女性に好きバレしないで好意を伝える方法

スポンサーリンク

女性に好きバレしないで好意を伝える方法

好きな女性に好意を伝えるのはもちろん良いことです。伝えなければ恋愛はスタートしません。

しかし、好きバレすることでうまくいくものもうまくいかなくなることがよくあります。

なぜ好きバレするといけないのかと、女性に好きバレしないで好意を伝える方法についてお話しします。

なぜ好きバレするといけないのか?

好きバレというのは、好きな女性に好意があるのを伝わらないようにしていたのがバレた状態ですが、好きバレすると立場が非常に弱くなります。

伝わらないようにしていた好意がバレたことで、あなたは女性に「何を考えているのかわからない人」とカテゴライズされてしまうからです。

そして、「好きなのに言えない(言えなかった)物足りない男性」とジャッジされます。

女性は本能的に、自分より弱い立場の男性に好意を持てないという性質があります。

好きバレという現象は、単にあなたが気まずいだけでなく、正しくやればうまくいっていた女性であっても、うまくいく確率を下げてしまうのです。

男女の温度差

知り合って間もない時期は、

  • あなたの好意レベル > 女性の好意レベル

という状態になっていることがほとんどです。

なぜこの温度差が発生するかというと、男性と女性では異性を好きになるスイッチが違うからです。

男性が女性を好きになるスイッチはON/OFF式なので「カチッ」と一瞬でスイッチが入り好きになります。一方、女性のスイッチはボリューム式で、0からだんだんボリューム上がっていってMAXになったら好きになるというイメージです。

「恋愛は好きになったほうが負け」と言われますが、先に好きになるという点では男性が不利になることが圧倒的に多いのです。

好きバレしないで好意を伝える方法

好きバレしないだけならば、好意を一切示さなければいいのですが、好意を一切示さない男性から食事に誘われたら女性は怖いです。悪い意味でギャップがありすぎます。

好きバレしないで好意を伝える方法としては、冗談か本気かわからない好意を与えることが有効です。

最初から本気の好意を見せると女性は「重い」と感じ距離を取ります。男性と女性では好きになるスピードが違うからです。

女性に好意を示さなければ恋愛はスタートしませんが、

  • あなたの好意レベル > 女性の好意レベル

という状態で男性が超積極的になると狩られる側の女性は逃げてしまいます。

だからあなたは自分の好意レベルがそれほど高くないように偽装する必要があります。本気で好きな女性だからこそ、本気でアプローチしてはいけないのです。

スポンサーリンク

冗談か本気かわからない好意を伝える方法

冗談か本気かわからない好意を伝えるにはどうすればいいのかというと、あなたのキャラ設定を変えることで出来るようになります。

俺は人並み程度に女好きだ

好きな女性には、「俺は人並み程度に女好きだ」というキャラ設定で接するようにしてください。

どういうことかというと、好きバレしてうまくいかなくなる男性は安全人物を装い過ぎていることがほとんどだからです。

「僕は女性をそういう対象として見てないから」

というキャラを通していながら

「今度、一緒にご飯行きませんか?」

と誘うのです。

完全な安全人物として女性と接している男性が突然積極的になるから失敗するのです。腹の中が見えないので、こちらの想像以上に女性がドン引きするのです。

女性に最初から「俺は人並み程度に女好きだ」と認識されていればこの現象は起こりません。

あなたが好意を割とポンポン言ってしまうキャラになってしまえば、誘ってもビックリされる心配がなくなり最終的に好意を上手く伝えられるのです。

冗談か本気かわからない好意を与える会話例

具体的に冗談か本気かわからない好意を伝えるコツは、あなたの好意を笑いに変えるということです。

言葉としては「かわいい」とか「好き」と言っているのですが、本気だと取らせない言い方をあえてしていきます。

脈絡なく好意を示す

  • 「このパスタ美味しいね」
  • 「お前食べてるときだけはかわいいよな」
  • 「この前○○しちゃってさ」
  • 「うわ、かわいくないねー。俺お前のそういうとこ好きなんだよねー」
  • 「この前こんなことあってさー!」
  • 「お前って喋らなければいい女なんだよなー」
  • 「この映画おもしろそう」
  • 「じゃ土曜に観に行こっか? それが無理なら結婚するとか」

脈絡もないところで好意を示すことで本気っぽさが打ち消され、冗談か本気かわからない好意を与えることが出来ます。

女性が真面目に答えるのが馬鹿らしくなるような感じに持っていければ成功です。

これらの会話例では「かわいい」「好き」「いい女」「結婚」といった単語を女性にぶつけていますが、本気だとは受け取られません。だからいいのです。

人間の脳は何かを言われるとそれを想像してしまうように出来ています(「レモン」と言われるとレモンを想像して唾液が出てくるのはそのせいです)。

異性に「好き」と言われたら「本気じゃないな」とはわかっていても、脳はそれに反応して想像してしまうのです。

普段からこのような冗談か本気かわからない好意を与えていれば、万が一好きバレの状態になったとしても「え、もちろん好きだよ。何で?」と返すことができます。

好きな女性に「好き」と伝えることは良いことです。伝えなければ恋愛がスタートしません。

好きバレが良くないのは、好意が伝わることで立場が弱くなるからです。

立場が弱くならないで好意を伝えていくことが重要になります。


7回デートしても女性に好意が伝えられなかった男性がどうなったかについてはこちらをご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする