優しいだけの男性がつまらない理由と対処法

スポンサーリンク

優しいだけの男性がつまらない理由と対処法

女性に「優しいだけでつまらない」と評価されてしまう男性は少なくありません。

しかしそういう人ほど「いい奴」だったりします。いい奴なのになぜ女性は魅力を感じてくれないのでしょうか?

優しいだけの男性がつまらない理由と対処法についてお話します。

女性は感情が動くと好きになる

女性は男性に感情を動かされるとドキドキします。そしてドキドキすればするほど異性として好意を抱きます。

女性は自分の感情が動かされる男性を好きになるのです。

イケメンは女性にモテる要素のひとつですが、イケメンは何もしなくても女性が勝手にドキドキしてくれています。

ですから、

  • イケメン → モテる

ではなく、

  • イケメン → 女性がドキドキする(女性の感情が動く) → モテる

というのが正しい理解なのです。

女性は自分の感情を動かす男性を好きになりますが、99%の男性はこのことを知らずに「告白の仕方」や「プレゼントは何がいいか?」といったことばかり考えています。だからうまくいかないのです。

あなたがまずやらなければならないことは、女性の感情を動かすことです。

これはイケメンにならなくても戦略的に行うことで誰でも可能になります。

優しいだけの男性がつまらない理由

次のような二人の男性がいた場合、

  • 「優しい」男性
  • 「優しいけど、怒らせると怖い」男性

女性により強く魅力を与えられるのは「優しいけど、怒らせると怖い」ほうの男性です。

両者の優しさの程度や他の条件が同じくらいであれば、ほぼ確実に女性は怒らせると怖いほうの男性を選びます。そのほうが自分の感情をより動かしてくれるからです。

しかし多くの男性は、好きな女性が出来ると嫌われるのを恐れて、ひたすら優しくしようと頑張ります。まるで召使の爺のように女性のご機嫌を伺います。だから優しい男性は女性の感情を動かすことが出来ず、つまらないのです。

ときどき冷たいところがイイ

昔、恋愛タクティシャンという肩書(?)の恋愛講師のお世話になっていたことがあります。

そのころ彼に言われて印象的だったのが「話すことがないなら黙っていればいいんじゃないですか?」という言葉でした。そんな彼は女性から「ときどき冷たいところがイイ」と言われることもあるとのことでした。

その時はよくわからなかったのですが、後になって考えると、彼はそうやって女性の感情を動かしていたのです。

スポンサーリンク

女性に何種類の感情を与えられるか

女性の感情を動かし好意レベルを上げるためには、女性を何種類の感情を与えられるかと、与えられる感情の深さが重要になります。女性に与えるべき感情は「優しくしてくれて嬉しい」だけではないのです。

木村拓哉を例にとると、

  • かっこいい(ステキ!)
  • 強引そう(気を付けないと!)
  • 怒らすと怖そう(こわい!)
  • 意外に頭がいい(おっ?)
  • 料理が出来る(すごーい!)
  • アイドルにしては演技が上手い(ドラマで感動~!)

など、女性に色々な感情を与えています。キムタクがモテるのはかっこいいからだけではないのです。(※キムタクの場合は女性が勝手にドキドキしているのでそこは参考になりませんが、女性をいろいろな感情にさせる要素があることを参考にしてください。)

男性からは好かれないが女性からは好かれる男性

一部の男性が何人もの女性と付き合い、それ以外の男性は女性と縁がなくなるという二極化が進んでいます。

その原因は、男性が考える男性の魅力と、実際に女性が男性に感じている魅力の内容に相違があるからと言えます。

平たく言ってしまうと、男性からは好かれないが女性からは好かれるというタイプの男性が確実に存在していて、男性が男性に行えば嫌われてしまう言動をする人が、女性にとっては魅力的に見えていることが往々にしてあるのです。

反対に、男性からは好かれるのに、女性からは好かれないという男性も少なくありません。

「お前だったらいい女と付き合えるって!」みたいに友人を励ましたことはないでしょうか?

もしかしたらあなたが励まされる側だったかもしれません。

しかしあなたがもし「お前はいい奴だから大丈夫」と友人に思われるタイプの男性で現在も女性とうまくいっていないのであれば危険な兆候です。女性はあなたに魅力を感じていないかもしれないからです。

優しいだけの男性がつまらない対処法

優しいだけの男性がつまらない対処法としては、優しさ以外の要素を持って女性の感情を動かすことです。そうすれば「つまらない」という評価は受けなくなります。

この際は、女性ををどれだけいろいろな感情にさせることが出来るかという点が重要になります。

そして、ここまで読んでくれたあなたなら既におわかりだと思いますが、女性の感情を動かすには、嫌われるリスクを負いながら負のコミュニケーションをしていく必要があります。

冒頭で、「戦略的に行うことで誰でも可能になります」とお話ししたのはこういう理由からです。失敗すると嫌われてしまうリスクがあるので戦略的に行わなければならないのです。

嫌われるリスクを負いながら行う負のコミュニケーションの具体的なやり方については、下記の記事を参考にしてみてください。

デートで女性と手をつなぐタイミング
女性をいじる技術でモテる男性になれる4パターンの会話法
女性の好意レベルをタメ口で上げる


7回デートしたのに女性に「つまらない」と思われていた男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする