女の友情が儚い理由と、女の友情が「儚く見える」理由

女の友情が儚い理由と、女の友情が「儚く見える」理由
女の友情儚いとよく言われます。

最近では「女の友情はハムより薄い」とネタにもされていますが、実際のところどうなのでしょうか?

女の友情が儚い理由と、女の友情が「儚く見える」理由についてお伝えしていきます。

女の友情が儚い理由

女の友情が儚い理由として、女性の人生は多種多彩で、ステージが変わるタイミングで人間関係が再編成されてしまうことが挙げられます。

ステージが変わると再編成

学生時代までは、男性も女性もライフステージに大きな違いはありません。

しかし、女性の人生は男性と比べ、結婚や出産により変化する度合いが極めて大きいという特徴があります。結婚する相手や、自分の仕事、子供の有無などで変わる女性のステージは実に多種多彩なのです。

独身/既婚、子供の有無だけでなく、

  • キャリアウーマン
  • シングルマザー
  • バツイチ
  • 子持ちの専業主婦
  • 子なしの専業主婦
  • 子持ちの兼業主婦
  • 子なしの兼業主婦
  • 会社員の妻
  • 自営業の妻
  • 夫が海外勤務
  • 夫が転勤族
  • 専業主婦だけど夫が会社経営
  • 正社員の兼業主婦
  • 非正規雇用の兼業主婦
  • パートで月5万稼ぐ兼業主婦
  • 在宅ワークで月20万稼ぐ兼業主婦
  • 子供が認可保育園に入れた兼業主婦
  • 待機児童を抱えて仕方なく専業主婦をしている

などのように、たくさんのステージがあります(もっとあります)。

サラリーマンの男性は結婚してもサラリーマンですが、女性は結婚で人生が大きく変わる可能性があります。

そして、結婚して人生のステージが変わった女性(例えば、市議会議員の妻)には、それなりの「役割」が要求されます。その立場にならなければわからない苦労も多く、それまでの友人とはだんだん疎遠になることがあります。

ステージが変わったことで、新しい人間関係の構築と古い人間関係の整理を伴う再編成が起こることで、女の友情は儚いという現象が発生してしまうのです。

ステージが変わらない男性

一方、男性の場合は女性ほどステージが多くなく、ほとんどがサラリーマンか自営業です。

人生の大部分を仕事が占める男性のステージは多様性が少なく、子供が産まれてもあまり変化がないという特徴があります。ステージが変わらないので、友人と話が合わなくなることもなく長続きするのです。

しかし、そんな男性社会でも友情の儚さを痛感するような場面があります。

もし、あなたと仲のいい友人の同僚が、会社をやめて専業トレーダーとして独立したらどうでしょうか?

たまには一緒に飲みに行こうと誘っても、為替相場は夜は動きが活発になるからと断られてしまいます。無理して合っても、以前のように話が合わないかもしれません。

これと似たような状況が、女性の人生では頻繁に発生しているのです。

女の友情が「儚く見える」理由

女性の性質を知らない男性の目には、女の友情が「儚く見える」場合があります。

そもそも友達じゃない

女の友情が儚く見える理由は、そもそも友達じゃないからです。

女性は表面的に仲良くしますが、その必要がなくなった場合はそれを止めます。

つまり、あなたが友達でもない女性同士を友達だと勘違いしていて、その2人が正しい状態に戻った時に「女の友情は儚い」と勝手に感じただけなのです。

同じコミュニティに2人以上の女性がいる場合、男性には全員が友達同士に見えます。いつも一緒にいるし、仲良くおしゃべりしているし、お互いにいいことしか言わないからです。

しかしそれは、表面的にその場を上手くやり過ごすためにしているだけかもしれないのです。

同調圧力

女性同士のコミュニティでは、強い同調圧力が働いています。

女子中学生が集団でトイレに行くように、集団の中で自分だけ違っていることが許されないという圧力です。

同じ集団に属する女性が友達同士に見えるのは、全員が「私はあなたの敵じゃありません」というふうに自分を見せているからです。

嫌いな相手とでも上手に会話を続けるのが女性社会です。それを見た男性が「彼女たちは友達なんだ」と思い込んでいるだけなのです。

女性社会は最初からこういうものなので、何かの理由でコミュニティのバランスが崩れ、仲良くする必要がなくなった時は本来の関係に戻ります。

これが、女の友情が「儚く見える」理由です。


7回デートしたのに、女性のライフステージが変わって取り残されてしまった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

女の友情が儚い理由は、ステージが変わるタイミングで人間関係が再編成されるからです。

それとは別に、男性がそもそも友達じゃない女性同士を友達と勘違いしていて、後からその2人が本来の関係に戻ったことで「女の友情は儚い」と思ってしまっているケースも少なくありません。

▼---おすすめ無料メール講座
▼---LINEが続かなくて困ってませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています


▼---どうしても付き合いたい女性がいるあなたへ
▼---女性心理と返信率を上げるメッセージとは?