女性の好意レベルをタメ口で上げる

女性の好意レベルをタメ口で上げる

真面目な男性ほど女性タメ口、呼び捨てで話せません。

しかし、女性と会話するなら敬語で一時間話すよりタメ口で一時間話すほうがより親しくなれます。

女性と恋愛するなら、会話はタメ口、呼び捨てにしたほうがいい理由についてお話します。

女性にはタメ口、呼び捨てが基本

女性と恋愛するなら、会話はタメ口、呼び捨てで行うことが基本です。

同じ一時間だけ女性と会話するとしても、敬語で一時間話すのとタメ口で一時間話すのとでは親しくなれる度合いが違うからです。

女性と仲良くなるために会話するなら、今すぐ敬語はやめてタメ口で会話する必要があります。

×「A子さん、仕事は何してるんですか?」
○「A子って仕事何してんの?」

非モテ歴の長い男性は、女性と敬語でしか話せない状態になりがちです。

女性を大事にするのはいいことですが、敬語で話していると女性の恋愛対象に入ることは難しくなってしまいます。

敬語で感情はぶつからないからです。女性は感情の動物ですが、これではいつまでたってもゲットできません。

女性は、自分の感情を動かしてくれる男性に好意が上がる生き物だからです。

年上女性でもあなたはタメ口、呼び捨てを通してください。

女性は男性ほど上下関係を気にしないので、そのほうが仲良くなれます。

年上の女性とタメ口になる方法

相手の女性が年上だとわかっている場合、最初は敬語を使うことになると思います。

しかし、敬語のままだとゲットが難しくなるので、次のような会話を取り入れてタメ口に移行してください。

あなた「旅行とかよく行くんですか?」
女性「去年はヨーロッパと台湾に行ったかな」
あなた「すげーじゃん、どうだった?」

普通の会話は敬語で行い、自分の感情を出す時はタメ口になります。

相手の話に驚いたり、凄いと思うなど、感情を出す時にタメ口になるのは自然なことです。

もしこれが逆だとしたら、

あなた「旅行とかよく行くの?」
女性「去年はヨーロッパと台湾に行ったかな」
あなた「それはすごいですね。どうでしたか?」

となってしまい、とても不自然です。

しかし、慣れていないとこのようなぎこちない会話になってしまい、おかしなことになってしまいます。

女性があなたに敬語の場合

あなたがタメ口で、女性が敬語の場合もあります。

これは、女性があなたに距離を感じている状態なので、やはりゲットの妨げになります。

あなたはこの壁を越えなければなりません。

このような場合、

「敬語使わなくていいよ(笑顔)」

のように敬語を止めてもらおうとしてもうまくいきません。

女性はあなたと距離を置こうとしているからです。

しかし、あなたとの距離が縮まれば、敬語も外れます。

次の方法で、女性の敬語外しを行ってみてください。

あだ名で呼び合う

まずあなたからこう切り出してください。

「なんか俺らってさっきから会話固くない?」
「今から君のことキャサリンって呼ぶから俺のことジョンって呼んで!」

このようなゲームにしてしまいます。

女性に「何で?」と聞かれたら「キャサリンは言うこと聞かないなー」と勝手にあなたからスタートしてしまいましょう。

まずはこうして、ニックネームで呼び捨てするところまで持っていきます。

呼び捨てになれば、後は自動的にタメ口が自然になってしまうので、その流れに乗ってしまいましょう。

名字にさん付けで呼び続ける危険性

気付いていない人が多いですが、女性を名字にさん付けで呼び続けるのはとても危険な行為です。

例えば、あなたともう一人の男性が、ある女性と話しているとします。

あなたは相手の女性を「石原さん」と呼んでいます。

もう一人の男性は、「さとみ」と呼び捨てにしています。

この状態で、相手の女性と親しくなれるのは、どちらの男性でしょうか?

実際にこんな状況になることはないかもしれませんが、女性には男友達が複数いるのは普通です。

その中に、「自分に敬語で話す男性」と「自分を呼び捨てにする男性」がいた場合、女性が親しなるスピードが速いのは、どちらの男性でしょうか?

あなたは女性と敬語で話すことで、知らないうちにどこかの男に負けています。

今すぐ、好きな女性とは、タメ口で会話するようにしてください。


7回デートしたのに、女性に敬語で話していた男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

女性と恋愛するならタメ口、呼び捨てが基本です。

タメ口のほうが女性と親しくなるスピードが速いからです。

いつまでも敬語で話していることで、タメ口の他の男性に女性を奪われる現象が発生します。

好きな女性がいるなら、今すぐ敬語をやめて、タメ口に移行することが大切です。