女性に「どんな人がタイプ?」と聞かれた時の3つの答え方

スポンサーリンク

女性に「どんな人がタイプ?」と聞かれた時の3つの答え方

女性に「どんな人がタイプ?」と聞かれて答えに困ったことや、正直に答えて引かれてしまったことはないでしょうか。

「どんな人がタイプ?」はリスクが高い質問なのです。

女性に「どんな人がタイプ?」と聞かれた時にあなたのステータスが下がらない3つの答え方についてお話しします。

なぜリスクが高いのか?

なぜ「どんな人がタイプ?」という質問はリスクが高いのでしょうか。

それは「かわいい子」と言ったら「面食い」と思われ、「橋本環奈みたいな子」と言ったら「そんなのいるわけないじゃん」と呆れられてしまうからです。

「童顔で目が大きくぱっちりして色白で巨乳!」なんて自分の願望を素直に表現してしまったら「キモっ」とドン引きされてしまいます。

「どんな人がタイプ?」は、このようにハードルが高いのです。

女性はあなたに難しいチャレンジを投げつけて来ています。こんなときは次のように答えるようにしてください。

1. 「本当は興味ないくせに(微笑)」

落ち着き払った態度で「本当は興味ないくせに(微笑)」と返してください。

最後の「(微笑)」がポイントなのですが、これがあることで質問した女性にボールを投げ返すことが出来ます。いじけてしまってるのではないのです。

コツとしては女性を妹のように扱い「こいつはしょーがねーなー」というマインドで普通に言うことです。

女性の質問は真面目に答えればいいとは限りません。予想外の答えが返ってくることで、会話自体を楽しめるほうが大事なのです。

女性の反応を見極める

これは言葉の上では「俺のことなんか興味ないでしょ?」と言ってはいますが、「俺に興味あるなら教えてあげるよ」というニュアンスが含まれています(本当に口に出したとしたらただの嫌な奴ですが、「本当は興味ないくせに(微笑)」ならその心配はありません)。

そして質問した女性も感覚的にそれを理解するので聞くことを躊躇する心理が一瞬働き、主導権があなたに移動して来ます。

このとき「別にいいけど」とサッと流す女性もいれば「えーっ」と困る女性もいますが、相手の反応を見てSかMかを判断するのにも役立ちます。

スポンサーリンク

2. よく笑う子がいいな

無難に済ませるのであれば「よく笑う子がいいな」のように誰か一人を特定しない言い方をするのも有効です。

「かわいい子」と言ってしまうと容姿に自信がない女性は嫌な気分になってしまいますが、「よく笑う子」ならそのような心配はありません。

よく笑うのはやろうと思えば誰でも出来るからです。

女性があなたに好意があって聞いてくれた場合などは、このように答えておけば女性が自信喪失して身を引いてしまう危険を回避することが出来ます。

俺なんかどうせ……

逆の立場になって考えてみてください。

あなたが女性に「どんな人がタイプ?」と聞いたとき超イケメン俳優の名前を言われたらどうでしょうか。「俺なんかどうせ……」と諦めの気持ちになってしまわないでしょうか。

「どんな人がタイプ?」という質問は、聞かれたからといって正直に答えればいいとは限らない典型的な例だと言えます。

3. 相手の髪形や服装をそのまま言う

あなたに質問した女性をまっすぐに見て、相手の髪形や服装をそのまま言うやり方もあります。

女性をじっと見ながら「髪が長くて……」「青いワンピース着てて…」「梅サワー飲んでて……」という感じで、相手の女性の特徴を見たまま言っていきます。

これをやっていればステータスが下がるのを防げるし、もし女性が照れてくれたら主導権を握ることが出来ます。女性の質問に少しも動じていないからです。

真面目に答えることもリスクですが、「どう答えよう……」と黙ってしまうのもリスクです。答えに詰まってステータスを下げてしまう前に相手の女性が着ている服や鞄をそのまま言ってしまったほうが何倍もいいです。

女性の質問には間接的に答える

ここまで、3パターンの答え方についてお話しして来ましたが、これらに共通するのは「女性の質問には直接的に答えない」という点です。

女性の質問には間接的に答えたほうが反応が良くなるのです。

もちろん、仕事上の質問や車が故障して困っているときなど、きちんと答える必要がある場合は別ですが、恋愛においては女性の質問に真面目に答えると「つまらない男」になってしまうのです。

次に2つの会話例を挙げてみます。それぞれの違いに注意して見てみてください。

例1

「何歳ですか?」
「31です」

例2

「何歳ですか?」
「ちょうど今年大学を卒業したばかりだよ」

「え、そんなに若いんですか?」
「大学って何歳でも入れるじゃん」

「あ、そうですね。どこの大学ですか?」
「レニングラード大学。俺、プーチンの後輩なんだ」

「超テキトーですねw」
「そんなことないよ。従兄弟の親父がそっち方面とつながり持っててさ……」

かなり極端な例ですが、どちらの会話のほうが女性に意外性を与えられるかという視点で考えてほしいと思います。

女性と会話が続かなくて悩む男性は、ほとんどの場合、上の例1のような会話ばかりしてしまっています。これでは会話が広がらず、すぐに話すことがなくなります。

一方、例2のほうは言っていることは滅茶苦茶ですが、質問に真面目に答えるより何倍も膨らますことが出来るし女性も退屈しません。

会話なので決まったとおりに進むことはありませんが、女性の質問には間接的に答えるというマインドを持っていれば、「どんな人がタイプ?」のような質問ひとつであっても、いい意味で「謎」や「意外性」を女性に与えることが出来るのです。


7回デートしたのに女性に意外性を与えられなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

女性に「どんな人がタイプ?」と聞かれて真面目に答えるのはリスクが高すぎます。

  1. 「本当は興味ないくせに(微笑)」
  2. よく笑う子がいいな
  3. 相手の髪形や服装をそのまま言う

などのように間接的に答えることで女性に「謎」や「意外性」を与えることが出来ます。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする