彼女がメンヘラだった時の正しい対処法

彼女がメンヘラだったらどうしますか?

可愛いと思った彼女が実はメンヘラだったら扱いに困ってしまうことでしょう。

ここでは、彼女がメンヘラだった時の正しい対処法についてお話します。メンヘラ彼女を持ってしまったら実践してみてください。

メンヘラ女性の特徴

メンヘラ女性は、やけにかまってちゃんで精神的に弱い特徴があります。

自信のなさを隠そうとして虚勢を張ったかと思えば威張った自分を反省します。気分にムラがあり精神が安定していません。思い込みが激しく男性に依存する傾向があります。

メンヘラ彼女は基本的には彼氏に優しいので気づきにくいかもしれませんが、あなたの彼女がこのような女性なら、間違いなくメンヘラな彼女と言えるでしょう。

メンヘラと断定は出来なくても、

  • 彼女が依存している
  • 連絡頻度が異常に高い
  • ヤキモチ焼きすぎ

と感じたらメンヘラ傾向を疑いましょう。

その上で正しい対処を行い、彼女の精神を強くする必要があります。

基本的に優しいからといってそのままにしてしまうと、メンヘラ傾向はどんどん加速してしまいます。そのうち手に負えない状態になるかもしれません。

彼女がメンヘラだった時の正しい対処法

彼女がメンヘラだったら、健康な状態に戻してあげなければなりません。

しかし、彼女は精神的にもろいので、迂闊に接すると精神のバランスを崩してしまうかもしれません。そのために彼氏であるあなたの存在は重要です。

彼女がメンヘラだった時の正しい対処法としては、次の4つを継続して行うことが必要になります。

愛情をしっかり伝える

メンヘラ彼女は思い込みが激しいです。

人をなかなか信用しない反面、一度信じて付き合った彼氏の存在は絶対です。彼氏の機嫌が少しでも悪いとすぐ落ち込みます。自分に自信がないのでネガティブ思考に陥ってしまうのです。

そのため、メンヘラ彼女にはあなたの愛情をしっかり感じてもらう必要があります。態度でわかるだろうではなく、言葉で「好きだよ」と頻繁に伝えてあげましょう。

もともと懐疑心が強いので、何度も繰り返し伝えることで安心感を与えてあげてください。

彼女に自信を持ってもらう

メンヘラ彼女は虚言癖があるので自信家に見えるかもしれません。

しかし、それは弱い自分を隠すための鎧のようなもので、実際は自信が持てずにいます。自信がないので、やればできると思うことでもやろうとしません。

そこであなたの出番です。彼女の「やればできる」という気持ちを実際に実行させるのです。

本来の力を発揮できるようにサポートしましょう。どんなことでも大丈夫です。例えば、「毎日部屋を片付ける」という目標を掲げたなら実際にやっていることをチェックしてあげましょう。やり遂げた達成感を味わうことで、少しずつ自信に繋がっていきます。

ここで、あなたが彼女を励まし、いつでも寄り添っていることをしっかりと認識させてあげてください。そうすることで次のステップに進めます。

伝え方に注意

メンヘラ彼女はかまってちゃんのため、暇さえあれば連絡してくるでしょう。衝動を抑えられず相手への気遣いができなくなっています。

しかし、その全てに応じていたらメンヘラ傾向は強まるばかりです。よって忙しい時は放置してOK。夜中の連絡も同様です。

夜中の連絡の返事が翌朝になってしまった場合は、「寝てて気づかなかった。ごめん」と優しく説明してあげてください。メンヘラ彼女は彼氏の言うことが絶対なのでこれで大丈夫です。

注意が必要なのが「君のために~○○してほしい」と伝えてはいけないことです。

あくまでも「僕のために」という言葉を使いましょう。彼氏のためなら何でもしたい彼女の心を利用することで、おとなしく言うことを聞いてくれます。

適度に突き放す

ここまでで彼女はちょっぴりメンヘラから脱却してきているはずです。

健康な状態まではあと一歩です。愛情をしっかり伝えて安心感を与えられたなら、適度に突き放すようにしてみましょう。

例えば、一人で友人との輪に加わることを薦めてみるなどです。

メンヘラ女性は心を許せる友人が少なく、自分から友人を作るのも下手です。

そこであなたが「今日は友達と遊んでくるから、君も友達と遊んできたら?」などと提案して、1人で行動するように仕向けてあげるのです。彼女が安心してあなたを送り出せるようなら治ってきた証拠です。

意識があなた以外に向くように趣味を薦めるのも良い方法です。離れるのではなく、あくまでも1人時間を楽しめるように仕向けることが目的です。あなたへの依存度を下げるように上手に対処してください。

そのためにも引き続き彼女に愛情はきちんと伝えて、常に安心感を与えることを忘れないでください。


いかがでしたか?

メンヘラ彼女は自分が信用した相手には優しいため、最初は居心地よく感じます。

しかし、症状が悪化すると束縛が激しくなったり、異常なやきもちを焼くため、対処に困ってしまうでしょう。

彼女がメンヘラだった場合は、対処法として次の4つを継続して行うようにしてください。

  1. 愛情をしっかり伝える
  2. 彼女に自信を持ってもらう
  3. 伝え方に注意
  4. 適度に突き放す