好きな女性とは恋愛話をするべき理由とスムーズに恋愛話に移行する方法

あなたはデートで女性と何を話していますか?

デートで恋愛話をしていないと、会話が盛り上がったのに音信不通になったりすることがよくあります。

好きな女性とは恋愛話をするべき理由とスムーズに恋愛話に移行する方法についてお話します。

恋愛話をするべき理由

女性とデートしたなら、恋愛話をすることは必須です。

恋愛話をしないと後悔する理由は次の2つになります。

俺たちは男と女として会ってるんだ

好きな女性とデートしたら恋愛話をするべき理由は、「俺たちは男と女として会ってるんだ」と女性にわからせるためです。

なぜ、「俺たちは男と女だ」とわからせる必要があるかというと、これをしないと、女性はあなたを恋愛対象外に追いやってしまうからです。

女性から見た男性には「男」と「男以外の何か」の2種類が存在します。生物的に男性であるというだけで、女性の恋愛対象になるとは限らないのです。

モテない男性ほど「俺たちは男と女として会ってるんだ」と女性に伝えることが出来ず、デートしても仕事や趣味の話だけしかしません。恋愛モードを全然出さないので、女性はあなたを男として認識しなくなってしまうのです。

少しも男女のモードにならないことで、女性は、

「この人は友達として私と食事してるんだ」

と認識します。

あなたを恋愛対象外にカテゴライズします。

こうして「男以外の何か」にあったあなたは、どんなにその女性と親しくなったとしても友達どまり。彼女はやがて別の男に抱かれるようになるのです。

過去の恋愛話は情報の宝庫

好きな女性とデートしたら恋愛話をするべきもうひとつの理由は、過去の恋愛話は情報の宝庫だからです。過去の恋愛話を聞くことで、相手の女性がどんなタイプなのかがわかり、今後やるべき方向性が定まるのです。

例えば、恋愛話をする中で、「元彼と付き合ったきっかけ」について聞いたとします。

その時、「しつこく押されて付き合った」のであれば、主体性がなく流されやすいタイプと言えます。基本的にはあなたから積極的にアプローチしていったほうがいい女性です。

逆に、「自分から告白して付き合った」女性であれば、しつこく押したら逆効果です。積極的に行動するタイプは、好きでもない男性にしつこくされたらバッサリ切り捨てます。自分の意志で行動する主体性があるからです。もし、元彼が全員イケメンという女性なら、外見が付き合う決めてになる女性だとわかります。

このように、好きな女性の過去の恋愛話を聞くことは、今後彼女をゲットしていくために非常に役に立つのです。

スムーズに恋愛話に移行する方法

このように、好きな女性と恋愛話をしておくことは非常に重要ですが、突然恋愛話を振ったら女性がびっくりしてしまいます。

普通の会話からスムーズに恋愛話に移行するためには、次の例を参考にしてみてください。

話の流れから移行する例

仕事の話など、話の流れから恋愛話に移行する例です。

「仕事は忙しい?」
「結構残業とかあるかな…」
→「じゃあ、デートする暇ないね。元彼とはいつデートしてたの?」
「土日が休みなの?」
「火曜と木曜が休みなんだ」
→「じゃあ、デートする暇ないね。元彼とはいつデートしてたの?」

※仕事の話をしていても、仕事の話だけで終わらせないことが大切です。

「好きな芸能人とかいる?」
「最近だと、〇〇とかかな…」
→「じゃあ、元彼もイケメンなんだ!」

※テレビや映画の話をするときは、俳優の話に持っていくと恋愛話につなげやすくなります。

勝手に決め付けて反論させる例

女性は天邪鬼なところがあるので、「〇〇について話してほしい」と言われると話すのが嫌になることが多いです。

その場合は、あなたが勝手に決め付けておいて、それに反論させることで、目的の話題に移行するとうまくいきます。女性が「そんなことない!」と言いたくなるようなことを勝手に決めつけてしまうのです。

次の例を見てください。

「今まで100人ぐらいから告白されたことあるでしょ?」
「あははは。そんなにないよー」
→「なんだ、1回もないんだ。可哀そうにw」(決め付け)
「そんなことないよー。学生のとき…」
「今まで男に貰ったプレゼントで一番変なのって何?」
「え?」
→「ゴメン。貰ったことないんだね。聞いて悪かったw」(決め付け)
「そんなことないよー。バイトの先輩がさ…」

※「一番嬉しかったプレゼント」を聞いてしまうとマジな感じで重くなります。「変なプレゼント」を聞くことで笑いにつながり話しやすくなります。

女性は恋バナが好き

ここまで、好きな女性とは恋愛話をしましょうという話をしてきました。しかし、真面目な男性にとって恋愛話はやはりハードルが高いものです。自分のキャラじゃないと敬遠してしまうかもしれません。

しかし、恋愛話をするのは女性のためなのです。

なぜかというと、女性は恋バナが大好きだからです。

ほとんどの女性は、早ければ小学校高学年くらいから、放課後何時間も友達と恋バナにあけくれています。女性はそれくらい恋愛話が大好きなのです。

そんなに恋愛好きな女性が男性と一緒にいるのに、少しも恋愛モードにならなかったとしたら、つまらないじゃないですか。

自分のキャラに拘るのではなく、女性が求めるものを提供してあげられる男性になることが大切です。


7回デートしたのに、女性と恋愛話をしていなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

女性とデートしたのに普通の世間話しかしていないと、女性はあなたを恋愛対象外に入れてしまいます。

女性に男として認識してもらい恋愛対象に入るために恋愛話をすることはとても効果があります。

普通の話からスムーズに恋愛話に移行するためには、話の流れから移行するか、勝手に決め付けて反論させるようにすると簡単です。