振られない告白の仕方・リスクなく好意を伝える3つの会話法

振られない告白の仕方・リスクなく好意を伝える3つの会話法

多くの男性は告白を重要視しすぎています。一発KOできる必殺技を求めるから振られてしまうのです。

あなたのやるべきことは、振られない告白の仕方で正しく好意を伝えることです。

振られない告白の仕方・リスクなく好意を伝える3つの会話法についてお話しします。

スポンサーリンク

前提. モテない男性ほど告白したがる

まず前提として、モテない男性ほど告白したがる傾向があることを正しく認識しておいてください。

女性と付き合うために告白は必須ではないのです。「好きだから付き合ってください」と告白するから、重くなるし、振られるリスクが発生します。

あなたのやるべきことは女性に好意を伝えることであり、白黒ハッキリさせることではないのです。

好意は、振られるリスクを回避しながら、会話で何度でも伝えていくことが出来ます。

好意を伝えるのはボクシングのジャブです。ジャブで一発KOはありません。打撃の累積で倒すのです。

振られない告白の仕方・リスクなく好意を伝える3つの会話法は次のようになります。

1. もし○○されたら惚れる

振られない告白の仕方の1番目は、女性と恋愛話をしている流れから「もし」という仮定の話の持って行き、その中で冗談ぽく好意を伝える方法です。

恋愛話をしていれば、

元彼と付き合っているときに○○してあげた

のような話が出てくることが多いです。

そのようなときに、「それいいね」と共感しておいてから、

「A子にやられたら100%惚れるわ」

と好意を伝えます。

「好きだから付き合ってくれ」と告白するのではなく、女性の恋愛観を聞いて共感した結果「そんなことされたら惚れるわ」と好意を伝えるのです。

相手の女性に直接的な好意は伝えていませんが、告白しているのと同じことになります。

しかし、「好きだから付き合ってくれ」とは言っていないので、断られて振られることがありません。

あなたはリスクなく、相手の女性に好意を伝えることが出来るのです。

1-1. 女性が脈ありかどうか判定出来る

「A子に○○されたら惚れるわ」を使うことで、女性の反応を見て、脈ありかどうかを測定することが出来ます。

「元彼には、ときどき料理つくってあげてたな」
「彼氏できたら料理つくってあげたいな」

と言われたときに、

「うわ、A子に料理つくられたら100%惚れるわ」

のように返すわけですが、このときの女性の反応別に脈あり度を分類すると次のようになります。

1-1-1. 受け入れてもらえる状態

女性があなたの好意を受け入れてもらえる状態であれば、

  • 本気で嬉しそうになる
  • 照れてしまって何も言えなくなる

などの反応になります。

普通に告白していたとしてもOKしてもらえる可能性が高い状態です。

1-1-2. 友達と見られている状態

女性があなたを友達として見ている場合は、

大ウケして大爆笑する

ことがあります。

マイナスの反応ではありませんが、これはあなたと友達として仲良くなっている状態です。

この状態で告白したとしたら、同じように爆笑されて「友達でいましょう」と言われてしまう確率が高いと言えます。

友達としての好意は持ってくれているので、ここから男女の関係に進展させられるかどうかが鍵となります。

男性としての魅力を女性に与えられなければ付き合うことは難しくなります。

スポンサーリンク

1-1-3. 特に何とも思われていない状態

一番多いパターンはこれなのですが、特に何とも思われていない場合は、

「今は作ってあげるのは無理かな」

のような反応になります。

「今は無理かな」のように感情が動かず冷静に受け答えしている状態で、もし告白していれば撃沈しています。

この場合、いきなり深い関係になろうとしても無理なので、まずはあせらずに友達として仲良くなることを目指してください。

1-1-4. 嫌われている状態

女性に嫌悪感を持たれている場合、

ドン引きする

のような反応になります。

女性があなたに嫌悪感を持っていて、それが反射的に出てしまった状態です。

時間を空けるなどして仕切り直すしかありません。

2. 一般論として好意を伝える

2番目は、一般論として好意を伝える方法です。

相手の女性の性格について話をしている時などに、

「私すぐ人に甘えちゃうから」

とか、

「私ってわがままなんだ」

のような発言が出てくることがあります(と言うか、このような発言をあなたが引き出してください)。

そのような時に、

男って甘えられたら嬉しいもんだよ」
好きな子のわがままはかわいいもんだよ。」

と、あなたがそれをどう思っているのかを伝えます。

遠回しに「俺は君のそういうところを受け入れられる男だよ」と伝えるのです。これは告白になっていないようで告白になっています。

ここで大切なのは、男ってとか、好きな子のように一般論として伝えることです。

直接「好きです」とは言っていませんが、好意があるから言っているんだよというスタンスを取るのです。それを女性は察してしまいます。

3. 先に既成事実をつくってしまう

3番目は、すでに女性とは友達にはなれていて2人で遊びに行けたりはしている関係でリスクなく好意を伝える方法になります。

先に既成事実をつくって、相手から確認させる方法です。

具体的には、2人で歩いているときに「デートっぽくしよう」と言ってあなたから手をつないでしまいます。

このまま手をつなげればそれでいいのですが、

「え、まだ付き合ってないのに」

のような反応が来ることがあります。

そのようなときの返し方として、

「え、俺付き合ってると思ってたんだけど」
「え、もう付き合っんじゃん!」

のように、もう2人は付き合っているんだという前提で答えてしまってください。

小さな好意を積み重ねる

最初にお話ししたように、好意を伝えるのはボクシングのジャブです。ジャブで一発KOはありません。打撃の累積で倒すのです。

モテない男性ほど告白で一発KOを狙い、撃沈します。女性は告白されたことで好意レベルが上がったりすることはないからです。

女性と接点と維持しながら、小さな好意を積み重ねていくことが重要になります。


7回デートしたのに小さな好意を積み重ねられなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

女性と付き合うために告白は必須ではありません。

あなたのやるべきことは女性に好意を伝えることです。

リスクなく好意を伝える3つの会話法は次のようになります。

  1. もし○○されたら惚れる
  2. 一般論として好意を伝える
  3. 先に既成事実をつくってしまう
スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする