女性が彼氏と別れたいと思うのはどんな時か?

女性が彼氏と別れたいと思うのはどんな時か?
女性が彼氏と別れたいと思う時はどんな時でしょうか?

女性が別れたいと思う心理を知れば、女性に捨てられるのを防止することが出来ます。

もしかしたら女性は本心を隠して別れ話を切り出しているかもしれません。

ここでは、女性が彼氏と別れたいと思うのはどんな時かを6パターンご紹介します。彼女持ちの男性は注意していきましょう。

スポンサーリンク

他に好きな男性ができた時

女性が彼氏と別れたいと思う時は、8割がた他に気になる異性ができた時です。

女性は浮気を嫌います。彼氏とはきっぱり別れてから、他の男性と付き合いたいと思います。そのため、気になる異性が脈ありなら彼氏と別れたいと感じるのです。

しかし、女性ははっきりと言ってくれません。浮気がちな自分を認めたくないからです。

「もう好きではなくなった」のような綺麗な言葉で解決しようとするかもしれません。

いずれにせよ、女性が別れを切り出した場合は、そのほとんどが他に彼氏候補ができて魅力を感じてしまっているのがほとんどです。

将来性が見えない時

女性は、彼氏がギャンブル依存だったり、定職についていなかったり、精神の病にかかっているなど、将来性が見えないと判断した時に別れたいと感じます。

「私がいないとダメだ」と感じている間は大丈夫なのですが、一般的に女性は将来が不安な男性は避けようとします。

冷たいかもしれませんが、それが現実です。

一緒にいても楽しくない

漠然と「楽しくない」というのも別れたいと感じる原因になります。

付き合い始めの楽しい思い出が多いほど、マンネリの関係に我慢できなくなってしまうのです。

彼女と長続きしたいなら、定期的な刺激を与える必要があります。一緒にいて楽しい瞬間を積み重ねることが大切なのです。

女性は構ってくれない彼氏と一緒にいても楽しくないと感じます。女性は常に自分のことを大切にし、優先にしてくれる男性を好むのです。

女性は常に複数の男性からチヤホヤされているかもしれません。構ってくれない彼氏よりも楽しい時間を過ごせる別の男性がいるなら、その方が時間を有効に使えると判断することでしょう。

彼女にあまり構っていない男性は、別れ話を切り出されるかもしれないので注意してください。

スポンサーリンク

目標ができた時

女性はある目標ができた時に、彼氏が邪魔だと感じてしまう瞬間があります。

例えば、資格をとって転職するという目標ができると、彼氏が邪魔になってしまうのです。

男性でも同様な瞬間があると思います。邪魔にならないためには、協力できる彼氏になる必要があるでしょう。

彼女に会いたがって、自由時間や勉強の邪魔ばかりしていたら別れたいと思われても仕方がありません。

彼氏と一緒にいるときの自分が嫌い

女性は、彼氏が浮気がちで苦痛を感じてばかりのケースなど、自分の感情がマイナスに働く彼氏とは別れたいと感じます。

他にも、彼氏がだらしがなく、女性が怒ってばかり場合も女性は自己嫌悪に陥ってしまうことでしょう。

女性は彼氏と一緒にいるときの自分のことが好きになれない男性との関りは拒みたいものなのです。

ただし、浮気がちな彼氏でも、それを許す可愛そうな自分が好きな女性なら別れたいとは感じません。

彼氏と一緒にいるときの自分が可愛く感じられ、そんな自分が好きな場合は男性がどんなに酷い仕打ちをしたとしても別れたいとは感じないでしょう。

友達が彼氏と別れた時

信じられないかもしれませんが、女性は周囲の友達が彼氏と別れ始めると、連鎖的に自分も別れることがあります。

女性は協調性を重視します。

「別れたら楽しいよ!」
「みんな別れたからこれからは女子会重視にしよう!」

などと友人に迫られると、「自分も」という感情が働くことがあるのです。

友人から「まだあの男と付き合ってるの?」などと言われてしまうと「そろそろ別れたいと思っていたんだ」などとうっかり口を滑らせてしまうかもしれません。

信じられない話ですが、女性とはそういう生き物なのです。

彼氏にはなんの非もないケースがありますので注意するようにしてください。


いかがでしたか?

女性が彼氏と別れたいと思うのは、実に理解に苦しむ瞬間が多いものです。

女性の「別れたい」は一時的な感情であることも多いので、その場合は真剣に悩む必要はありません。

ただし、女性は常に楽しいお付き合いを好みます。女性に合わせて楽しいお付き合いを心がけることで長続きすることでしょう。

女性は意外にも気が多いものです。他の男性が好きになってしまわないように魅力を与え続けることが何より重要になります。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---LINEが続かなくて困ってませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています


▼---どうしても付き合いたい女性がいるあなたへ
▼---都会向けのデート戦略が使えない地方民のあなたにおすすめ
▼---女性心理と返信率を上げるメッセージとは?