心の闇が深い女性を好きになったら注意すること

心の闇が深い女性を好きになったらあなたならどうしますか?

おそらく、心の闇に触れないように気を付けるのではないかと思います。

では、心の闇とはそもそも何なのでしょうか?

ここでは、心の闇が深い女性を好きになったら注意するべきことをご紹介します。

心の闇が深い女性とは?

そもそも心の闇が深い女性とは、どのような女性なのでしょうか?

誰でも心に闇は持っています。人の心の闇とは、犯罪に憧れてしまったり、虐待やいじめ、近親相姦などのトラウマで正常な思考を保てない状態、またはそのようにさせる要因などのことです。

しかし、心の闇が深い女性は、実はそれを表面に見せることがありません。なぜかというと、闇が深すぎて他人からはわからないからです。心の闇が深い女性とは、表面上とても明るく悩みなどなさそうに見える女性のことを言います。

しかし、ここでいう心の闇が深い女性とはそういう女性ではありません。男性から見てもどこか自虐的で常にネガティブな印象のある女性のことを指しています。

つまりこの記事では、本当に心の闇が深い女性ではなく、男性から見て心の闇が深そうに見える女性を好きになってしまったら注意するべきことについてお話しします。

心の闇が深そうに見える女性の注意点

心の闇が深そうに見える女性を好きになったら、次の4つの点に注意するようにしてください。

軽いノリには気をつけて!

心の闇を見せている女性にアプローチする際は、軽いノリで声をかけてはいけません。

恐らくその女性は「近づくな」オーラを放出していると思いますが、わざと近づくなオーラを出すような女性ほど、本当は寂しくて誰かに声をかけて欲しがっているのです。

しかし、それがバレるのは嫌なので、軽いノリで声をかけても鼻であしらわれてしまいます。軽いノリで近づこうとする男性には嫌悪感を抱くのです。

「自分をわかって欲しい」という思いが人一倍強いため、女性を理解する前に軽く近づく行動はNGです。

心の闇に触れるのは付き合ってから

もしあなたが彼女の心の闇に気付いても、「本当は寂しいんでしょ?」「本当は理解されたがってるんだよね」などと軽々しく言ってはいけません。

心の闇を表現しているわけですから、心の底では確かにその手の言葉を欲しがっています。しかし同時に、わかった振りをされるのを嫌う性質もあるため、その手の言葉で女性を喜ばせるのは付き合った後にしたほうが無難です。

闇に気付いているアピールは必要

心の闇が深く見える女性は、闇に気付いてくれる男性でないと興味を示さない傾向があるので、あなたが心の闇に気付いていることはアピールしなければなりません。

見て見ぬ振りで何気なく気遣っても、彼女の心には響かないのです

そのため、アプローチするなら「どこかミステリアスで大きな悩みがありそうだね」程度の言葉は必要になるでしょう。難しいですが、直接心の闇に触れないようにしつつも心の闇には気がついているアピールをする必要があります。

闇を見せている女性ほど闇が大好き

心の闇が深く見える女性ほど闇を美徳と捉え、同じような闇を抱えた男性に惹かれる傾向があります。

そして、男性の心の闇をとらえた途端に「傷を癒しあえる」と思うのです。実際は傷の舐め合いにすぎませんが、自虐的なので傷付いた同士で癒し合うという考えに行き着くのです。

そのため男性も闇を抱えているように見せるのですが、実際に闇がなければ演出は難しいもの。わざとらしい演出は女性がしらける可能性もあります。もし心の闇を演出するなら明るい雰囲気を捨てて暗めなアプローチが効果的です。

具体的には「死にたいと思ったことある?」などと声をかけてみると興味を持ってもらえます。

ただし、いきなりそこから入るとさすがに不自然です。きっかけを捉えて話題にする程度に止めてください。

本当に心の闇が深い女性の場合

本当の意味で心の闇が深い女性の場合は、普通のアプローチで問題ありません。心の闇は奥底にあり、普段は他人からは見えません。気付かぬ振りをしてればいいです。

闇が深ければ深いほど、人には気付かれたくないと感じています。そのため、付き合った後でも「本当は寂しくて理解して欲しいんだね」などと言ってはいけません。

本当に心の闇が深い女性は闇が消えることはないことは理解していますし、自分の心の闇を憎んでいるもの。できるだけ明るく平凡な男性に癒しを求めています。ですので、本当の意味で心の闇が深い女性には、何も注意することなく接するのが一番です。

いかがでしたか?

心の闇が深く見える女性は誰かに気がついて欲しいため、表面に出している女性です。そのため、実は比較的に単純ですが扱いには注意がたくさんあります。

心の闇が深く見える女性を好きになったならできるだけ理解を示してあなたも暗めのアプローチを心がけましょう。

しかし、扱いが面倒なため、脈を感じなければ早めに手を引くことをおすすめします。