性格悪い女の8つの見分け方

性格悪い女の8つの見分け方
女性を外見で好きになってしまい後で後悔したことはないでしょうか?

美人でも性格悪い女だったら良い関係は構築できません。

性格の悪い女性の8つの見分け方をマスターして、素敵な彼女をゲットして幸せになってください。

一人で行動できない

性格の悪い女性は一人で行動できない特徴があります。

自分だけ孤立して目立つのを嫌い、無理してでも相手に合わせて集団から離れないようにするのです。

そのため、ランチひとつとっても周囲と時間が合わなければ仕事を後回しにしてでも集団で行動しようとします。一人行動ができないため、一目見ていればすぐに分かる特徴です。

一人で行動することで仲間はずれになったり、孤独な女性だと第三者に思われるのが嫌なのです。

集団で他の女性を仲間はずれにしたり虐めた経験があるため、今度は自分がターゲットにされるのではないかと恐怖が働くわけです。性格の悪い女性の主な特徴です。

常に集団行動で群れている

しかし、集団行動が好きだからと必ず性格が悪いとは限りません。

実は、ほとんどの場合、女性の集団にはボス的女性が存在します。

しかし、このボスキャラの女性は性格が悪くないケースがほとんどで、ボスが集団いじめの指示をすることは滅多にありません。周囲に群がる女性がボスに気に入られようと勝手に行動しているだけなのです。

ボスは一人でも行動できるタイプですが、面倒見が良く性格も良いために慕われてしまい、周囲に人が集まるだけ。

勘違いしている人も多いですが、リーダーシップがあるのと性格が悪いことは同じではありません。性格が悪いのはボスに群れている周囲の女性のほうです。

ヘアスタイルはストレートセミロング

見た目で判断するなら、ストレートのセミロングヘアには注意した方がいいでしょう。

とはいえ、ストレートセミロングヘアの女性は数が多く判断に困るかもしれません。要するに性格の悪い女性は、個性のないヘアスタイルをしているということなのです。

ストレートセミロングが性格が悪いのではなく、性格が悪い女性にストレートセミロングが多いのです。これは、女性社会で個性を出すことは周囲から浮くことを意味するので、周囲に合わせたい心理の現われと言えます。

そのため、集団の女性は似たようなファッションやヘアスタイルに似たようなカバンを持っていることが多いのです。

髪型以外の要素と組み合わせて判断するといいでしょう。

謙遜が多い

謙遜が多いのも性格の悪い女性の特徴です。本当は思ってもいないのに「私なんて全然です」などとすぐ謙遜します。

この行動心理は、他人に褒めてもらいたいからと、第三者を蹴落とすためです。

「私は太っているのに、あなたはスタイル良くていいな」など明らかに自分よりも太った女性に言うこともあるでしょう。言われた女性同士によっては馬鹿にされたと感じるかもしれません。

この特徴は男性の前でより顕著なので、すぐわかります。

「○○くんすごい!私なんてダメです」などと口癖のように言う女性がそれです。

わざとらしいほどなのでわかりやすいですが、褒め上手な女性と似ているため、勘違いしてしまう可能性も。

褒め上手の女性は、わざわざ自分と比較したりしないことで区別できます。

文句が多い

文句が多い女性も性格が悪いもの。何かにつけ不平不満をばかり言います。

例えば、

「うちの会社は残業が多く自分の時間が持てない」
「うちは門限が厳しくて遅くまで遊べない」

など。まるで自分だけが不幸かのような勘違いをしています。つまりは同情を誘いたいのです。

周囲に文句が多く自分はかわいそうだという雰囲気があればそれは、何でも他人のせいにする性格の悪い女性なのかもしれません。

空気を読むのが上手い

実は性格の悪い女性は空気を読むことが得意です。

一見気遣い上手な女性に見えますが、その上手さが性格が悪い証拠。自分の置かれている立場を瞬時に察知し、うまく立ち回ることが上手な女性です。心にもない嘘も朝飯前です。

男性が騙されやすい特徴なので注意しましょう。性格の良い女性と紙一重の特徴なのでわかりづらい可能性もあるでしょう。

性格の悪い女性なら自分の立場を考えて自分に不利な状況を作らない特徴があります。性格の良い女性は周囲の雰囲気のために自己を犠牲をするかもしれません。

噂話が好き

性格の悪い女性は噂話が好きです。自分に関係のない人の話題や、あなたに関係のない噂話をよく話すならそれは性格の悪い証。男性の前では上手に悪口には聞こえないような話し方をするかもしれません。

しかし、話の内容をじっくり分析してみるとわかる可能性があります。

例えば「○○ちゃんが着てる服はブランドものばかりなんだよ。お金持ちだよね」

などは褒めているように聞こえますが、あなたにも本人にも関係ないことです。

話の本質を考えてみると「お金をたくさん使っている=金遣いが荒い」と巧みに悪口を言っていることがわかるでしょう。

「私の持ち物は安物ばかりで。○○ちゃんはいいな」とそのうち自分と比較をし、謙遜を始めます。実はわかりやすい特徴なので男性でも見抜けるでしょう。

断定的な話し方をしない

性格の悪い女性は自分で責任を取りたがりません。そのため、断定的な話し方をしないようにしています。

私が言ったわけではない、私が決めたわけではないという状況を巧みに作り出します。「ランチに何を食べたい?」と聞いた場合には「イタリアンとかいいですよね」などと言います。ポイントは「とか」というところ。はっきりと「イタリアンがいいな」とは言わないということです。

もしイタリアンが美味しくなかったら、
男性がイタリアンの気分ではなかったら、

などさまざまな事態を想定した話し方をします。

性格の良い女性なら自分の発言には責任を持とうとするでしょう。男性がわざわざ聞いてくるなら選択肢は女性にあることも理解できるため、自分の意見をきちんと言えます。

しかし、性格の悪い女性は、常に責任を回避することを優先し、自分が悪者にならない状況をつくり出すのです。


7回デートしたのに、彼女が性格悪い女だと気づかなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

性格の良し悪しは主観が違うので判断が難しいポイントです。容姿の好みが千差万別なのと同様に男性から見た性格の悪さも一概には言えないでしょう。

それでも、男性が後悔しやすい性格の悪い女性はだいたい決まっています。

自分の中で気になる性格があったらその特徴のある女性は好きになるのを控えた方がいいかもしれません。