好きな女性との会話で沈黙になったらチャンスと思うべき理由

女性との会話で沈黙を恐れる男性は多いです。

しかし、沈黙を恐れる必要はありません。喋り続けるのがいいのではないのです。

女性が沈黙する心理を知れば、沈黙はあなたの男性ステータスを示すチャンスだとわかります。

好きな女性との会話で沈黙になったらチャンスと思うべき理由についてお話しします。

女性との会話で沈黙を恐れなくていい理由

なぜ、女性との会話で沈黙を恐れなくていいのかというと、女性が沈黙した時の心理は、

「この人、ステータスの低い男なのかなあ?」

なので、沈黙を利用してあなたの男性ステータスを上げるチャンスだからです。

どうしてこんなことが言えるのか、順番に説明していきます。

女性は男性のステータスをジャッジしている

まず前提ですが、女性は男性のステータスを無意識的にジャッジしている生き物です。女性は「この男性は自分が子孫を残すべき優秀な個体かどうか」の判断を本能的に行っているのです。

そして、女性が男性を判断する基準のひとつとして、

困難な状況になったときにネガティブな反応・行動をしてしまわないか?

という要素があります。

良いか悪いかは別にして、女性は誰をパートナーに選ぶかで人生が大きく変わります。

人生には多くの困難が訪れますが、もし、困難な状況でネガティブな反応・行動をする男性がパートナーだったら自分の人生が悪い方向に変わってしまいます。

女性は本能的にこれを回避しているのです。

沈黙を恐れて喋りまくる男は評価が低い

会話が苦手な男性は、お笑い芸人みたいにトークする男性が羨ましいかもしれません。

しかしどんなに凄いトークでも、沈黙という恐怖から逃れようとして喋っていたらそれを女性は敏感に察知します。そしてあなたをステータスの低い男性とジャッジするのです。

既にお話ししたように、女性はあなたのことを「私が子孫を残すべき優秀な個体かどうか」という目で見ています。その基準は「困難な状況になったときにネガティブな反応・行動をしてしまわないか?」です。

沈黙が訪れたぐらいで恐怖を感じるような男性が、優秀なはずがありません。

女性は、どんなイケメンでも、沈黙を恐れて喋りまくるような男性の子孫を残したいとは思いません。男性ステータスが低いからです。

重要なのは、沈黙しないように喋りまくることではなく、女性との会話で沈黙を恐れないマインドセットを持つことなのです。

女性が「何か話さなきゃ」とドキドキする

女性との会話で沈黙してしまったら、あなたは「何か話さなければ」とドキドキすると思います。

しかし、これは逆にならなければいけません。

あなたがやるべきことは、女性があなたに「何か話さなきゃ」とドキドキするような男性になることなのです。

何を話せばいいか考えてドキドキしているのは、あなたではなく女性でなければならないのです。

「話すことがなければ、黙ってればいいじゃないですか」

昔、恋愛タクティシャンという肩書の恋愛講師のセミナーに参加したことがあります。

その時、「女性と話すことがなくて困ってる」というような相談をしたところ、返ってきた答えが、

「話すことがなければ、黙ってればいいじゃないですか」

でした。

この時は意味がわかりませんでしたが、この恋愛タクティシャンが言いたかったことは、

ダメなのは、女性にステータスの低さが伝わってしまうことで、沈黙することではない。

話すことがなければ黙っていればいい。沈黙していてもステータスが下がらなければ問題ない。

ということです。

女性が沈黙した時の心理は、「この人、ステータスの低い男なのかなあ?」です。

ここであなたがやるべきことは、沈黙していてもステータスの高さを女性に与えることなのです。

好きな女性との会話で沈黙になったら、堂々と黙っていればいいんです。


7回デートしたのに、沈黙を恐れて喋ってばかりだった男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

女性が沈黙した時の心理は、「この人、ステータスの低い男なのかなあ?」です。

あなたがやるべきことは、沈黙を恐れて喋りまくることではなく、男性ステータスの高さを示すことです。

ダメなのは、女性にステータスの低さが伝わってしまうことで、沈黙することではありません。

何を話せばいいか考えてドキドキしているのは、あなたではなく女性でなければならないのです。