デートで女性にお酒を飲ませるのは酔わせるためじゃない

デートで女性にお酒を飲ませるのは酔わせるためじゃない

女性にお酒を飲ませたがる男性は多いですが、女性にお酒を飲ませるのは酔わせるためじゃないと知っていますか?

女性の深層心理を探ればもっと重要な意味が見えてきます。

デートで女性にお酒を飲ませるのは酔わせるためではありません。では一体何でしょうか?

お酒を飲むことで女性は自分に言い訳ができる

デートで女性にお酒を飲ませる目的は、女性が自分に言い訳ができるようにすることです。

女性がお酒を飲むことで、あなたとキスしたり、その先に進んだ時に「あのときはお酒を飲んでいたから……」と自分に言い訳ができるようになります。これが女性には重要なのです。

女性は理由が必要な生き物です。

恋愛において男性は、女性のために言い訳を作ってあげることが必要です。

モテる男性=女性に言い訳を与えられる男性

と言えます。

女性には責任を取りたがらない性質があるので、「自分が望んだから○○した」という状況を避けようとします。女性は、理由もないのにあなたを受け入れるわけにはいかないのです。

だからあなたは女性に言い訳を与える必要があり、そのためにお酒を飲ませるのは効果的なのです。

お酒の種類なんかどうでもいい

女性にお酒を飲ませようとする男性の多くは、すぐレディキラーカクテルとかを知りたがりますが、こんなことを考えるのは全くの無駄です。

何故かと言うと、既にお話ししたように、デートで女性にお酒を飲ませる目的は、女性が自分に言い訳ができるようにすることだからです。

言い訳できればいいので、実際に酔ったかどうかも関係ありません。大事なのは「お酒を飲んだ」という事実をつくることであり、泥酔させて判断能力を失わせることではないのです。

変に気取ったカクテルを薦めると、女性にあなたの魂胆を見抜かれてしまいます。

そんなことをするより「俺ビール好きなんだよね」「うまい!」とか言って楽しそうな姿を見せたほうが、余程女性はお酒を飲みやすくなります。

女性と楽しくお酒を飲んでください。

デートの目的

そもそも女性とデートする目的は、好感度を積み重ね、あなたと付き合うことに対して女性の自己説得をうながすことです。

たとえ相手が好きな男性でも、主導権は相手に取らせたいのが女性です。あなたがリスクを取ってアプローチしなければゲットすることはできないのです。

だから、一口でもいいからお酒は飲ませたほうが有利です。

一口でも飲んでいれば、

「普段飲みなれてないから、酔いが回っちゃった」

と、自己説得のための材料になるからです。

ここであなたは、間違っても「ビール一口でそんな酔うわけないだろ」とか言ってはいけません。

「酔ったことにしておきたい女心」をつかむことが大切です。

あなたが悪者になる

お酒を飲ませることに関連して、もうひとつ重要なのが「あなたが悪者になる」というマインドです。

恋愛において男性が悪者になることは、相手の女性との関係を進展させるために欠かせない要素なのです。

どういうことかというと、悪者になることで、

「私はそんなことしたくないのに、彼が求めて来るから、しちゃった」

という状況をつくり出すことができます。女性がやりたくない(ことになってる)行為をさせるあなたは悪者なのです。

誰も悪者にはなりたくないと思いますが、「私が望んだから○○した」という状況を避ける卑怯な女性に対応するには仕方ありません。

自分が悪者になれるかどうかは、モテる男性とモテない男性の大きな分かれ目です。

女性とその先に進むために、まずはお酒を飲ませることは、自己説得をうながす上で必須の要素だと言えるのです。


7回デートしたのに、女性にお酒を飲ませていなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

デートでお酒を飲ませるのは、女性が自分に言い訳ができるようにするためです。

女性と付き合うには、あなたがリスクを取って男女の関係を進展させなければなりませんが、女性に「あの時はお酒を飲んでいたから」と言い訳を与えることで、自己説得をうながすことができます。

あなたが悪者になってあげることで、女性と付き合える確率が高くなります。