偉そうな男は頼りがいがない!頼りがいのある男性になる方法

偉そうな男は頼りがいがない!頼りがいのある男性になる方法

女性は男性にある程度の頼りがいを求めます。

しかし頼りがいを出そうとして、偉そうな男になってしまう男性が少なくありません。方向性が間違っているのです。

頼りがいを出すことと偉そうになることは違います。

女性に頼りがいを与えようとする男性によくある3つの勘違いと、本質的な意味で頼りがいのある男性になる方法についてお話します。

頼りがいを与えようとする男性によくある勘違い

まず最初に、女性に頼りがいを与えようとする男性によくある勘違いについてお話しします。

これをやってしまうと、頼りがいどころか頼りがいのない男性になってしまうので注意するようにしてください。

偉そうにする

頼りがいを出すために、過剰な優しさや思いやりが邪魔になることはあります。

しかし、これが間違った方向に進むと、単なる偉そうな奴になってしまいます。頼りがいどころかただの感じの悪い男性です。

男性らしく見せることと乱暴な言葉遣いをしたり尊大な態度をとることは違います。

こんな人はいないと思いますが、女性の前だからといって店員さんやタクシーの運転手さんに偉そうな態度を取ったりするのは論外です。女性にドン引きされることは間違いありません。

自分の主張を押し付ける

頼りがいを出そうとして、自分の主張を女性に押し付けてしまうのは良くありません。

確かにデートのときに「何食べたい? 君の行きたい所ならどこでもいいよ」のように女性に店を決めさせるのは最悪です。

しかし、だからといって自分の主張を相手の女性に押し付けてしまうのは間違っています。

頼りがいを出そうとすると「リードしなければ」という意識が強くなりますが、リードした経験が少ない男性が無理して頑張ると「ここ行くぞ!」「これやるぞ!」となってしまうことがあります。

あなたが自分の主張を押し付けてしまうと女性の好意は下がります。これは恋愛感情というより人としての問題です。

女性に命令する

女性に幻想を抱き、崇めてしまうのは頼りがいが全くない状態ですが、それを隠そうとして女性に命令口調になってしまう男性がいます。

しかし命令口調になることで頼りがいを感じてくれることはまずありませんし、女性の好意レベルが上がることも余程の例外を除いてまずありません。

女性は基本的に、どうでもいい男性にはSで、好きになった男性に対してはMだからです。

頼りがいのある男性になる方法

次に、頼りがいのある男性になる方法としては、堂々とした強いボディランゲージを身に付けることをお薦めします。

実は、女性に頼りがいを感じさせるには、強いボディランゲージをマスターすることが最も手っ取り早いのです。

頼りがいは人間的な言語表現よりも動物的な非言語表現こそが重要な分野だからです。

ボディランゲージで本能的魅力を与えることが出来れば、他のことは変わっていないのに女性の反応が違ってくることに気付くはずです。

どんなセリフを言うかではなく、それを言うあなたの態度が堂々としているかどうかで、頼りがいは決まるのです。

ボディランゲージで女性に頼りがいを与えるための、特に重要な4つの要素があります。これらの要素をマスターすることで、あなたは頼りがいのある男性になることが出来るのです。

ボディランゲージで女性に頼りがいを与えるために、次の4つの要素をマスターしてください。

基本として相手から目を逸らさない強いアイコンタクトを意識してください。

女性の目を見て話せない男性は結構いますが、相手が女性だからこそ特に目を見て話すようにしてください。

まったく逸らさないと変になるので時おり外すのですが、飲み物を飲んだりするときは手元を見るのでそういうときに自然に外します。

緊張すると瞬きの回数が多くなります。本人は意識していなくても相手からはすぐにわかってしまいます。無理やり瞬きの回数を減らす必要はありませんが、女性の前で自分が緊張しているなと思ったときなどは注意してください。

落ち着いた深くて強い声を出すようにしてください。

地声が高い人は無理に低くする必要はありません。喉ではなく腹から出すようのイメージで喋ると深く強い声になります。

必要以上の早口は男性らしさを損なうので、落ち着いて話すようにしてください。安定感や存在感につながります。

姿勢

堂々とした男性が嫌いな女性はまずいません。背筋を伸ばして胸を張った良い姿勢を維持してください。

男性は椅子に浅く腰かけて"だらしなく"座りますが、座っているときも背筋は伸ばしてください。

立つ時の足は肩幅より少し広めに開きます。

女性と話すときに前のめりになってしまうと胸を覗き込んでいるようになってしまいステータスが下がります。女性がいる場面こそ後ろに反って「引き寄せる」ようにしましょう。

自信がないときは足のつま先が内側を向いてくるので注意してください。

動作

人は緊張すると動作が細かくなります。ゆったりとした動作を心がけてください。

細かくて素早い動作やジェスチャーは小動物を思わせるので男性らしさが失われるので注意が必要です。

左側にあるものを右手で取るなど腕を交差させる動作は女性らしく見えてしまうので、やらないようにしてください。歩いているときに右側を指さすときは右手で指さします。男性がクネクネしてはいけません。


7回もデートしたのに、頼りがいがないと女性にジャッジされた男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

頼りがいを出そうと頑張ってしまうと間違った方向に進んでしまうことがあります。

偉そうになったり、自分の主張を押しつけたり、命令してしまうのは頼りがいのある男性とは違います。

ボディランゲージの重要性を知りマスターすることで、恋愛ノウハウやテクニックではない男性的魅力をアップさせることができます。