付き合ってはいけない女性の5つの特徴

付き合ってはいけない女性の5つの特徴コミュニケーション

男性はすぐ一目惚れしますが、外見だけで女性を好きになるのは危険です。

見る目を養わないと付き合ってはいけない女性と付き合ってしまうかもしれません。

付き合ってはいけない女性の5つの特徴を知って、地雷女は華麗にスルーしていきましょう。

依存体質

付き合ってはいけない女性の代表は、依存体質です。女性は誰でも恋愛依存の傾向がありますが、それが度を過ぎた女性と関わると必ず不幸になります。

依存体質の女性は、自分の領域と相手の領域の区別が苦手です。一見、相手の幸せを思ってやっているようなことが、実は自分のためだったということが多いのです。結果として、相手を都合よくコントロールしようとし、自分の思うようにならないと分かるとキレます。

相手を失う不安から、相手の行動や、交友関係を監視するようになると末期です。こうなるとメンヘラの域に達しています。

注意が必要なのが、依存体質の女性は最初は可愛い彼女に見えることです。

常に自分のことを見てくれる「あなたが全て」という女性は、実は、自己が確立していない精神的に未熟な女性の可能性があります。自己肯定感が低い女性でないかどうかチェックしてみましょう。

お母さん病・お姉さん病

「お母さん病」「お姉さん病」の女性と付き合うと精神を病んでしまいます。

「お母さん病」「お姉さん病」というのは、「あなたのことは私が一番よくわかっているから」「あなたのことは私の方がよくわかっているから」というような態度の女性のことです。

女性は、社会的に「女性らしい気配り」や「女の直感」のようなものを求められています。それに応えようと頑張るうちに、社会に求められる女性像を過剰に演じてしまうことがあります。お母さん病もそのひとつです。

本人は「女性として」相手を思い遣ったと思っていても、言われた方からすれば「トンチンカンな押し付け」だったり、もし合致していたとしても「余計なお世話」でしかないことがほとんどです。

大体、その場で聞いた情報でパッと思いついた程度のことなど、本人はとっくにわかっていることが多いです。「言われなくてもわかってる」「ろくに事情も知らないで勝手なことを言うな」と反発されてしまいます。

依存体質の女性と同様に、相手をコントロールしようとしてしまうタイプなので、距離を取ることをお薦めします。

自己肯定感が低い女性

自己肯定感が著しく低い女性とは付き合ってはいけません。

自己肯定感が低い女性というのは、マッチングアプリでいいねを付けると「どうして私にいいねしたの?」と聞いてくるような女性です。自己肯定感が低く自信がないので、男性に猜疑的になってしまっているのです。

好意を寄せられたのにネガティブな反応をしてしまうタイプの人と健全な人間関係は構築できません。逆に、「わ、この人がいいねしてくれた!」と、ポジティブに捉えてくれるような女性なら、建設的な関係が期待できます。

自己肯定感が低いと、極端な場合、

「彩さん、好きです」

「え、なんで私?」

みたいなことになりかねません。自分に価値がないと本気で思い込んでいる女性は、自分で幸せを遠ざけます。こういう人を救うのは医者でもない限り困難です。

ここで、「そんな彼女を俺の手で変えてみせる!」と思うのであれば、実はあなたも依存体質なのかもしれません。

何かを演じている女性

何かのキャラ設定を演じている女性とは付き合ってはいけません。「私って○○だから」が口癖で、素の自分を隠すことで他者とコミュニケートしようとする女性です。

具体的には、

  • 天然(を演じる)
  • サバサバ系女子(を演じる)
  • 不思議ちゃん(を演じる)
  • 脱力系女子(を演じる)

などがあります。

このタイプは、何かを演じていないと社会生活が送れない特徴があります。彼女たちの言う「私って○○だから」は、自己防衛のための鎧であり、身を守る盾なのです。

本当に天然ならいいのですが、天然を演じる女性は素の自分を隠そうとすることで男性と付き合おうとしています。そんな女性とまともに付き合えるはずがありません。

金銭感覚が違い過ぎる女性

金銭感覚が違い過ぎる女性も付き合ってはいけない女性です。

金銭感覚のズレは修正するのが大変です。周りから見れば異常な行動も、本人は習慣化しているので普通だからです。

また、金銭感覚と言っても大きなことばかりとは限りません。次のような、

  • ちょっと雨が降っただけですぐビニール傘を買う
  • いつも食材を買い過ぎて賞味期限切れで捨ててばかり
  • リボ払いばかりする

日常的な些細な食い違いも、放置しておくと気付いた時には取り返しのつかない溝が生じているかもしれません。

金銭感覚は矯正するのがとても難しいので、自分と会わないと思う女性には深入りしないほうが懸命です。


7回デートしたのに、自分が依存体質だった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

まとめ

付き合ってはいけない女性

  1. 依存体質
  2. お母さん病・お姉さん病
  3. 自己肯定感が低い女性
  4. 演じている女性
  5. 金銭感覚が違い過ぎる女性