好きな人が出来ない女性を好きになったらどうする?

好きな人が出来ない女性を好きになったらどうする?

好きな人が出来ない女性がいます。

人を好きになる感情がわからない女性です。しかし、好きな人が出来ないのと好きな人が欲しくないのは違うので、付き合うことは可能です。

ここでは、好きな人ができない女性を好きになったらどうするべきかについてお話します。
 

好きな人が出来ない女性の特徴

どうして好きな人ができない女性が存在するのでしょうか?

この手の女性は男友達が多く、正直なところ男友達がみんな好きなので特別な感情を抱きにくい性質があります。男性と2人で出掛けることに慣れているので、特に好きな人がいなくても不便に感じないのです。

特別なきっかけがない限り異性として意識しないので、ボディタッチくらいでは男性として見られません。

しかし、そんな好きな人が出来ない女性にも恋愛したい心はあります。男友達とじゃれることに慣れているため、むしろ恋人関係に憧れているのです。

「この人が好き!」という感情がわきにくいのが悩みです。ただし、これは異性を意識出来ないことが原因なので、男性を意識する特別なシチュエーションなどがあれば恋愛感情を抱くことは出来ます。

好きな人が出来ない女性を好きにさせる方法

好きな人が出来ない女性を好きにさせるために、次の3つのことを意識的に行うようにしてください。

「俺は女としてお前を見てるよ」

好きな人が出来ない女性に対してあなたがやるべきことは、早い段階で「俺はお前を女として見てるよ」ということをわからせることです。

この手の女性はおおらかで、男女とも分け隔てなく接します。そのため恋愛感情がわかないので何もしなければ友達どまりになります。

だからこそ、「俺はお前を女として見てるよ」ということを、女性の本能にわからせる必要があるのです。

そのために効果的なセリフがこれです。

「俺は女としていいと思わなければ、そもそも仲良くなろうと思わないけどね」

または、

「俺は女としていいと思わなければ、そもそも食事に誘ったりしないけどね」

友達同士の会話の中で、このようなセリフを入れ込むようにしてください。

また、2人で食事しているのであれば、

あなた「このパスタ美味しいね」
女性「うん」
あなた「やっぱ、好きな人と食べると美味しいのかな」
あなた「このパスタ美味しいね」
女性「うん」
あなた「お前って食べてる時だけは可愛いよな」

などのような、冗談か本気かわからない好意を伝えていくことも大事です。

普通の男友達なら言わないような、適度に踏み込んだ会話をしていくようにしてください。

「デートいつにしようか?」

特に注意が必要になのが、好きな人が出来ないタイプの女性は、2人で出かけただけではデートだと思ってくれない点です。

そのため、デートに誘う際にも「デート」という言葉を前面に出してください。

食事に誘うのであれば、

×
「ご飯行かない? いつにする?」

ではなく、


「デートいつにする? ご飯行こうか?」

と言うようにしてください。

デートという単語を出さないと、ただ友達と食事するとしか思ってもらえません。その状態が続いてしまうと、確実に男友達どまりになります。

※7回デートしたのに、女性はデートだと思っていなかった男性の末路はこちらに詳しく書いてあります。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

「俺は人並み程度に女好きだ」

好きな人が出来ない女性は、普通にしていると男友達として仲良くなってしまいます。その状態が長くなればなるだけ彼女にするのは難しくなってしまいます。

それを回避するためには、

「俺は人並み程度に女好きだ」

ということを言葉で伝えてしまうことが効果的です。

女性から見た男友達というのは、「自分を性的な目で見ていない人」であり「そういうことをしてこない人」です。

あなたはそれを逆手に取って、「俺はそういうことをしてくる人だ」と、宣言した上で親しくしていってください。

好きな人が出来ない女性に対する注意点

好きな人が出来ない女性に引かれてしまう、多くの男性がやりがちな注意点があります。

次のことをやらないように細心の注意を払ってください。

豹変しない

好きな人が出来ないタイプの女性を彼女にしようとして失敗する原因は、ほとんどの場合、男性が「豹変」してしまうことです。

どういうことかと言うと、

  • 女性はあなたを友達と見ている
  • あなたは女として見ている

このような認識のズレがあるのに、男性が業を煮やして踏み込むから、女性がドン引きしてしまうのです。

この現象を避けるために、日頃から「俺は女としてお前を見てるよ」ということを相手の女性にわからせておくことが重要になります。

部屋にあげてくれた場合

同様に、女性が部屋にあげてくれた場合も注意が必要です。

多くの男性は、女性が部屋にあげてもらったら「これはOKということだな!」と思い込みますが、好きな人が出来ない女性は、あなたを「男として見てない」から部屋にあげてくれています。

あくまで「そういうことをしない人」だから部屋に呼んだのです。これを勘違いしてはいけません。むしろ男女の関係を意識していたら、簡単に部屋にあげたりしないのが女性です。

ただし、普段からあなたが「俺は人並み程度に女好きだ」と伝えているなら、話は別です。あなたが「女として君が好きだ」ということを匂わせている男性なら、女性は部屋へあげる前に付き合ってもいいか考えるからです。

好きな人が出来ない女性に対しては、1にも2にも「俺は男でお前は女だ」という前提で接することが大切になります。


7回デートしたのに、「俺は女としてお前を見てるよ」と伝えていなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

好きな人が出来ない女性は男友達が多く、友達はみんな好きなので特別な感情を抱きにくい性質があります。

友達どまりにならないために、「俺は女としてお前を見てるよ」と伝えていくことが大切です。

好きな人が出来ない女性に対するよくある失敗は豹変してしまうことです。部屋にあげてもらったような場合でも、相手の女性と認識のズレがないかどうか確認するようにしてください。