告白された女性心理 「考えさせて」と言う心理と効果的な告白の仕方

告白された女性心理 「考えさせて」と言う心理と効果的な告白の仕方
告白された女性が「考えさせて」と保留することがあります。

言葉どおり受け取れば、付き合うかどうか考えてくれることになりますが、そのまま音信不通になることもあります。

告白されて「考えさせて」と言う女性心理と効果的な告白の仕方についてお話しします。

スポンサーリンク

やんわりと断っている

基本的に女性に告白して「考えさせて」と言われたならそれは断られています。

「嫌です」と言うとカドが立つから「考えさせて」と話を終わらせているのです。

告白に限らず女性は何かを断るときはっきり言ってくれません。

女性は表面的には平和主義な傾向が強く、その場の空気を和やかに保とうとする性質があるからです。

女性同士ならお互いに「察する」ことが出来るので大丈夫ですが、問題は男性に対しても察してくれるだろうという前提で話していることです。

告白して「考えさせて」と返されると「考えてくれてるんだ」と期待してしまいますが、それはあなたが勝手に期待しているだけで、肝心の女性は「考えさせてと言って断った」と思っているのです。

男性は恐怖の対象

女性が曖昧な言い方で断るもうひとつの理由は、女性にとって男性は生物として力では敵わない恐怖の対象だからです。

はっきり断ることで男性が逆上して暴力を振るわれたりする事態を本能的に回避しようとしているのです。

また、女性は社会的に男性を立てることを要求される場面が少なくありませんが、男性を立てていい気分にさせておいたほうが得なことも知っています。

告白されてはっきり断るというのは女性にとって恐怖を感じることなので、なるべく穏便に済ませたいのです。

効果的な告白の仕方

以上のような女性の都合を踏まえた上で「考えさせて」と言わせない効果的な告白の仕方ですが、まず基本として女性と付き合いたいなら告白しないスタンスをとることが有効です。

告白して成功する人もいるのでタチが悪いですが、告白が成功するのは女性も好意を持っていたからで、告白されたことで好意が上がって好きになったのではないからです。

告白とはあなたと付き合うかどうかの二者択一を迫る行為です。あなたが女性の付き合ってもいいゾーンに入っていなければ受け入れてくれるはずがありません。

告白は女性の恋心を発動させる魔法や武器ではないのです。

つまり、あなたがやるべきことは効果的な告白の仕方を知ることではなく、女性の好意レベルを上げて、付き合ってもいいゾーンに入ることなのです。

どうやって女性の好意レベルを上げるかについては下記の記事を参考にしてみてください。

告白を成功させる方法と、リスクの少ない好意の伝え方で好意レベルを上げる方法

スポンサーリンク

段階的に好きにさせる

あなたがやるべきことは告白してスッキリすることではなく、女性の好意レベルを上げて付き合ってもいいゾーンに入ることです。告白は女性の付き合ってもいいゾーンに入ってからすればいいのです。

そのためには、段階的に好きにさせるということが重要になります。

あなたに興味がない女性を一気に「好き」にさせることは出来ません。しかし多くの男性はそれをやろうとして失敗しています。男性と女性では好きになるスピードが違うことを知らないのです。

男性が女性を好きになるスイッチはON/OFF式で、一瞬でカチッとスイッチが入って相手を好きになります。

しかし、女性のスイッチはボリューム式で、0からだんだんボリュームが上がっていってMAXになるイメージです。女性は相手の男性を好きになる前に「見ていく」という段階が必要になるのです。

デートの温度差

好きな女性をデートに誘ってOKしてくれた場合、相手の女性も自分のことを好きなんだと思い込むのは危険です。女性は好きになるのに時間がかかり、どんな男性か見ていくという段階が必要だからです。

1~2回目のデートでは男性はもう付き合っていると思っているのに、女性は「これから恋愛が始まるかもしれない」と思っていることが少なくないのです。

既成事実を積み重ねる

女性を段階的に好きにさせるために有効なのが、既成事実を積み重ねることです。

多くの男性はキスなどの踏み込んだ行動は付き合ってからでなければしてはいけないように考えていますが、これこそが恋愛がうまくいかない原因だと言えます。

関係を進展させないで何回もデートすると女性は離れていくからです。

基本として、デートできているのに毎回何もしないで終わっていると、女性は「私は恋愛対象じゃないのかな」と思い始めます。あなたが悪い意味で紳士的すぎることで女性はあなたを飯友に分類してしまうのです。

一度、飯友に分類されるとそこから恋愛対象に繰り上がるのは相当難しくなってしまいます。

女性は生物としての機能的に受け身の存在です。これは恋愛のはじまりの段階でも言えることです。恋愛をスタートさせ関係を進展させるためには男性であるあなたがアクションを起こす必要があるのです。


7回デートしたのに関係を進展させるアクションを起こせなかった男性がどうなったかについてはこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

基本的に、女性に告白して「考えさせて」と言われたならそれは断られています。

告白とは女性に二者択一を迫る行為なので、付き合ってもいいゾーンに入っていなければ受け入れてもらえません。

女性の付き合ってもいいゾーンに入るためには、既成事実を積み重ね女性を段階的に好きにさせることが有効です。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする