自分勝手な告白はするべきでない理由と行うべき正しい対応

スポンサーリンク

自分勝手な告白はするべきでない理由と行うべき正しい対応

好きな女性に自分の気持ちを伝えられずに悶々としているのは苦しいことです。

あなたは自分がスッキリしたいからという理由で女性にイチかバチかの自分勝手な告白をした経験はないでしょうか?

もしあるなら根本的に考え方を改めておく必要があります。

1. 告白はしないでください

結論から言うと、告白はしないでください。あなたには告白の前にやるべきことがあるからです。

告白とは、相手の女性に対してあなたと付き合うか付き合わないかの二者択一を迫る行為です。
ですからすでに女性があなたに好意がある場合を除き、断られます。

はっきり断られなかったとしても女性が下を向いて黙り込んでしまうかもしれません。

そのとき女性は「何て言って断ればいいんだろう……」と精神的に負担を感じています。「付き合ってください」と言われて「嫌です」とはなかなか言いづらいですから「察してよ!」って思ってます。

こういうイチかバチかの状態で告白するのは「自分が告白してスッキリしたい」だけの自分勝手な行為です。「こんなに好きなのに」というのはあなたの都合であって相手の女性には関係ないのです。相手の女性だってあなたと同じく自由な存在であり、好きな男性がいるのですから。

しかしだからと言って悲観する必要はありません。

「すでに女性があなたに好意がある場合を除き、断られます」とお話しましたが、これは裏を返せば「女性があなたに好意があればOKしてもらえる」ということです。

だからあなたがやるべきことは「ダメ元で告白する」ことではなく「相手の女性の好意レベルを上げる」ことなのです。

2. 女性はすぐに好きにならない

女性の好意レベルの上げ方の前に、基本となる男女の好きになるスピードの違いについてお話します。

男性はすぐ一目惚れしますが、女性は余程のことがない限り一目惚れはしません。

「好き」になるスイッチがあるとすると、男性の場合はON/OFF式の切り替え式スイッチであるのに対して、女性のスイッチはボリューム式で0からスタートして次第に音量が大きくなっていきMAXになったところで「好き」になるイメージです。

男性のように瞬間的にカチッとスイッチがONにはならないのです。

まずこの男女の温度差の原因を知っておいてください。

3. 温度差がある状態で告白するから撃沈する

恋愛の最初の段階ではほとんどの場合このような男女の激しい温度差があります。わかりやすい例としては、一度も話した事のない隣のクラスの子を好きになって悶々としている状態などです。

この状態になるのは圧倒的に女性よりも男性です。男性の好きになるスイッチがON/OFF式で瞬間的に好きになってしまうからです。

あなたの好意レベル > 女性の好意レベル

好意レベルが上のような状態で告白しても、女性にOKしてもらえないのはわかると思います。

スポンサーリンク

4. 女性の好意レベルは段階的に上げる

目的を達成するためには「ひとつ前のことをする」

一度も話したことがない隣のクラスの子を好きになってしまったら、いきなり告白するのではなく、会話できる程度には親しい関係性を構築してください。

会話できる関係性を構築するために、いきなり会話しようとするのではなく、挨拶してください。

挨拶もしたことがない女性に告白しても、相手をびっくりさせてしまうだけで、断られてしまうのは当然ですね。

告白からスタートしなくていい

好きな女性ができたら、いきなり告白するのではなく友達になってください。

「友達になりたいんじゃなくて、付き合いたいんだ!」と思うかもしれませんが、ここが大きな間違いです。友達でも2人だけで食事したり飲みに行ったりできるからです。

逆に言うと、告白して相手に付き合うことを承諾してもらわなくてもデートしていいということです。モテない男性ほど告白からスタートしようとしますが、モテる男性は告白はしません。告白しないでデートして、2人で会っている間に女性の好意レベルをアップさせていくようにしているからです。

告白して承諾を得ていないのにどうやってデートに誘えばいいのかわからない場合は、下記の記事もご覧ください。
高確率で女性がOKしてくれるデートの誘い方
女性とデートするときは手をつないだほうがいい理由とつなぎ方

女性と親しい関係になるには既成事実を積み重ねるということが大切です。

既成事実を積み重ねるとは、

  • この人と2人で食事に行った
  • この人と手をつないで歩いた
  • この人と歩いているときにボディタッチされた

といったことを積み重ねていくということです。

「女性の好きになるスイッチはボリューム式で0からスタートして次第に音量が大きくなっていきMAXになったところで「好き」になるイメージです」とお話したのはこういう意味なのです。

だからあなたは、イチかバチで告白するような確率の低いことをするべきではないのです。いきなり告白するのではなく既成事実を積み重ねていくことが必要不可欠なのです。


ここでは相手の女性と接点がある場合を例にお話ししましたので、実際は一人ひとり状況が異なるのでそのまま使うことはできないかもしれません。

その場合でも基本を押さえて段階的に女性の好意レベルを上げていくということを行うようにしてみてください。

いかがでしたか?

告白とは、相手の女性に対してあなたと付き合うか付き合わないかの二者択一を迫る行為です。自分がスッキリしたいからという理由で告白しても意味はありません。

告白して承諾を得なくても2人だけで食事に行っていいんです。そうして2人で一緒に過ごしているときにあなたの魅力を伝え女性の好意レベルを上げていくことが大切なのです。

スポンサーリンク
▼---おすすめ無料メール講座
▼---女性が返信したくなるLINE術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする