楽しい会話のコツは「誇張」「レッテル貼り」「具体化」

楽しい会話のコツは「誇張」「レッテル貼り」「具体化」

女性と会話が続かないと悩む男性は少なくありませんが、楽しい会話にはコツがあります。

誇張やレッテル貼りなど簡単なコツをつかむことで、誰でも女性と楽しい会話が出来るようになります。

女性と楽しい会話をするために、面白い人だと思わせる4つのコツをマスターしましょう。

楽しい会話=感情が動かされる会話

女性にとって楽しい会話とはどんな会話かというと、「感情が動かされる会話」と言うことが出来ます。

政治経済の話題がつまらないのは、感情が動かないからです。政治の話でめちゃくちゃ感情が動く女性がいれば、その女性にとっては政治の話は楽しい会話になります。

逆に、相手が女性だからといってファッションの話をすればいいとは限りません。たとえ興味ある話題でも、話していても感情が少しも動かなければ女性はつまらないからです。

女性の感情が動きやすい話題というのは確かにありますが、大事なのはそれではなく、あなたがどれだけ女性の感情を動かすことができるかどうかです。

あなたが女性の感情をぐらぐら動かすことができれば、女性にとってその会話は楽しい会話になります。そのために、次の4つのコツをマスターするようにしてください。

誇張する

女性と楽しい会話をするための1つ目のコツは、誇張することです。

女性の発言をわざと大げさに誇張することで冗談っぽい雰囲気を出してください。もちろんやり過ぎはいけませんが、誇張することで女性の反応がよくなります。

具体的には、

「私、家が遠いの」
「ベルリンとか?」

「最近海外ドラマにハマっててさ」
「72時間ぶっ通しは観過ぎだろ」

「このお店のメロンパン超美味しいの!」
「だからって100個も食わんでもw」

のように、女性が真面目に答えるのも馬鹿らしくなるように誇張します。女性が「そんなわけないでしょ」となってしまう状態です。

「こんなこと言ったら失礼じゃないか?」「不愉快にさせてしまうのではないか?」と思うかもしれませんが、女性は基本的にいじったりからかったほうが反応がよくなります。

女性をいじったことがない男性は怖くて出来ないと感じるかもしれませんが、女性は「?!」と感情が動くことが大好きです。感情が動くことを「楽しい」と感じます。

女性と真面目な話題しか話せなくて「つまらない」と思われてしまうタイプの男性は、この視点が欠けています。会話にアクセントがつくので、話題にしにくいプライベートに関する質問がしやすくなるなどのメリットもあります。

女性は真面目な「だけ」の男性を恋愛対象と見てはくれません。

次のような、

「私、家が遠いの」
「どこに住んでるんですか?」

普通の受け答えしか出来ないでいると、すぐに会話のネタがなくなるだけでなく「つまらない人」にカテゴライズされてしまい恋愛がスタートしません。

レッテル貼り

女性と楽しい会話をするには、レッテル貼りをすると効果的です。

女性は男性と比べて、

  • 自分は他人からどう見られているか?
  • 表には出せない本当の自分をわかってほしい

といった気持ちが強いという性質があります。

そのため、女性の発言や態度、雰囲気などから、あなたが連想したキャラ設定を行うことで、女性の興味を引くことが出来るのです。

女性は言い当てられるのが大好きなので、「君って○○な人だよね」ということを伝えてあげるのです。

具体的には、

「私、家が遠いから…」
「そういえば関西人っぽいよね」(関西人というレッテル)

「最近海外ドラマにハマっててさ」
「お前の部屋汚いだろ?」(テレビばかり見て掃除しないというレッテル)

「このお店のクロワッサン超美味しいの!」
「A子くいしんぼうだもんね」(くいしんぼうというレッテル)

女性が思わず「そんなんじゃない!」と否定したくなるような勝手な決めつけを放ってください。

「そんなんじゃない!」と思うのが感情が動いている証拠です。女性は感情を動かされることが楽しいのです。

女性のキャラクターに特定の設定を付加して言っているので踏み込んだ話題にも入るのが楽になります。

もちろん単なる悪口や相手をけなしたりするのはNGですので注意してください。

勝手に具体化する

勝手に具体化することも、女性と楽しい会話をすることに繋がります。

勝手に具体的な名称や半端な数値を用いて表現することで、女性のツッコミを誘い、会話に勢いを生むことが出来るのです。

例としては、

「私、家が遠いから…」
「へー上板橋商店街とか?」
「違うしw、てか何で商店街?」

「最近○○(店名)のパスタにハマってるの」
「イカスミのパスタが好きなんだ?」
「カルボナーラだしw、てかなんでイカスミ限定?」

「私長女なんだ」
「よく弟のコータローにアイス買ってやってたもんな」
「家族の話は初めてでしょ!、てかコータローって誰だしw」

「彼氏欲しいなー」
「ノリオとは別れたんだっけ?」
「私の恋愛事情知らないでしょw、てかノリオなんて名前じゃないもん」

のように、あなたが勝手に具体化してボケることで、女性のツッコミを誘導して会話に勢いがつきやすくなります。会話に勢いがつくことで女性は心を開きやすくなります

相手に関心を持つ

最後に、楽しい会話をする上で最も大切なことですが、きちんと相手の女性に関心を持つようにしてください。

女性と会話が続かない男性は、そもそも相手に関心を持っていません。何を言うか考えてばかりで、相手をないがしろにしてしまうのです。

そして女性はあなたが自分に関心がないことに気付きます。

これでは、相手の人間性を上手く引き出すことは出来ません。

相手の人間性を上手く引き出すことで、

  • 相手をありのままの自然体でいさせることが出来るので、親しくなりやすくなる
  • 自分とは違う相手の価値観を知ることで、常識で固まった狭い価値観に囚われなくなる
  • 短所も含めて女性を好きになれる

というメリットがあります。

女性は話をするのが大好きなので、どんどん女性の人格、話に興味を持つようにしてください。自分と違うならそこから価値観の違いを学ぶスタンスだとうまくいきます。

はっきり言ってしまうと女心を100%理解するなんて不可能です。

しかしたとえ理解出来なくても、「理解しようとする姿勢」を相手に正しく伝えることが何より大切なことなのです。


7回デートしたのに、女性と楽しい会話が出来ていなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

まとめ

楽しい会話のコツ

  1. 誇張する
  2. レッテル張り
  3. 勝手に具体化する
  4. 相手に関心を持つ