感情的になった女性の正しい受け止め方

感情的になった女性の正しい受け止め方

女性が感情的になると手が付けれらなくなります。

冷静に話し合えばわかるのですが、それが出来ません。

しかし、すでに付き合っている彼女や奥さんが感情的に爆発したような場合は、冷静にさせるよりもっと効果的な方法があるのです。

感情的になった女性の正しい受け止め方についてお話しします。

合コンに行ったのがバレた場合

まず最初に、1つ質問があります。次のような場合、あなたなら一体どうするでしょうか?

あなたが嘘をついて合コンに行っていたのが彼女にバレてしまいました。

目の前の彼女は感情的になって今にも暴れ出しそうです。

「アンタはどうしていつも嘘ばかりつくの! いい加減にして!! もう本当に信じられないーー!!」

あなたならどんな対応をするでしょうか?

この場合、考えられるパターンは概ね次の4つに集約されます。

  1. 「わかったからとりあえず冷静になれ!」みたいな事を言って、落ち着かせようとする。
  1. 自分は悪くないことを理路整然と説明し、理解させようとする。
  1. ひたすら黙って台風が通り過ぎるのを待つ。
  1. 逆ギレする。

あなたならどうでしょうか?

この中だと、1か2の対応をとる人が多いかと思います。しかし、「女性の感情を受け止める」という観点でみると、上の4つはどれも不正解なのです。

あなたがやるべき正しい対抗は、相手の女性の感情に入り込んで、そのまま包んであげることだからです。

女性の感情に入り込む

多くの場合、感情的になっている女性を前にすると「とりあえず冷静に話し合おう、話せばわかるから」という展開になるわけですが、これはあまりいい対応ではありません。

こんな時は冷静にさせるより、相手の感情に入り込んでしまうほうが効果が得られるからです。

相手が「ギャー!」となっているなら、自分も同じように「ギャー!」というテンションになって同調してしまうのです(逆ギレとは違います)。

「アンタはどうしていつも嘘ばかりつくの! いい加減にして!! もう本当に信じられないーー!!」

「わーかった! わーかったっ!! わーかったからーーー!!!」

などと適当な事を言ってガバーッと抱きしめてあげればいいんです。包み込むんですね。

何がわかったのかというような理屈は関係ありません。

とにかく感情を同調させて、意味不明でもいいからとにかく相手を勢いよく包み込むことが大切なのです。

女性をそのまま包み込む

なぜこんなことをするのがいいのかというと、女性の感情に入り込み、包み込むことが出来るからです。

女性は、あなたが自分の感情に入り込み有無も言わさずガバッと包み込んでくれたことで、戸惑いながらも「嬉しい」という感情が強制的に湧きあがってしまうのです。

人間は感情の共有ができると嬉しく感じる生き物です。ましてや相手は女性です。

どうして感情の共有ができると嬉しいのかわからない場合は、次の例を見てみてください。

感情の共有

感情の共有についてわかりやすい例で説明します。

あなたがサッカー日本代表の試合を見ているとします。

スコアは2-2の同点。しかし、得失点差の関係から引き分けなら予選敗退。勝たなければ決勝トーナメントに進めません。

この状況で後半ロスタイムに長友がゴール前の混戦から抜け出し、こぼれ球をゴール隅に押し込みました!

起死回生の決勝弾に思わずあなたはTVに向かって叫びます。

「ナガトモォーー!!」

そんな時に隣にいた彼女が、

「……(は? 何が面白いの)」

みたいな反応をしたらどうでしょうか?

これとは逆に、

「ナガトモォーー!!」
「キャーーーーーー!!!」

と、あなたと一緒になって絶叫してくれたらどうでしょうか?

このように、人というのは自分の感情を相手に共有してもらうのが嬉しい生き物なのです。

ケンカした後のエッチは燃える

ケンカした後のエッチは燃える、と言う話を聞いたことがあると思いますが、これも同様の現象です。

ケンカは怒りの感情のぶつかり合いですが、それでも感情が同調する瞬間はあるからです。

しかし、ケンカの場合は怒りですが、「相手の感情に入って包み込む」場合、そこにある感情は愛情です。

「おおそうか、君は怒っているのか!OK、OK!それでいい!!」

 → そして、ガバーーーッ!!

つまりこれは愛情表現なのです。

だから女性はこれにより自分が怒っていた理由よりも、あなたが自分の感情を理解して愛情で受け止めてくれたという事実に重きを置いてしまうのです。

逆に、状況を冷静に分析して、「俺は冷静だ、お前も冷静になれ。冷静になったら、よし話せ」というのは、全く相手に入り込んであげていません。つまり女性を受け止めてあげていないということになります。

これでは女性は余計に冷静さを欠いてしまいます。火に油を注ぐ行為です。

あなたのやるべきことはこんなことではなく、女性の感情をそのまま受け止めてしまうことなのです。


7回デートしたのに、感情的な女性の受け止め方を間違えた男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

女性が感情的に爆発したときは、女性の感情に入り込んで、そのまま包んであげることが有効です。

人間は感情の共有ができると嬉しく感じる生き物だからです。

感情を共有してもらった女性は、自分が怒っていた理由よりも、あなたが自分の感情を理解して愛情で受け止めてくれたという事実に重きを置いてしまうのです。

▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

こちらの記事も読まれています