恋愛がうまくいくコミュニケーションの前提

万年片思いなど、恋愛がうまくいかない男性は、恋愛以前にコミュニケーションに問題があることが多いです。

コミュニケーションというのは「伝わらない・分かってもらえない」ことが前提です。

あなたはこの前提で、ちゃんと女性に伝える努力をしているでしょうか?

恋愛とは何か?

恋愛は一人ではできません。必ず相手がいるものであり、相手がいなければ恋愛は成立しません。

恋愛はコミュニケーションのひとつであり、特別なものではないのです。

相手の距離が近いことや性的な要素も関わってくるため、一般的な意味で言うコミュニケーションとは別物と考えてしまうかもしれませんがそれは違います。

だからコミュニケーションの前提を間違えていると、恋愛もうまくいかなくなってしまいます。

コミュニケーションの前提

コミュニケーションの前提は「伝わらない・分かってもらえない」です。

「他人なんだから分かりあえなくて当然。分かりあえたらラッキー」という程度のスタンスでいる必要があります。

絶望的に聞こえるかもしれませんが、この前提に立つことで、

  • 高価なプレゼントをして告白したのに振られた
  • 心を込めてLINEしたのに簡単に無視された

といったことで悩むことがなくなります。

コミュニケーションは、発した側と受け取る側では解釈が異なるものだからです。冷たいと感じるかもしれませんが、これがコミュニケーションの前提条件です。

あなたは「こんなに好きなのにどうして分かってくれないんだ?!」と嘆く必要はありません。分かってもらえなくて当然だからです。

分かってもらえなくて当然だからこそ、次のことが重要になります。

「伝え方」

コミュニケーションの前提が「伝わらない・分かってもらえない」であれば、伝え方が重要になることが分かると思います。

具体的には、

  • あなたが心を込めて言う「良かったらお食事でもしませんか?」
  • 遊び人が適当に言う「飯行こーぜ!」

どちらが相手の女性の感情を動かすことができるかということです。大事なのは「行ってみてもいいかな」と女性が思うかどうかなのです。

前者は心を込めて誘うことで、あなたの好意がバレています。後者は好意があったとしてもバレていません。

この場合、女性が応じてくれやすいのは後者のほうなのです。それは前者のように食事に誘われると、OKしたことで「私もあなたに好意があります」と言っているのと同じになってしまうからです。

乱暴な言い方になってしまいますが、相手の女性が応じてくれるかどうかと、女性を大切に想っているかどうかは関係ないのです。伝え方がすべてだからです。

それならば、相手の女性を大切に想っているあなたが正しい伝え方をマスターして、女性を幸せにしてあげるべきではないでしょうか?

自分のことしか考えていない人

モテない男性ほど優しい男性が多いです。

そんな人に限って、好きな女性が出来ると、

  • 何でも言う事を聞く
  • 何でもしてあげる

状態になってしまいます。

しかし、これは相手の女性のことを考えているようで、実は自分のことしか考えていない状態です。何故かというと、次のような気持ちの裏返しだからです。

  • 自分を良く思ってほしい
  • 嫌われたくない
  • 傷付きたくない

これらはすべて自分の都合です。自分の都合で相手の女性をコントロールしようとしているのです。そして相手が思い通りの反応をしてくれないと憤るのです。

自分が伝えたいことを伝えるのが相手にとっていいとは限りません。自分が伝えたいことではなく相手が言ってほしいことを言ってあげることで、相手の心を動かすことが出来るのです。

例えば、可愛い女性に「可愛い」と言っても喜んでもらえるとは限りません。

可愛い女性に「可愛い」と言っても喜ばない理由
可愛い女性は、可愛いと言われ慣れてるものです。だからあなたが本心から「可愛いね」と褒めても嬉しくないかもしれません。可愛い女性に「可愛い」と言っても喜ばない理由と、可愛い女性の正しい褒め方について順番にお話します。

このように、コミュニケーションでは「伝え方」がとても重要になるのです。

そして、恋愛もコミュニケーションであることはすでにお話したとおりです。

モテる男性を僻むな

一部のモテる男性が何人もの女性と付き合い、そうでない男性は女性と縁がない生活をしているという状況があります。

しかし、モテる男性の多くはコミュニケーションがうまいという現実があります。「あいつはイケメンだから…」といった理由で自分を納得させるのはもう止めにしましょう。モテる男性を僻んでも仕方がないのです。

今からイケメンにはなれなくても、清潔感のある服装や髪形にすることはできます。姿勢をよくするだけでも印象はよくなります、できることは沢山あります。その上で出会いを増やしていけばいいのです。

場数を踏むことで、嫌でもコミュニケーション能力は向上します。好きな女性と付き合うという目的を達成するための「伝え方」を自分なりに掴んでいくことが大切です。


7回デートしたのに、伝え方が出来ていなかった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

恋愛もコミュニケーションのひとつですが、コミュニケーションの前提は「伝わらない・分かってもらえない」です。

この前提に立つことで「伝える」ためにはどうすればいいのかという視点が生まれます。コミュニケーションを学ぶのはおかしなことではありません。

好きな女性を大切に想うあなたが「伝える」スキルを身に付けることで、女性を幸せにしてあげられることができるからです。