告白を成功させる方法と、リスクの少ない好意の伝え方で好意レベルを上げる方法

スポンサーリンク

告白を成功させる方法と、リスクの少ない好意の伝え方で好意レベルを上げる方法

女性に告白したいけれど「どんなセリフを言えば」「どんな場所で告白すればいいのか」、そもそも「告白するべきかしないべきか」と悩む男性は少なくありません。

好きな女性への告白を成功させる方法と、リスクの少ない好意の伝え方で好意レベルを上げる方法についてお話しします。

告白を成功させる方法

告白を成功させる方法は、女性が告白をOKしてくれる状態にまで好意レベルが上がった状態で告白するしかありません。

逆説的ですが、これは本当です。

多くの男性は、女性の好意レベルが低いのに告白で一発逆転させようとしますが、それは無理です。告白したことが原因で撃沈してしまいます。

女性は告白すれば好きになってくれるというものではありません。

そもそも告白とは、次のような性質のものだからです。

二者択一を女性に迫る

告白とは「好きです。僕と付き合ってください」と女性に二者択一を迫る行為です。

告白された女性は、あなたと付き合うかどうかをその場で答えなければならなくなります。

あなたが告白することで、女性はそういう状況に追い込まれているわけです。

この時女性の立場になってみると、いくら告白されてもその時点であなたへの好意レベルが高くなければ、断るしかなくなります。

告白しないで友達状態をキープしていれば、付き合えていたかもしれない女性であってもそこで終了してしまうのです。

だから冒頭でお話ししたように、告白を成功させる方法は、女性が告白をOKしてくれる状態にまで好意レベルが上がった状態で告白するしかないのです。

ここまで読んであなたは、「ひょっとして告白にこだわる必要はないんじゃないか?」と思えてきたかもしれませんが、実際にその通りです。

女性に好きという気持ちを伝えるなら、あなたのやるべきことは告白ではなく、リスクの少ないやり方で少しずつあなたの好意を伝えていくことと、そうすることで女性との関係を進展させていくことだからです。

女性と付き合うために告白という「儀式」はやらなくても問題ないのです。

リスクの少ない好意の伝え方

告白は最もリスクが高い好意の伝え方だと言えます。好意を伝えると共に「付き合ってください」とお願いしているからです。

このことがわかれば、「付き合ってください」とお願いしなければ好意を伝えてもリスクを回避できることがわかると思います。

好意はいきなり伝えるのではなく、小出しに与えてください。

男性と違い女性は好きになるのに時間がかかります。この意味でも好意を小出しに与えるのは間違っていません。

イメージとしては、ボクシングのジャブであり、格闘技のローキックです。それ一発でKOするのではなく打撃の累積で相手にダメージ(効果)を与えるのです。

リスクの少ない好意の伝え方としては、次の方法をマスターしてみてください。

スポンサーリンク

冗談か本気かわからない好意の伝え方

人は基本的に自分を好きな人が嫌いではありません。嫌われるのは見返りを要求しているからです。

本気120%の告白は、相手の女性の好意レベルが自分と同じくらいでなければ重過ぎます。そこで有効になるのが「冗談か本気かわからない好意の伝え方」です。

会話例で言うと、

  • 「このたこ焼き美味しいね」
  • 「うん」
  • 「やっぱ好きな人と食べると美味しいのかな?」

このような感じです。

ポイントは、「見返りを求めない」「重くない」です。

「このソースが美味しいのかな?」と同じ口調・トーンで普通に言ってください。間違ってもエロ目になったりにやけたりしないでください。普通の会話の延長として言えなければ逆効果になります。

女性にあなたが好意を持っていることが伝わりますが、冗談か本気かはよくわかりません。だから重くないです。付き合ってくださいとお願いしていないので断られることもありません。

「これを言ったら付き合えるのか?」と思う人もいるかもしれませんが、勿論これを言っただけで付き合えるようなものではありません。

既にお伝えしたようにこの会話はジャブでありローキックです。

女性の好意レベルは小さな好意を積み重ねて行ってMAXになります。

女性の反応を確かめる

冗談か本気かわからない好意を伝えていくとともにやるべきことは、女性の反応を確かめることです。

女性の反応を確かめるといっても、冗談か本気かわからない好意に対するリアクションを確認するのではありません。

「付き合えるのであれば、これくらいは出来て当たり前」のポイントを確認していってください。

具体的には、

  • 手をつなぐ
  • 次回のデートに誘って断られない
  • 旅行に誘ってみる(本当に行かなくてもいい)

などです。

いずれも、あなたと付き合ってもいいくらい好意レベルなら出来て当たり前のことばかりです。

  • 付き合ってもいいと思っている男性と手をつなげないということはまずありません
  • 付き合ってもいいと思っている男性と次のデートをしないというのも不自然です
  • 女性が旅行に誘われて全力で拒否するような男性と付き合うこともまずないでしょう

「付き合えるのであれば、これくらいは出来て当たり前」という視点で、女性の反応を確かめるようにしてください。

どうしても告白という儀式をすることにこだわりがあるのなら、「付き合えるのであれば出来て当たり前」ポイントを複数クリア出来てから告白してください。


「付き合えるのであれば出来て当たり前」ポイントをクリア出来ない男性がどうなるのかについてはこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

告白を成功させる方法は、女性が告白をOKしてくれる状態にまで好意レベルが上がった状態で告白するしかありません。

女性の好意は上がるのに時間が必要なので、冗談か本気かわからない好意の伝え方で小出しに伝えていくことが効果的です。

告白をするのであれば、「付き合えるのであれば、これくらいは出来て当たり前」のポイントを複数クリア出来てからするようにしてください。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする