すぐ振られる男性に共通する2つの原因

すぐ振られる男性は女性の性質がわかっていません。

彼女をつくることは出来るのに、これは実に勿体ないことです。

女性心理の観点から、付き合ってもいつも振られる男性や、すぐ振られる男性に共通する2つの原因についてお話しします。

マイナスのギャップを与えている

すぐ振られる男性に共通する原因の1つ目は、マイナスのギャップを与えていることです。

すぐに振られてしまう男性のほとんどは、付き合う前と付き合った後で女性にマイナスのギャップを与えているのです。

このようなギャップは誰でもあるものですが、それが関係を維持できないほどの激しいギャップだったということです。

女性が付き合った後にマイナスのギャップを感じてしまう原因は次のようなものがあります。

男性は付き合うことがゴールだと思っている

すぐ振られる男性の多くは、女性と付き合うことをゴールだと思っています。

彼女ができた時点で目標を達成してしまっているので、付き合ったら頑張るのを止めてしまうのです。

具体的には、

  • 付き合う前はお洒落に気を使うが、付き合ったら適当になる。
  • 付き合う前は女性にサプライズをしてあげるが、付き合ったらやらなくなる。
  • 付き合う前はいろいろな店を調べて連れて行くが、付き合ったら行かなくなる。

などのように、目標を達成するまでは辛くても頑張っていたことをやらなくなってしまいます。これがマイナスのギャップです。

しかし、女性が好きなのが「頑張っている状態のあなた」だとしたらどうなるでしょうか? 頑張らなくなったあなたを見て「こんな人だとは思わなかった」と幻滅してしまいます。

これが、付き合ってもすぐ振られる男性が発生する仕組みなのです。

女性は付き合ってからがスタート

男性は付き合うことがゴールであるのに対して、女性は付き合ってからがスタートです。

女性は男性と知り合えばアプローチされています。その中からあなたを選びました。それは、あなたと付き合うことで訪れる楽しい未来に投資するという選択をしたということなのです。

しかし、自分の若さや美しさを投資した先であるあなたが変わってしまったとしたらどうでしょうか?

彼女は自分の価値が下がってしまう前に他の男性の元へ去っていきます。つまり、あなたは振られます。

コントロールできないものをコントロールしようとしている

すぐ振られる男性に共通する原因の2つ目は、女性をコントロールしようとしていることです。

人がコントロールできるのは自分だけです。

他人をコントロールしようとしてもそれは無理。彼女を失う恐怖から彼女の行動を制限するような男性は、かなりの高確率で振られることになるのです。

「私って信用されてないの?」

女性は自分をコントロールしようとする彼氏に対して、「私って信用されてないの?」と感じます。信頼関係が構築できない関係が長続きするはずがありません。

彼女にも友人はいるわけですから、飲み会に呼ばれたりすることはふつうにあるわけです。

問題はそこであなたが彼女に対して

「行くな」
「何時までには帰ってこい」
「30分ごとに連絡を入れろ」

のように彼女をコントロールしようとしていないかということです。

いい年した大人の女性の行動を制限しようとすることは、あなたの自信の無さを彼女にアピールしていることに他なりません。

その自信の無さを女性は敏感に察知し、あなたに魅力を感じなくなってしまうのです。

コントロールするのではなく自発的に行動してもらう

人はコントロールされることに拒否反応を示します。しかし反対に自由すぎる環境を与えられると一定の制約を求めるという性質があります。

ですから、あなたがするべきことは自分自身を魅力を維持しより向上させることであり、それにより彼女に自発的にあなたと一緒にいるという選択をしてもらうことなのです。

親しい友人同士の飲み会で盛り上がっていたとしても、彼女が自発的に「いま終わったよ~。これから帰るね~」と先に帰ってくるような影響を彼女に与え続けるということです。

そのためにサプライズなど、関係がマンネリ化しないよう努力することが大切です。


7回デートしたのに、女性をコントロールしようとしていた男性の末路はこちらからご覧ください。
クロージング・テンプレートのレビューはこちら

いかがでしたか?

付き合ってもすぐ振られる男性は、女性にマイナスのギャップを与えています。

また、付き合ったことで「俺の女」という意識が強くなりすぎて彼女の行動をコントロールしようとし過ぎている場合が多く見られます。

コントロールするのではなく自発的にあなたの言うことを聞くような男性的魅力を底上げしていくことが大切になります。