男性がよくやる間違ったファッションの変え方4つ

男性がよくやる間違ったファッションの変え方4つ
女性にモテるために、まずファッションを変えることは重要です。

しかし、元々お洒落に関心がなかった男性は何を着ればいいのかわかりません。

間違った方法でお洒落になろうとするので、頑張ったのに残念なファッションになってしまうことがよくあります。

男性がよくやる間違った4つのファッションの変え方についてお話しします。

スポンサーリンク

雑誌を読んで勉強する

モテない男性がファッションを変えようとしてよくやる間違いが、雑誌を読んで勉強することです。

ファッションに関心を持つのは大事ですが、初心者が雑誌を参考にするのはよくありません。モデルが似合っている服を着ても、あなたがカッコ良くなるとは限らないからです。

初心者が雑誌を参考にするのは、あなたがモデル並みの体型ならアリかもしれません。

しかし、ファッション雑誌のモデルはスタイルがいい人ばかりで外国人の場合もあります。そんなものが参考になるはずがないのです。

逆に、いかにも冴えない中年太りのおっさんが出ている雑誌なら参考になるはずですが、そんなものはどこにも売っていません。

一人ひとり顔も体型も違うのですから、あなたに似合う服を着なければ意味がありません。

だから、初心者は雑誌を参考にしてはいけないのです。

店員に選んでもらう

何を着ればいいのかわからないから店員に選んでもらおうとする人もいますが、これは危険です。

なぜかというと、店員が考えているのは「在庫管理」だからです。

Tシャツを例に説明すると、Tシャツの中で一番売れるのは黒いTシャツです。しかし、服屋としては黒いTシャツだけというわけにいかないので、カラーバリエーションとして赤や黄色のTシャツも在庫する必要があります。

でも実際に売れるのは黒いTシャツだけで、赤いTシャツはほとんど売れません。

そこで必要になるのが「在庫管理」です。

黒いTシャツを手に取ったお客さんに、

「黒いTシャツはいくつも持ってますよね?赤も一枚あると結構使えますよ!」

と声かけするのです。

売れ筋の黒いTシャツは誰でも売れます。優秀な店員というのは、売れない赤いTシャツを売れる店員のことを言うのです。

このような在庫管理が出来るかどうかも店員としての評価につながります。

だから服屋の店員が薦めてくるアイテムは単なる不動在庫である可能性が極めて高いのです。

スポンサーリンク

知り合いの女性に選んでもらう

自分では女性受けのいい服がわからないので、女性に選んでもらおうとする男性がいます。

考え方としては間違いではありません。しかし、それでも女性に服を選んでもらうのは控えたほうが賢明です。

女性に選んでもらうと必ずその人の好みが入るからです。

どういうことかというと、女性の中には、

「男性はスーツ姿が一番ステキ!」

という人もいれば、

「デートにジャケットや革靴で来ないでほしいわ!」

という人もいるわけです。前者と後者では全然違うコーディネートになるはずです。

もしあなたが服を選んでもらう女性が、

「ピンクを着てる男性って素敵だな」

という女性だったらどうなるでしょうか?

間違いなくピンクを着せられます。

たまたまあなたがピンクが似合えばいいですが、そうでないと悲惨です。たとえ似合っていても別の女性に受けがいいとは限りません。

スタイリストの女性が知り合いにいるならいいのですが、そうでない女性に選んでもらうのは危険が大きいと言えます。

マネキン買い

一部で推奨されていますが、マネキン買いも注意が必要です。

マネキンの中には「こんな格好する奴いねーよ」というコーディネートをしているものが数多く含まれているからです。マネキンはお洒落のお手本ではないのです。

そもそもマネキンは服屋がそれを見た人に「お、あんなのあるんだ!」と思わせて店に入ってもらうためにあります。

要するに集客ツールなので、必然的に目立つアイテムが増えるのです。

つまり、マネキンの中には、

  • 主張の強いジャケット
  • 主張の強いシャツ
  • 主張の強いインナー
  • 主張の強いパンツ
  • 主張の強いベルト
  • 主張の強いハット
  • 主張の強いバッグ

という、全身が主役級というありえないマネキンが存在するのです。

店の狙いとしては、どれでもいいから誰かの目に留まって、店にはいってくればOKなのです。しかし、初心者はそれが見抜けません。マネキンだからあれがお洒落なんだと思い込みます。

マネキンは、お客さんが少ない日だと1日5回も替えたりするし、雨が降ってきても替えます。

目的は「マネキンを見てお客さんが店に入って来ること」です。マネキンは必ずしも正しいコーディネートの見本を見せてくれるわけではないことを知っておきましょう。

では、ファッションを変えるにはどうすればいいかというと、パーソナルスタイリストをお薦めします。パーソナルスタイリストについてはこちらの記事の後半をご覧ください。
中身で判断してほしい男性が今すぐやるべきこと


7回デートしたのに、間違ったファッションをしていた男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

まとめ

男性がよくやる間違ったファッションの変え方4つ

  1. 雑誌を読んで勉強する
  2. 店員に選んでもらう
  3. 知り合いの女性に選んでもらう
  4. マネキン買い
スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---LINEが続かなくて困ってませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています


▼---どうしても付き合いたい女性がいるあなたへ
▼---都会向けのデート戦略が使えない地方民のあなたにおすすめ
▼---女性心理と返信率を上げるメッセージとは?