デートで女性にお酒を飲ませるのは酔わせるためじゃない

デートで女性にお酒を飲ませるのは酔わせるためじゃない

「デートでは女性にお酒を飲ませよう」と書かれてあるデートマニュアルを見かけることがよくあります。

しかしその理由が「自分よりも先に女性を酔わせて判断力を失わせるため」のような内容だとしたらそのマニュアルはあまり本質的だとは言えません。

デートで女性にお酒を飲ませるのは酔わせるためではないのです。

お酒を飲むことで女性は自分に言い訳ができる

デートで女性にお酒を飲ませたほうがいい理由は、女性がデートであなたとキスしたりしたときに「あのときはお酒を飲んでいたから……」と女性が自分に言い訳ができるからです。

女性は理由が必要な生き物です。踏み込んだ行為をする場合は自分に言い訳ができる理由が必要です。男性は女性のために言い訳の材料を提供しながらリードする必要があります。

社会性の仮面

女性をデートに誘う場合も、

「今度の土曜日、食事でも行こうよ」

と誘うより、

「パスタとお寿司、どっちが好き?」
「パスタかな」
「じゃあ、美味しいパスタのお店知ってるから、一緒にいこう」

のように一度、相手の好きなものを聞いておいてそれに乗っかる形でデートを提案すると、女性がOKしてくれる確率は高くなります。

あなたに誘われた女性は「誰とでもデートする軽い女」とは見られたくはないからです。女性は社会性の仮面を被っているのです。

デートに行く=あなたに好意があります

女性は「食事でも行こうよ」だけだと簡単にOKが出せません。デートに行く=あなたに好意がありますという図式が成立してしまうからです。

しかしそこに「パスタが好きだし、ちょうど食べたかったから」という理由が加わると話は違ってきます。

「あなたを男性として見ているわけじゃないけど、パスタが食べたいから行ってみてもいいかな」

この軽いスタンスです。

女性はこのようなスタンスを取りたがります。だから男性もそれをわかって、女性に来るだけの理由があるような誘い方をする必要があります。

間違っても「当たって砕けろ」のような命をかけた重い誘い方をしてはいけません。女性はそれを怖がります。

女性はあなたと会うことが目的じゃない

女性の立場からすると、あなたと2人で会うこと自体が目的ではなく、

  • 「たまたま観たい映画だったから」
  • 「最近ダーツにはまっているから」
  • 「サッカー観戦とか女の子だけじゃ行かないから」

のように、何でもいいからデートに目的をつけて誘うことであなたの提案を承諾しやすくなります。

女性が「あなたと会うために来たのではなく、○○したくて一緒に行った人があなただった」というスタンスでいられるような配慮ができれば、女性はあなたの提案を承諾しやすくなるのです。

付き合う前と後のデートは違う

デートは付き合う前と付き合い出した後で、分けて考える必要があります。

既に付き合っていれば女性もあなたと2人で会うことが目的になっているので、基本的にどこに行くかはあまり関係ありません。あなたと会いたいから会うのであり、2人で一緒にいることそれ自体が目的の状態です。

しかし付き合う前の段階であれば彼女の好意レベルはここまで高くありません。

あなたと2人で会うこと自体が目的とはなっていないので、いくらあなたが勇気を振り絞ってデートに誘っても簡単にはOKしてくれません。女性にはあなたと会う理由がないからです。

付き合う前のデート

男性が女性をデートに誘うのはそこに好意があるからですが、誘われた女性の好意レベルがどれくらいかはわかりません。

このような場合、相手の女性はあなたと2人で会いたいとは思っていないという前提に立つほうがうまくいきます。過度な期待を持たないということです。

2人きりでなく、複数で遊ぶ提案をすることでハードルが低くなるのはこのためです。
付き合う前は2人きりでなく複数でのデートに誘うべき理由と手順

女性はすぐに好きにならない

女性に理由が必要な訳は、男性と女性では好きになるスピードが違うからです。男性はすぐ一目惚れしますが、女性は余程の事がない限り一目惚れはしません。

このため恋愛の最初の段階では、男性と女性の好意レベルは「男性 > 女性」であることがほとんどです。この状態で2人で会おうとしても温度差があるのでうまくいかないのは当然と言えます。

モテない男性はこの温度差の存在に気付いていないのです。

温度差があるからこそ、女性は言い訳ができる理由が必要になるのです。


女性が言い訳ができるよう配慮したなら、次はあなたの彼女にするために関係を進展させなければなりません。しかし男女の関係になる行動にブレーキがかかってしまうの方はこちらもご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

女性は理由が必要な生き物ですが、付き合う前の段階では、女性にはあなたと会う理由がありません。

付き合う前のデートは、女性が来るだけの理由をつくることで承諾してもらえる確率が上がります。

同様に、デートでお酒を飲ませるのは、関係が進展したとき女性が自分に言い訳する理由になるからです。

▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする