脈ありだけどドタキャンする女性の心理

脈ありと思った女性にドタキャンされたことはないでしょうか?

脈ありに見えても女心は移ろいやすく、がっかりした経験のある男性は少なくありません。

そんな脈ありだと思ったのにドタキャンされた男性に向けて、ドタキャンする女性心理についてお話します。

その脈あり、本当に脈あり?!

そもそも、あなたが脈ありだと判断した理由はなんでしょうか?

実は、女性の脈ありサインほどあてにならないものはありません。あなたが脈ありだと思っても、実際にそうだとは限らないのです。

女性は自分が悪者にはなりたくないため、断る時もはっきり言わない努力をする生き物です。

これを前提に、お話していきます。

脈ありなのにドタキャンする女性の心理

あなたに好意がある本当に脈ありの女性でも、ドタキャンすることはあります。

この場合は、ドタキャンする際に、女性が埋め合わせとして違う日程を提案してくれるはずなので、その有無で判断するようにしてください。

具体的には、次のような場合が考えられます。

不慮の事態

体調不良や、家庭の事情など正当な理由があってドタキャンする場合です。

あなたに悪意があるわけではないので、「親が入院して」「お腹が痛くて」のような具体的な理由を説明してくれるはずです。

この場合、あなたは大人な対応を心がけましょう。まずは彼女を気遣い、あなたの都合は持ち出さないこと。あなたがドタキャンを責めないことで、女性は罪悪感を感じ始めます。

女性から埋め合わせの連絡がもらえるまで、おとなしく待つようにしてください。

まだ迷いがある

脈ありの女性でも、まだ迷いがある場合はドタキャンすることがあります。

例えば、夜の飲みデートに迷いがある女性は、保身のために敢えてドタキャンするかもしれません。男慣れしている女性が駆け引きでドタキャンするケースもあるでしょう。

また、ドタキャン後のあなたの対応を確認するためにわざとドタキャンしてくる女性もいます。女性がドタキャンしたことに怒らされてはいけません。

ドタキャンを責めないことで、男性的な器の大きさを見せることが大切です。

脈なしだったからドタキャンする女性の心理

脈ありの手応えを感じても、それがあなたの勘違いに過ぎないことは多いです。

埋め合わせの日程などが適当で「時間ができたら連絡するね」などと言われたら、最初から脈なしだったと考えてください。

脈ありに見えたけど、実は脈なしだったパターンは、概ね次の3つに大別されます。

他の予定を優先したかった

基本的に女性は、デートを断るより受け入れるほうが楽だと考えます。断ると関係が悪化したり、自分が悪者になってしまうので、彼女たちはそれを避けようとするからです。

空いている日であればデートをOKする女性もいますが、このような女性は後からもっと楽しいオファーがあれば、あなたとのデートはドタキャンしてしまいます。

最初から乗り気でなかった

女性は、乗り気でなくても断りきれずにデートをOKしてしまうことがあります。

このような場合、当日までどうすればうまく断れるか悩みながら、結局タイミングを見つけられずにドタキャンになってしまうことがよくあります。

女性は相手を気遣い喜んでいるふりをする癖があるので、最初から乗り気でない女性を見分けるのは難しいです。

笑顔でデートをOKしてくれたとしても、本心で喜んでいるとは限らないので注意が必要です。

当日面倒になった

デートの内容が面白そうだからOKした女性の場合、当日面倒になってドタキャンしてしまうことがあります。

女性が興味を惹かれたのはデートの内容であり、あなたではなかったというケースです。女性が喜んでいたため、脈ありと勘違いしやすいでしょう。

例えば、たまたま観たかった映画に誘われてOKしてしまった女性は、映画は観たくてもあなたに会いたいわけではないので、いざ出かけるとなると気が重くなってしまいます。

この手の女性は男性経験が浅く、うっかりOKしてしまっただけなので、あなた自身に興味が向くように仕向けられれば脈ありに変化させることが出来ます。


7回デートしたのに、8回目でドタキャンされて詰んだ男性の体験談はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

脈ありだけどドタキャンする女性の心理は少々複雑。まずはその脈ありは本当に脈ありだったのかを見極めてください。ほとんどの場合で、男性の勘違いであることが多いです。

脈ありなのにドタキャンする女性の心理

  1. 不慮の事態
  2. まだ迷いがある

脈なしだったからドタキャンする女性の心理

  1. 他の予定を優先したかった
  2. 最初から乗り気でなかった
  3. 当日面倒になった