モテる男あるある!ゲットしてから付き合うかどうか考える

モテる男あるある!ゲットしてから付き合うかどうか考える
モテる男あるある」はモテない男性にとって残酷です。

しかし、モテる男あるあるを知ることで、真面目な女性がチャラ男と付き合う仕組みがわかります。

誠実な男性がモテる男の習慣を取り入れることは、女性にとっても幸せなことです。

モテる男のあるある要素をぜひ取り入れてみてください。

ゲットしてから付き合うかどうか考える

モテる男性の最大の特徴は、女性をゲットしてから付き合うかどうか考えることです。

逆に言うと、付き合う気はなくても男女の関係にはなるということです。

これは、モテない男性からすると非常識極まりない行為ですが、実際にゲットされてしまう女性がいるのだから仕方ありません。別に力ずくで無理やりしているのではないのです。

こうして恋愛カーストが形成され、モテる男性とモテない男性の二極化が進行していくわけですが、問題はゲットされた女性が「付き合っているからエッチした」と思っている場合があることです。

真面目な男性が、何か月も(場合によっては何年も)想い続けている女性が、そんな男に簡単にゲットされている現実があります。

この事態を避けるためには、そんな男よりも先にあなたがゲットしてあげる必要があるのです。

あなたがモテるようになることは正義なのです。

とりあえず行ける所まで行く

モテる男性は、知り合った女性とは、とりあえず行ける所までは行きます。

モテる男性は、その女性が好きだから口説いているのではありません。とりあえず行ける所まで関係を進展させているだけなのです。

好きじゃない相手だからこそ、冷静さを保ちミスも少なくなるので、付き合える確率が高くなります。だからこそ彼らの周りには常に女性がいて、「あいつはモテる」と認識されているのです。

「僕の好きな女性は真面目だから大丈夫」と思った人もいるかもしれませんが、そんなのは関係ありません。

真面目な女性ほど、ゲットされた相手のことを「運命の人」と思い込む傾向があります。だからこそあなたが最初にゲットしてあげなければならないのです。

7回デートしたのに、行ける所まで行こうとしなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

人生を女性中心に最適化

モテる男性は、人生を女性中心に最適化しています。

さいたま新都心の会社に勤めるナンパ師の実話を紹介します。

この人は、会社のあるさいたま新都心の隣の駅に住んでいて、休日は原宿でナンパをしていました。

しかし、移動に時間がかかるし、ホテル代も大変ということで、なんと原宿に引っ越してしまいました。毎日の通勤を犠牲にしてでも、女性中心に環境を最適化してしまったのです。

こんな一見バカみたいなことを、モテる男性は当たり前のようにしているものなのです。

モテる男性とモテない男性では、覚悟が違うのです。

掃除・洗濯・炊事をする

意外かもしれませんが、モテる男性というのは、掃除・洗濯・炊事をきちんとやっています。

女性にモテるためには総合力が必要ということを、モテる男性は知っているのです。

掃除

モテる男性は自宅をホテル替わりに使うので、掃除は必須です。水回りは特に重点的に掃除しておきましょう。

女性を部屋に呼ぶにあたり狭いとかは問題になりません。「今は一人だから節約してる」と言えばいいです。

最近、恋愛はコスパが悪いと文句を言う人が増えていますが、そのほとんどはモテない男性です。恋愛に使うお金がないなら、お金を節約する方法を考えて実行してください。

モテる男性はセルフマネージメント能力にも優れているのです。

洗濯

洋服は恋愛における「戦闘服」のようなもので、明日デートで着る予定の服が万が一着れなくなってしまったら戦闘力が下がってしまいます(ターゲットの女性に受けがいい服を着ている必要があるという意味です)。

週刊SPA!にも時々出ているナンパ師のボンバー功さんは、大事な洋服は自分で手洗いしています。

洗い桶で中性洗剤で洗って、角が丸くなっているハンガーに干すそうです。

180cm以上あるボンバーさんが風呂場で洋服を手洗いしているわけですから、モテる人は見かけによらないものです。

炊事

モテる男性は、家でたこ焼きパーティーをするのが好きです。

女性を家に呼ぶ口実に使えるからです。たこパは自分でつくるから楽しいわけで、外で買って食べたら意味がありません。

女性を自宅に呼ぶには「理由」が必要ですが、女性は食べることが好きなので、たこパは強力な理由になります。

ただしこれは、パーティーするほどたこやきが好きという設定ですので、あなたがたこ焼きをつくれなかったら話になりません。

たこ焼きがつくれる程度には自炊が出来るようにしておいてください。

女性は青のりが歯に着くことを嫌がるので、青のりは使わないようにしてください。

「俺、青のり嫌いなんだよねー」と言っておけば大丈夫です。


7回デートしたのに、ゲットしてない状態だった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

まとめ

モテる男あるある!ゲットしてから付き合うかどうか考える

  1. ゲットしてから付き合うかどうか考える
  2. とりあえず行ける所まで行く
  3. 人生を女性中心に最適化
  4. 掃除・洗濯・炊事をする