同棲の生活費の分担は?同棲を成功させるコツ

同棲の生活費の分担は?同棲を成功させるコツ
同棲生活費はどう分担すればいいでしょうか?

男性は同棲すれば面倒も減ると思いがちですが、同棲は予想外の問題の連続。お金の問題で彼女と揉めることもあるでしょう。

ここでは、同棲の生活費の分担と同棲を成功させるコツをご紹介します。

同棲の生活費は出し合ったほうが良い

同棲の生活費については、彼女も働いている前提ですが、基本的に結婚するまではお互いに分担して出し合ったほうが良いです。

出し合うというのは、必ずしも半額ずつという意味ではありません。二人で話し合って自分たちに合った比率で分担するという意味です。

男性だからといって全額負担する必要はありません。扶養家族でもない同棲中から男性が全額負担していたら結婚後に不安が残ります。後から面倒なことにならないためにも、格好つけずに生活費は出し合ったほうがいいでしょう。

共用財布を作ろう

同棲がスタートしたら、まずは共用財布を作りましょう。

毎月、例えば5万円ずつお互いが共用財布に入れていくのです。二人のデート代、食費、雑費などを共用財布から出すことで、後で精算する必要がなくなります。

二人で一緒のときにかかる経費が一目瞭然になるので、結婚後の家計のイメージも湧きやすくなるでしょう。

ただし、お互いの稼ぎによって、出す金額は変えて構いません。例えば、彼女があなたより収入が少ない場合は、同じ額では不公平です。あなたが7万円、彼女が3万円などのように、実態に即して決めてください。

いずれにしても、格好つけて全額男性が負担するのは間違いです。それだと女性は、外食のときに好きなものが頼めなくなり「安いものを頼まなくちゃ」という気分になるのでやめておきましょう。

経費によって分担する方法

共用財布は二人で利用するお金ですが、その他にも家賃や光熱費など色々かかります。これらも共用財布から出してもいいのですが、それでは少し面倒です。

その場合、家賃はあなた、光熱費は彼女が負担などのように決めておけば楽かもしれません。何をどう分担するのかはカップル同士で話し合ってください。

その他個人で使うお金はそれぞれの財布から出すようにしましょう。同棲の段階で、どちらかが完全に家計を握らないようにしたほうがカップルはうまくいきます。

なぜかと言うと、お小遣いをもらう側が自分が稼いだお金を自由に使えなくなり、不満を感じてしまうからです。

お金で揉めるような関係は長くは続かない関係です。お金が原因で二人の心が離れていかないようにすることが大切です。

彼女の金銭感覚をチェック

とはいえ、結婚目前の同棲ならシミュレーションしてみるのはアリです。

お金にルーズな女性もいます。彼女に家計を任せて自分はお小遣いをもらい、家計管理が出来るかどうか試してみてください。その際、家計簿をつけてもらうことを忘れずに。それをチェックして彼女の金銭感覚を確認してください。

結婚後も家計を任せられるのか、結婚相手として適切かの判断ができるかもしれません。

家事の分担はどうする?

生活費に続いて問題になるのが家事の分担です。

二人とも働いているからといって、完全に分担してしまうと男性には負担が大きくなることが多いです。

次の点に注意してみてください。

得意分野で分担

格好つけて家事は完全に分担にしようと提案しないようにしましょう。

なぜなら、女性は学生時代から料理などしていて、男性よりは得意なことが多いです。女性が夕飯を作れば30分で済むところが、男性だと一時間以上かかることもあります。仕事の都合で結局出来ないことだってあるでしょう。

最初に明言するから彼女から不満が出ます。最初から洗濯と料理は彼女に任せて、あなたは掃除とゴミ捨てを担当するなど、出来ることを提案してください。

あなたと彼女の得意分野に応じて、家事を分担するほうがうまくいくでしょう。

責任範囲を明確に

家事の責任範囲を明確にしたら、お互いの領域を侵害しないことが大切です。

彼女の料理がまずくてもダメ出しは禁物。掃除が行き届いていないからと文句を言わないようにしましょう。それが同棲生活を成功させるコツです。

もちろん、お互いの仕事の事情で家事が出来ない日があるのは当然です。そんな場合はお互いに気遣い、「俺がやっておくよ」と一言断ってからやるようにしましょう。

くれぐれも彼女が担当する家事を無断でやらないようにしてください。

ダメ出しされるよりも腹が立つので、彼女が不機嫌になる可能性があります。

同棲で彼女を気遣うポイント

最後に、同棲で彼女を気遣う際に、男性がやりがちな間違いについてお話します。

よくあるのが彼女の体調不良の場合です。

彼女から「風邪引いたからご飯作れないかもしれない」という連絡が入ったとします。ここで男性が犯しがちなミスが、

「食べて帰るから無理しないで」
「無理しないで簡単な夕飯でいいよ」

のような言葉を言ってしまうことです。これは、彼女を気遣っているようで気遣っていない心理の現れです。

なぜかと言うと、彼女は体調不良を訴えています。あなただけ外食したら彼女は何も食べられません。自分が食べて帰ればいいとしか思わないのは、彼女の気持ちを少しも考えていない証拠なのです。

彼女から体調不良の連絡が入ったら、

「何か食べたいものある?俺が買って帰るよ」

と言いましょう。

体調不良があまりに続くようなら、市販薬だけではなく病院に連れて行ってあげてください。

いかがでしたか?

同棲の生活費の分担はカップルによって比率が変わります。男性だけが負担する行動は控えてください。

女性が心苦しくなりますし、結婚前に女性にサボる癖がついてしまいます。結婚後も節約上手な彼女なって欲しいならお金の大切さは実感してもらうべきです。

同棲と結婚は違います。まだ別れる可能性があることを念頭に置き、喧嘩の種は取り除いておきましょう。