女性の目を見て話せない原因と日常生活でできるエクササイズ

女性の目を見て話せない原因と日常生活でできるエクササイズ

モテない男性ほど、女性と目を合わせて話せない傾向があります。

相手が男性なら平気だけど女性と目を合わせられないという人もいます。

まず最初に、女性の目を見て話せない原因を知り、日常生活の中でできる女性の目を見て話すためのエクササイズを実践してみませんか?

女性の目を見て話せない原因

女性の目を見て話せない原因は、次の3つがあります。

原因がわかれば「何だそんなことか」と思えるようになり、少し気が楽になるはずです。

まずは、肩の力を抜いていきましょう。

「美」の影響力の違い

あなたが女性と目を合わせられない原因の1つは、女性の「美」という影響力を受けているからです。

異性を好きになる際の男女の違いとして、男性は「美」の比重が極めて高いという特徴があります。女性を外見の美しさで好きになるのです。

男性は女性を見ていると、それだけで「美」という魅力を貰っている状態になります。そのため気持ちが収まらなくなってしまうのです。

しかし、女性は男性の外見にそれほど魅力を貰わないため、目を見ても平然としていられます。

内気な女性でも男性の目を見て話すくらいは普通に出来ますが、男性は出来ないケースが多いのは、美の魅力を受けて心を動かされている量の違いだと言えるのです。

男性が対面するのは「敵」

あなたが女子の目を見て話せない原因の2つ目は、男性は対面よりも横並びの状態が親近感を覚え、落ち着くからです

原始時代から男性は仲間と横並びで獲物を追いかけたり、外敵から集落を守ってきました。男性が対面しなければならない相手は「敵」だったのです。

現代社会でも交渉のテーブルにつく時などは、正面で向かい合わずに対角線に座れと言われます。男性は正面にいる相手には敵対心や反発心が働くからです。

一方、女性は古来より顔の近くで赤ちゃんをあやして来ています。女性にとって相手の目を見て話すことは親近感の現れであり、自然なことなのです。

男女のパーソナルスペースの違い

あなたが女子と目を合わせて話せない原因の3つ目は、男女のパーソナルスペースの違いにあります(※パーソナルスペースとは、これ以上他人に近づかれると不快に感じる空間のことです)。

女性のパーソナルスペースは円形であるのに対して、男性のパーソナルスペースは女性よりも広く、前方に伸びる楕円形と言われています。

男性はパーソナルスペースが広い分、相手と向かい合うことで不快に感じることが女性よりも多いのです。

女性の目を見るときは前方に女性がいる状態ですが、男性は前方のパーソナルスペースに女性が入っていることで不快感があります。

しかし、女性は前方のパーソナルスペースが狭いから平気です。

このようなパーソナルスペースの形の違いも、女性の目を見て話せない原因となっているのです。

女性の目を見て話すためのエクササイズ

女性の目を見て話すためのエクササイズは次の3つになります。

いずれも日常生活の中で出来るものなので、ぜひ普段から意識してやってみるようにしてください。

まずは男性の目を見て話す

女性の目を見て話すためには、慣れるしかありません。慣れるためには練習が必要です。

まず最初に、職場で男性の目を見て話すようにしてください。

まずは「相手の目を見る」ことに慣れるのです。

目を見て話せない場合は、相手が話しているとき目を見て聞くようにしてください。そのほうが相手の反応が良くなります。反応がよくなることが体感できれば、続けられます。

これまで相手の目を見ないことで、気付かぬうちに自分の評価が下がっていたことがわかるようになります。

ふいに女性と目が合った時、笑顔をつくる

何かのときに、ふいに女性と目が合うことがあると思いますが、そんな時は笑い返すようにしてみてください。

小さい子供にするような要領でやれば出来ると思います。

笑顔をつくれないとしても取りあえず見つめ返すくらいはするようにしてください。逆に、ふいに目が合って慌てて目を逸らすと、不審な人物だと思われます。

職場で練習するのはリスクが高すぎるので、ショップ店員の女性を相手にした次のエクササイズをお薦めします。

  1. 「すみませーん」
  2. 「はい(目が合う)」
  3.  笑顔をつくる
  4. 「○○どこですか?」

3.がポイントです。

ショップ店員なら無視される恐れはないし、変になったとしても二度と行かなければいいだけなので問題ありません。

女性と目が合った時は頭の中で「10」数える

女性と目が合った時は頭の中で「10」数えるようにしてください。

練習しやすいのは、あなたがスタバでコーヒーを飲んでいて、少し離れた席の女性をボーっと見ていて、その女性と目が合ってしまった時などです。

これまでは女性と目が合うと、瞬間的に逸らしていたと思います。そうではなく女性と目が合ったら、目を見たまま頭の中で数を数えてみてください。それに集中すればするほど緊張や恥ずかしさといった感情が働かなくなるので、結果的に目を見ていられます。

すると興味深いことが起こります。

「あの人なんでずっとこっちを見ているんだろう、別の人を見ているんだろうか、いや私を見ている、なんで?」相手は思います。

しかし、あなたが10秒数えていると、彼女は緊張とともにステータスを下げ始め、自分から目を逸らすのです(もしそうならなかったとしても、相手はスタバに居合わせただけの人ですから、別に問題はありません)。

これが出来るようになれば、女性の目を見て話せない現象は次第に改善されていきます。職場の人など、後で問題になりそうな人で行う前に知らない人で練習してみてください。その際は、必ず少し離れた席の女性で行うようにしてください。


7回デートしたのに、女性の目を見て話せなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

まとめ

女性の目を見て話せない原因

  • 「美」の影響力の違い
  • 男性が対面するのは「敵」
  • 男女のパーソナルスペースの違い

エクササイズ

  • まずは男性の目を見て話す
  • ふいに女性と目が合った時、笑顔をつくる
  • 女性と目が合った時は頭の中で「10」数える
▼---おすすめ無料メール講座
▼---LINEが続かなくて困ってませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています


▼---どうしても付き合いたい女性がいるあなたへ
▼---都会向けのデート戦略が使えない地方民のあなたにおすすめ
▼---女性心理と返信率を上げるメッセージとは?