薄毛・ハゲというだけで恋愛を諦めなくていい理由

薄毛・ハゲというだけで恋愛を諦めるな
薄毛・ハゲだからモテないと諦めている男性は多いです。

しかし恋愛では、ハゲだけがモテない理由とは限りません。あなたはハゲ以外は完璧なんですか?

まずは、女性が言う「ハゲは嫌」の正しい意味と、あなたが「モテない」と思い込んでいる薄毛の正体を正しく知ってください。

薄毛・ハゲというだけで恋愛を諦めなくていい理由についてお話します。

「お洒落な薄毛男性」と「みっともない薄毛男性」

薄毛・ハゲというだけで恋愛を諦めなくていい理由は、ハゲには「お洒落な薄毛男性」と「みっともない薄毛男性」の2種類があるからです。

恋愛において「お洒落な薄毛男性」と「みっともない薄毛男性」をひとくくりにして考えてはいけないのです。

一部の女性を除き、女性がハゲが嫌だと言っているのは、みっともない薄毛男性を指しています。

実際に、このように言っている女性もいるわけです。

確かに世の中には、ハゲというだけで絶対にダメという女性もいます。しかし、そんな女性はイチローも渡辺謙さんもダメと言っているわけです。お前は何様だ?という感じです。こんな女性は相手にしなくていいです。

ハゲたら、潔く短髪にして、清潔感のあるお洒落な薄毛男性になればいいのです。

モテない理由はハゲだから?

ハゲがダメという女性や、ハゲたらモテなくなると恐れる男性の99%は、「みっともない薄毛男性」をイメージしています。

みっともない薄毛男性というのは、具体的には次のような人のことです。

  1. 横の毛を伸ばして上に持ってくるバーコード
  2. 少ない前髪を伸ばしているスダレ
  3. よれよれのスーツを着ている
  4. スポーツ新聞を読んでいる
  5. 仕事ができなさそう
  6. ネガティブな雰囲気
  7. 貧乏くさい

駅のホームや立ち飲み屋で見かけるような、薄汚いサラリーマンのことです。確かにこれではモテないでしょう。

しかし、よく考えてみてください。

この男性がモテないのは、本当に薄毛のせいなのでしょうか?

3~7だけで十分モテません。これで髪の毛がフサフサだったとしてもモテないでしょう。

しかし、多くの男性はハゲたら自動的にこんな男性になってしまうとイメージして恐れているのです。

もうおわかりのように、1~2は潔く短髪にすれば回避できます。そして3~7は自分の心がけ次第で回避は可能です。つまり、モテない理由はハゲだからではないのです。

清潔感のあるお洒落な薄毛男性

もしあなたがハゲてしまったら、清潔感のあるお洒落な薄毛男性になってください。

髪は潔く短髪にするか、坊主の二択です。そして、髪の毛があったときよりもファッションに重点を置いてください。

「ハゲなのにお洒落なんかしても…」と考えてはいけません。ハゲだからより一層お洒落するのです。

お洒落なファッションに身を包むことで、女性の視線を分散させることが出来ます。

髪の薄さ以外にも目につく箇所をつくることで、「ハゲてる人」ではなく「お洒落な人」と女性に認識してもらえるようのなるのです。

首を鍛えろ!!

清潔感のあるお洒落と合わせて、薄毛の男性に絶対にお薦めしたいのが、首を鍛えて太くすることです。

首の太さがないと、かっこいいハゲには見えないからです。

世の中にはかっこいい薄毛・ハゲの男性がいることはおわかりだと思います。注意して見てほしいのですが、それらの男性は例外なくある程度マッチョで首が太いはずです。

例:傑山を演じる市原隼人さん

市原隼人さんは確かにイケメンですが、もし市原さんの首が細くてひょろ長かったとしたら、かなり印象は変わると思います。

坊主で首が細いと電球みたいだし、弱々しい印象になるので男性らしさに欠け、坊主が似合わなくなります。

薄毛の人は今すぐ首を鍛えることをお薦めします。

オープンハゲは注意が必要

薄毛は隠そうとするより、オープンになったほうがいいと聞いたことがあると思います。

これは確かに正解ですが、薄毛を自分からネタにすればいいと思っている人は少し注意が必要です。

オープンと自虐は違うからです。

薄毛を気にしてないように装い、自虐的な意味で薄毛を話題にするのがオープンではないのです。

真のオープンハゲというのはどんなものかというと、もし誰かに「君はハゲだね」と言われたとしても、少しも感情を動かされずに、

「俺はハゲだが、それがどうした?」

という、微塵もブレないマインドを持つ男性のことを言います。

これは、「君は目が2つあるね」と言われて、

「俺は目が2つあるが、それがどうした?」

と答えるのと同じということです。

真のオープンハゲになるには、上記の「ハゲ」と「目が2つ」が完全に同等になっていなければならないのです。

感情が動くのは気にしている証拠です。

「君は目が2つあるね」と言われても「見ればわかるだろ。何故わざわざそんなことを気にするんだ?」としか思わないように、「ハゲは見ればわかるだろ。何故わざわざそんなことを気にするんだ?」と本気で思えるようになることが重要です。

帽子について

薄毛の人でも、もちろん帽子を被ってOKです。

ただし、「俺はハゲだが、それがどうした?」マインドをマスターしていることが前提になります。

どういうことかと言うと、薄毛の人が帽子を被ると帽子をとったときにマイナスのギャップが発生するからです。特に初対面の場合は顕著です。

帽子がマイナスなのではなく、帽子で薄毛を隠してるんだと思われることがマイナスなのです。

ですので、帽子の是非を論じる前に、まずは「俺はハゲだが、それがどうした?」マインドをマスターしましょう。また、真のオープンハゲなら、ハゲを隠すために帽子を被ろうとは思わないはずです。

「帽子は好きだから被ってるんだ、それがどうした」
「こんなに暑いんだから帽子くらい当たり前だろ」

問題は帽子うんぬんではなく、あなたのマインドにあるのです。


いかがでしたか?

一部の女性を除き、女性がハゲが嫌だと言っているのは、みっともない薄毛男性を指しています。

「お洒落な薄毛男性」と「みっともない薄毛男性」をひとくくりにしてはいけません。

薄毛になったら、潔く短髪にして、清潔感とお洒落に気を使い、首を鍛えることをお薦めします。

その上で「俺はハゲだが、それがどうした?」という強いマインドをマスターするようにしてください。

▼---おすすめ無料メール講座
▼---LINEが続かなくて困ってませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています


▼---どうしても付き合いたい女性がいるあなたへ
▼---女性心理と返信率を上げるメッセージとは?