。

理由をつくる

初対面の段階で女性はあなたとLINEやメールをする理由はありません。理由がないから教えてと言われても躊躇してしまいます。

女性と連絡先を交換するには、女性が連絡先を教える理由をつくることが大切です。

女性が連絡先を教えやすくなる理由づけの例としては次のようなものがあります。

「俺の友達がこの前彼女に振られて、落ち込んじゃっててさ。気分転換させてあげたいから今度きみの友達も誘って4人で飲まない?」

と、最初から連絡先は聞かずに、まずは複数での飲み会の提案をしてください。
この提案は相当ハードルの低い誘い方の例です。

なぜハードルが低いかというと、

  1. あなたの女性に対する好意が前面に出ていない
  2. いきなり2人だけで会うのではないので"がっついてる"感じがしない
  3. いきなり2人だけで会うのではないので女性が安心してくれる
  4. 女性がこれを断ると"性格が悪い"と思われそうになる

などの要素が挙げられます。

女性の好意レベルが低い場合でも、かなり安全に誘うことができます。

そして、これでOKをもらっておいて、

「じゃあ、日程とか決めないとだから連絡先教えといて」

と切りだして連絡先を教えてもらいます。

このときのポイントは男性に言うのと同じように言い放つことです。

連絡先を聞いておかないと日程決められないですから、教えるの当然でしょ? というマインドセットで言い放ってください。

すでにあなたと友達を交えて飲みに行くことになっているのですから、女性は連絡先を教えてくれます。

スポンサーリンク

LINEやメールは補助ツール

すでにお気づきだと思いますが、上記の例ではいきなり連絡先を教えてとは言っていません。

まず次回会う約束を取り付けてから、その日程調整のために連絡先を教えてもらっています。

目的はLINEすることではなく付き合って幸せになること

女性とLINEやメールの連絡先が交換できなくて悩む男性は、連絡先交換が目的になってしまっているケースが少なくありません。

しかし、目的はLINEやメールをすることではなく、好きな女性と付き合って幸せになることです。

ここを間違ってはいけません。

モテない男性よくある勘違い

モテない男性ほど次のようなステップを踏みたがる傾向があります。

  1. まず連絡先を聞く
  2. LINEやメールで仲良くなる
  3. LINEやメールでデートに誘う

しかし、これは最も成功する確率が低いやり方になります。

LINEやメールだけで女性と仲良くなることはまず不可能です。

そもそもあなたが、お互い相手をよく知らない段階の女性とLINEが続くならこんなブログなんて読んでいないはずです。

女性の好意レベルを上げるのは直接会っているときです。

LINEやメールは気軽に誘える……しかし

LINEやメールは気軽に送ることができます。実際に会うには日時や場所を決める必要がありますし、服を買ったりしないといけないかもしれません。

このように気軽に送れるのがLINEやメールですが、無視するのも気軽だという点を見落としてはいけません。

あなたが女性に直接「飯行こう」と誘った場合、女性も面と向かって「嫌です」とは言いづらいです。

無視しようにも目の前にあなたがいるのだから黙っているわけにもいきません。

しかし、

LINEやメールは簡単に無視できます。

だからあなたは、LINEやメールは補助ツールであることを知り、次回会う約束を取り付けてから連絡先を聞くということを徹底する必要があります。


好きな女性を彼女にするには会っている時に「付き合うことを確定」させる必要があります。こちらも合わせてご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

女性が連絡先を教えるには理由が必要です。理由がなければつくることができます。

会っているときに次回の約束を取り付けて、連絡先を聞くようにすれば、まず断られることはありません。

LINEやメールは気軽に送れる分、無視するのも気軽です。直接会っているときに好意レベルを上げることが大切です。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする