女性の愚痴の聞き方!愚痴を聞く究極的なスキルとは?

女性の愚痴を聞けばモテると言われますが、実際に愚痴を聞いてみたけどモテなかったという男性は少なくありません。

それは愚痴を言う女性の気持ちをわかっていないことが原因です。

愚痴を言う女性の気持ちに寄り添えば自然に愚痴の聞き方が上手くなります。

女性の愚痴を聞く時の究極的なスキルについて、順番にお話していきます。

本当に愚痴を聞けばモテるのか?

まず最初に、本当に愚痴を聞けばモテるのかについて改めて考えていきたいと思います。

女性の愚痴を聞くことでモテるというノウハウがありますが、これは嘘ではありません。なぜかというと、女性の愚痴を聞くことで、好意レベルをアップさせることが出来るからです。好意レベルをアップさせることが出来ればモテにつながります。

しかし実際問題、女性の愚痴を聞いてみたけどモテなかったという事例は多いです。

なぜこのような現象が起きるのかというと、愚痴を言う女性の気持ちがわかっていないことが原因です。

女性がどんな気持ちで愚痴を言い、どんなことを求めているかがわからなければ、正しく愚痴を聞くことは出来ません。女性の愚痴を聞く目的は、女性にスッキリしてもらうことと、「この人になら愚痴ってしまっても大丈夫」という信頼関係を構築することです。

では、愚痴を言う女性は、男性にどんなことを求めているのでしょうか?

「私の立場に立って味方でいて!」

女性が愚痴を言うときの心理を言語化すると、

「私の立場に立って!」
「私の味方でいて!」

となります。

愚痴を聞いて失敗する男性は、このどちらか、または両方が出来ていないのです。

愚痴を聞くのは疲れます。なぜ疲れるかというと、愚痴はその人の一方的な視点で語られるからです。「別にそれくらいいいんじゃないの?」と言いたくなるのを必死に抑えていなければならないからストレスなのです。

男性の場合は、愚痴る相手にアドバイスすると喜ばれます。問題の解決方法を提示することで建設的に愚痴を終了することが出来るのです。

しかし、女性は「私の立場に立って味方でいて!」と要求しているので、問題を解決してはいけません。だって、アドバイスなんかしたら愚痴が終了してしまうじゃないですか。

女性の愚痴を聞くときにあなたがやるべきことは、ただひとつ、

「俺は君の味方だ」

という気持ちを相手に伝えることなのです。

これが、女性の愚痴の正しい聞き方です。

男性エネルギーと女性エネルギー

ここで、女性の愚痴を聞くにあたり重要な話をします。

男性エネルギー、女性エネルギーというものがあり、人は誰でもこの2つのエネルギーを持っています。

一般的に、男性は男性エネルギーが強く、女性エネルギーは弱いです。女性はその反対です。

しかし、男性エネルギーと女性エネルギーの割合は人によって異なるので、例えば、リーダーシップの強い女性などは、女性でありながら男性エネルギーが強い女性ということが出来ます。

同様に、男性の保育士さんは、女性エネルギーが強い男性ということが出来るでしょう。これは、どちらかが良くてどちらかが悪いといった話ではなく、男性と女性とでは異なる性質があるという話です。

女性の愚痴を聞くときは、この男性エネルギーと女性エネルギーをよく理解しておくと、上手に聞くことが出来るようになります。

女性が女性らしいことを喜べ

ところであなたは、どんな時に「女の子って可愛いなあ」と思いますか?

  • 男が着ないピンクの服や、ヒラヒラした服を着てる
  • 休日に妹と一緒にお菓子づくりをしたらしい
  • 高い所のものを取ってあげたら全力で喜ばれた

多くの場合、「男性とは違う」女性らしい特徴を見たり、聞いたりした時に、「女の子って可愛いなあ」と思うのではないかと思います。

言い換えると、「その女性から女性エネルギーを感じた時」に「女の子って可愛いなあ」と感じるのです。

ただし、女性エネルギーは、男性から見て好ましいものばかりではありません。男性が眉をしかめるような女性エネルギーもあります。

女性が愚痴を言って「私の立場に立って味方でいて!」と求めることは、好ましくない女性エネルギーのひとつなのです。

女性の愚痴を聞く時の究極的なスキル

もうおわかりだと思いますが、今日からあなたは、女性の愚痴を聞く時は、「愚痴を言ってる女の子って可愛いなあ」と思わなければなりません。

これこそが、女性の愚痴の正しい聞き方であり、愚痴を聞く究極的なスキルだからです。

このスキルをマスターすれば、あなたは女性の愚痴を聞くことが楽しくなります。ズボンを履いている女性より、スカートを履いている女性のほうが女の子らしいのと一緒です。

この仕組みがわかれば、「こんなとりとめのない愚痴を聞いてほしいなんて可愛いなあ」と思えるようになります。

女性の愚痴を聞く時は、うなづきながら聞けとか、共感しろとか言われますが、表面的にやろうとしても無理です。それは必ず女性に伝わります。

そうではなくて、「こんなにグチグチしつこいなんて女の子だな。この子はなんて可愛いんだ!」と喜んでください。

このスキルさえあれば、あなたは究極的に女性の愚痴を聞く達人になることが出来るのです。


7回デートしたのに、女性の愚痴を聞くスキルがなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

女性が愚痴を言うときの心理を言語化すると、「私の立場に立って!」「私の味方でいて!」となります。

これが出来ない人がいくら愚痴を聞いてもモテません。

愚痴はその女性が女性らしい証拠です。「愚痴を言ってる女の子って可愛いなあ」と思えるスキルをマスターすることで、究極的な女性の愚痴を聞く達人になることが出来ます。