女性優遇社会で幸せに恋愛する方法

女性優遇社会で幸せに恋愛する方法
昨今の日本は、一時の女性蔑視の風潮が弱まり、女性優遇社会ができつつあるようです。

もちろん、某医学部のような女性蔑視の風潮も一部では残っています。しかし、私たちが生活するスペースでは女性優遇の風潮があからさまに感じられるでしょう。

ここでは、そんなあからさまな女性優遇社会で幸せに恋愛する方法として、男性の心構えについて解説します。

あからさまな女性優遇社会とは?

あからさまな女性優遇社会と聞いて、違和感のある人もいるかもしれません。

ここでいう女性優遇社会とはどういう社会のことを指しているのか最初にご紹介します。

女性専用車両

朝の通勤ラッシュ時に「女性専用車両」なるものが運行されています。その車両だけが比較的空いていたりすることもあり、女性だけずるいと感じる男性もいることでしょう。

痴漢防止のための措置とはいえ、同じ料金を払っているのだから同じように満員電車に揺られるべきだと感じても不思議ではありません。

まるで男性がみんな痴漢のように扱われている点も不快です。女性だけが過剰に優遇されているように思うのも当然です。

レディースデー

女性優遇社会と聞いて連想する人が多いのが、「水曜日はレディースデー」などの女性限定サービスの多さです。

企業がお得意様として優遇しているわけですが、同じ客なのだから、男性にも同じ価格で提供してほしいと感じる人も多いでしょう。

セクハラ

会社などで、女性は男性に暴言を吐いても笑って済ませることができます。

「ハゲ」「チビ」などの暴言は、明らかに女性から男性へのセクハラです。しかし、女性は咎められることがありません。

一方、男性が女性を「胸大きいね」と褒めたとしたら、セクハラとして処罰の対象になってしまいます。これを不公平だし女性優遇だと感じる男性もいることでしょう。

生理休暇

会社にある休暇で納得できないのは生理休暇です。

女性の生理痛は男性にはわからないほど辛いもの。確かにそうかもしれませんが、男性だって、体調が辛いことはあります。

しかし、生理休暇が認められるのは女性だけ。女性優遇に感じられても不思議はありません。

女性は無料

出会い系や合コン、婚活パーティーなどでは、女性は無料の場合がよくあります。

結婚式の二次会なども女性のほうが割安です。

女性に多く参加して欲しいからの措置ではありますが、同じ物を飲食しているにもかかわらず、女性が安いのは納得できないケースもあるでしょう。

女性優遇社会で幸せに恋愛する方法

最近の女性優遇社会の特徴は上記のようなものですが、このような社会で「女性だけずるい!」と考えても、男女の対立を深める結果にしかなりません。

そうではなく、女性優遇をポジティブに捉えるほうが幸せな恋愛に繋がります。

女性優遇社会で幸せに恋愛するためには、次の4つのマインドセットをインストールし、女性優遇をポジティブに捉えることをお薦めします。

女性は守られるべき生き物だと思え

女性優遇の理由を見てみると、女性を守るための措置だということは理解できるはずです。つまりは、女性は社会的に弱い生き物なのです。

女性は社会的に生きていくために守られるべき存在なのだと、自分を高めた物の捉え方をしてみましょう。

口に出して言ったりしてはいけませんが、これはマインドセットの話です。

少しは気が楽になってくるはずです。

女性が生きる世界を理解せよ

女性は、痴漢に遭えば恐怖と恥辱を味わいます。

昇給するチャンスも、結婚することを想定して男性より少ない会社が多いです。女性の方が給料が少ないケースもあるでしょう。「これだから女性は」と女性蔑視の発言をする上司もたくさんいます。

これが女性の生きる世界なのです。

このことを理解するだけでも、レディースデーや女性専用車両の意味が少しは理解できるのではないでしょうか?

全ての女性が当てはまるわけではありませんが、あなたが恋愛する女性もこのような女性かもしれないと考えてみてください。

自ずと、女性優遇社会でも仕方がないと感じられてくることでしょう。

女性の社会的な命は儚い

女性はやがて結婚して子どもを産む可能性が高いはず。女性が社会人として生きていく人生は儚いもの。どんなに女性優遇社会であぐらをかいていたとしても、すぐにその地位を追われてしまいます。

ですから、一時的な女性の輝きなのだと理解してください。いつまでもその地位にいられる女性は少ないのです。

短い社会的な人生の中で少しくらい優遇を受けてもあなたに損はないはず。小さなことを気にする男性は器が小さいと捉えられてしまいます。

大きな器で「そのくらい当たり前!」という心構えが必要です。

「僕が守ってあげる」マインドで頼りがいを与えよ

そんなちっぽけな女性優遇社会であぐらをかいている女性は弱い生き物です。

「社会的に生きやすいように僕が守ってあげるよ」のマインドで恋愛をすることで、あなたは器が大きく、頼りがいのある男性に見られるでしょう。

そしてそのマインドで好きな女性を落とし、守っていくのです。

そうすることで、幸せな恋愛へと発展できることでしょう。


7回デートしたのに、女性優遇社会に反感を持っていた男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

女性優遇社会は現代の日本においてはどんどん拍車がかかるかもしれません。その方が男女双方に利益があるからです。

女性専用車両がなければ、痴漢の冤罪に巻き込まれるリスクは男性にも高くなってしまいます。女性だけではなく、男性をも守る措置なのだと理解しましょう。

そして女性は男性なくしては生きていけない弱い生き物だというマインドで恋愛をすることで、あなたの価値も高まっていきます。

幸せな恋愛を行う上では大事なマインドになるでしょう。

▼---おすすめ無料メール講座
▼---LINEが続かなくて困ってませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています