気分屋の女性の心理と正しい落とし方

気分屋の女性の心理と正しい落とし方

彼女が気分屋で困っている男性は少なくありません。

女性の曖昧な発言に振り回されてしまい、疲れてしまいます。

そのような場合は、気分屋の女性の心理を知ることが重要になります。

気分屋の女性が何故あなたを振りまわすのかと、気分屋の女性の正しい落とし方についてお話しします。

あなたのことが好きじゃない

女性が気分屋なのは、あなたを好きではないからです。

好きではない相手だから、気分屋だと感じる言動をするのです。その女性は好きな男性に対しては気分屋ではないのです。

具体的には次のようなものです。

  • 言う事がコロコロ変わる
  • LINE・メールの返事が来る時と来ない時がある
  • 矛盾したことを言う
  • いつも予定が埋まっている
  • 自分で言ったことを忘れる
  • 機嫌がいい時と悪い時の差が激しい
  • 約束したのに平気で断る

好きな女性があなたにこのような態度をとっているとき「A子ちゃんは気まぐれだなぁ~」と思っていては危険です。

なぜなら相手の女性はあなたに興味がない状態だからです。

興味がないからこそ、機嫌が悪い時に機嫌が悪い態度を取ってもいいと思われているし、約束していても他の用事が入ればそれを優先しても問題ないと思われているのです。

彼女はあなたのことを好きではないから、それが出来るのです。

「気分屋」に対してやってはいけないこと

ある程度の好意を持ってくれている女性に対して有効なことでも、気分屋の状態の女性に対しては逆効果になってしまうことがあります。

過剰な好意を見せる

「女性は押しに弱い」とか「男らしく正面からぶつかればいい」といった一見よさそうな価値観があります。

しかしこれらは自分に好意を持ってくれている女性に対してやるべきことであって、気分屋の状態の女性にやったら余計に嫌われてしまいます。

女性は好きではない男性の好意など求めていないからです。

どうでもいい女性がやたらと積極的にあなたに接近してきて好意を示されたらどうでしょう。あなたはその女性を好きになるでしょうか?

「ゴメン、無理だわ」

あなたがそう思うのと同様に、女性もそう思っているのです。

どうでもいい異性が自分に気に入られようと頑張っているのがわかると、逆に引いてしまうのは男性も女性も同じことです。

女性は押しに弱いかについてはこちらの記事もご覧ください。

好意の返報性は女性によって影響力が異なります。だから効かない女性がいるのは当然なのです。 ただ好意を示すだけなら誰にでも出来ます。好意の返報性だけで決定打になるとは限りません。 恋愛で返報性の原理を利用するには、安全な方...

自分の感情を見せる

気分屋の女性に振り回されてしまうと「俺がこんなに想っているのに」とか「どうしてお前はそうなんだ」という憤りや怒りが込み上げてくることがあります。

女性の言動により感情を揺らされている状態ですが、女性は簡単に心がぐらつく男性に魅力を感じてはくれません。

感情をぐらぐら揺らされる恋愛をしたいのは女性のほうだからです。あなたがそうなってはいけません。

女性は男性のステータスレベルをテストしている

女性は自分に寄って来る男性が遺伝子的に優秀かどうかをテストしています。

相手を困らせるようなことを言ってみたり、相手の反応を確かめるような素振りをしたりしますが、これは意地悪をしているのではなく女性の本能的な心理の現れなのです。

女性は生物としての本能により「この男性は私が遺伝子を残す価値のある優秀な男か?」を見極めなければならないからです。

このようにただでさえ本能的な理由から相手の男性が遺伝子レベルで優秀かを見極めなければならないというのに、興味がない男性が自分の何気ない一言で感情的になって気持ちをぶつけてきたら女性はどう思うでしょうか?

そんなステータスレベルの低い男性からはさっさと離れていってしまいます。

あなた以外にも男性はたくさんいるのですから。

気分屋の女性の正しい落とし方

気分屋の女性の正しい落とし方は、「段階的に好意を積み重ねていく」ことです。

気分屋の女性はあなたに興味がない状態だとお話しました。あなたに興味がないからLINEやメールの返事をしたりしなかったりします。

つまりあなたは「男として見られていない」「恋愛対象ゾーンに入っていない」状態なのです。

この状態であなたがやるべきことは、

  1. 接点を切らさない
  2. 好意を下げることをやらない
  3. 好意を上げることをやる

になります。

気分屋の女性はLINEの返信が来なかったりしますが、ネガティブな反応をするのではなく、返事がなければないで期間を開けてから相手の女性がOKしやすい理由を考えて接点を切らさないようにLINEしてください。

好意を下げることをやらないというのは、既にお話した「過剰な好意を見せない」「感情を動かされているのを見せない」などになります。

気分屋の女性は、2人だけで会おうとするよりも共通の友人と複数で遊ぶ提案をするとリスクが少なくなります。花見やたこ焼きパーティーなどをあなたが主催するくらいの努力は必要です。

目当ての女性が来てくれなかったとしても花見は実施して楽しそうな写メを送って接点を維持します。気分屋の女性は、このように少しずつ段階的に好意を積み重ねていくことが大切です。

一発逆転ではなく、戦略的に好意レベルを上げていくようにしてください。


7回デートしたのに、女性が気分屋のままだった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

気分屋の女性の心理を言語化すると「あなたは好きじゃない」です。

曖昧な発言であなたを振り回す女性を「気分屋だな」と感じることがあると思います。

しかし女性が気分屋なのは、あなたに好意がないので気分屋に見える言動をしてもいいと思っているからです。

「気分屋」の女性に対しては段階的に好意を積み重ねていくことが大切です。

▼---おすすめ無料メール講座
▼---LINEが続かなくて困ってませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています


▼---どうしても付き合いたい女性がいるあなたへ
▼---女性心理と返信率を上げるメッセージとは?